【セントライト記念2016最終追い切り】5段階評価とお薦め馬|ディーマジェ動きは軽快

リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

セントライト記念の最終追い切りタイムや映像から、5段階で各馬の評価をしています。

中山で行われるレースの為、木曜追い切りもそれなりに多いと思っていたんですが、通常通り水曜追い切りの馬が多かったです。12頭の映像配信がありましたが、木曜追い切り馬情報が入りましたら、また追記してお伝えしたいと思います。

木曜追い切り馬の情報を更新しました!

追い切り考察

評価は【S/A/B/C/D】の5段階評価です。評価についてはコチラをご覧ください。

キークラッカー【B】

9月14日(水)美浦 南P(良)【5F65.8-51.9-38.3-1F12.1】

単走馬なり。ポリトラックなんで、馬なりでの時計もこんなところです。状態としてはある程度は整ったのかなと言える内容でした。

走ってる雰囲気は状態は良さそうだと思いましたが、もう少し馬体にハリがあったら良かったのかなと思いました。筋肉量に不安も感じるかなと思いましたが、伸び伸びと走っていて好感は持てると思います。この馬の能力は出せるところにあると思いますね。

ステイパーシスト【B】

9月14日(水)美浦 南W(重)【4F54.4-39.7-1F13.0】

2頭併せ内馬なり併入。脚色は強めに追われた僚馬にあるのかなといったところですが、併入に持ち込んでいるので問題ないのでは。

ただ、少し気になったのが、首の動きがやや硬いところ。変な力の入り方をしているのか、もう一つ馬体の迫力が伝わってきていません。もう少しリラックスして走れていると雰囲気が良くなるんですが、この馬の特徴なのかもしれませんし、もう少し追いかけて見てみたいと思います。

ゼーヴィント【A-B】

9月14日(水)美浦 南W(重)【6F82.5-67.7-53.2-38.2-1F12.6】

3頭併せ内一杯1頭半馬身先着、1頭1馬身先着。状態の良さを感じる1頭です。11日(日)にも強い内容を坂路で消化しており、状態がよくなければここまで続けて強い内容はできないので、その点でも状態の良さを感じる1頭です。

時計もいいですし、ここに向けて仕上げてきたと言える内容でした。好走に期待したい1頭です。

ディーマジェスティ【B-C】

9月14日(水)美浦 南W(重)【6F83.1-66.3-50.8-36.7-1F13.0】

3頭併せ馬なり1頭半馬身遅れ、1頭併入。5馬身程前に僚馬を置いていましたので、単走のような形になるのかなと思っていましたが、最後は殆ど併入の形に持ち込みました。さすがの動きを披露したと言えるでしょう。

やや促されると最後は自分から前を走る馬を捕らえようとギアが入るところは大物感を漂わせます。状態は明らかに前走の方が良かったのは勿論ですが、良い前哨戦を迎えられそうです。

ネイチャーレット【B】

9月14日(水)美浦 南P(良)【5F67.7-52.0-38.2-1F11.8】

2頭併せ外末強め併入。脚色はネイチャーレットの方が良かったかなと感じる内容でした。連勝で挑んできていますが、状態はキープ出来ていると思います。

ただ、直線入ったところでややもたれたような動きになっていましたので、その点はややマイナス評価。それでも促されるとすぐに頭を低くして脚の回転も良く状態の良さを伺わせます。相手は強力になりますが、この馬の力は発揮できるところにいると思います。

ノーブルマーズ【B】

9月14日(水)栗東 坂路(良)【52.7-38.4-24.4-12.1】

単走馬なり。時計は優秀ですが、常に蛇行している状態。真っ直ぐに走れないレベルではなく、操縦できていないとも見て取れるだけに判断に迷います。

全体時計は52.7秒で最後も12.1秒で駆け抜けているので、スピードに関しては問題ないと思うんですが、問題はこの蛇行が体力が無くなってそうなってしまったのか、それとも癖なのか。騎手が跨っての内容だけに、少々不安を感じる内容でした。今回は時計を優先して考えますが、これで明らかな凡走だった場合は、次走は気を付けて見ていかなくてはいけません。

ピースマインド【B】

9月14日(水)栗東 CW(良)【6F85.4-68.2-53.5-39.8-1F12.5】

単走強め。徐々に徐々に追われる内容で、そこまで負荷はかかってないと思います。走りを見る限りではどこかに問題があるということは感じませんでした。

ただ、上昇気配も感じず、これまでの状態をキープしている程度の内容であったのは間違いありません。ここで仕上げてもという雰囲気すら感じます。前走は500万条件で2着に入りましたが、その時のデキにはあると思います。

プロディガルサン【B】

9月14日(水)美浦 南W(重)【5F66.5-51.9-38.3-1F13.3】

2頭併せ内馬なり併入。脚色的には僚馬の方が良かったですが、直線半ばで待ってあげたりしていたので、併入で終わるように指示されたのかもしれません。

1週前に同じくウッドで追われてまずまずの好タイムを披露しています。仕上がりは問題ないと思うんですが、最後に待つような仕草を見せたのが気になりました。時計だけの判断にはなりますが、1週前の時点で終わっていればA-B評価をしていたと思います。最終はちょっとチグハグ感が漂います。

プロフェット【B】

9月14日(水)栗東 CW(良)【4F53.4-39.1-1F12.0】

単走馬なり。頭の位置が高いのはこの馬の特徴でもあるので、そこまで気にする必要はないかなと前置きはしつつ、それでも頭の高さが少々気になる走り。上手く推進力に繋がっているのか不安になります。

短い4Fではありましたが、最後は12.0秒と時計は出ているので問題はないと思います。脚の回転も良かったです。

マウントロブソン【C】

9月14日(水)美浦 南W(重)【5F67.7-52.9-38.1-1F13.1】

2頭併せ外一杯1馬身遅れ。「あれ?」と感じる内容で終わってしまいました。体も重たそうですし、追われても反応した途端に失速していくような状態でした。万全な状態での出走は難しいかなと思います。ここを使ってから次戦でという考えじゃないかなと思います。

人気するのであれば、危険な1頭と言えるのではないでしょうか。

メートルダール【B】

9月14日(水)美浦 南W(重)【5F68.0-53.2-39.7-1F13.5】

2頭併せ内馬なり併入。春の頃と比べると仕上がり甘そうな印象も受けるのですが、1週前に強めの内容を消化。今回でほぼ状態は仕上がったかなと見ています。ここを使ってからの方が面白い1頭だとは思いますが、いきなり動けても問題はなさそうです。

木曜追い切り馬

ケンホファヴァルト【B】

9月15日(木)美浦 坂路(重)【56.2-41.9-28.1-13.8】

単走馬なり。霞んでいるのでゴール前の部分しか分かりませんでしたが、時計が物語っているように馬なりの馬なり、馬の気持ちに任せた形での内容となりました。

北海道でレースを行っており、9月3日から中1周での参戦。11日に美浦の坂路に入ってから本数はこれが最初の60秒台を切ってきた形。長距離輸送後の内容だけに、状態維持に努めたとも言えるでしょう。関西馬ですが、関東での調整を行っているのは面白いですね。転厩したのかと思っていました。

回避・除外

アルカサル【B-C】

9月14日(水)美浦 南W(重)【4F52.8-39.3-1F13.4】

3頭併せ馬なり1頭半馬身遅れ、1頭併入。これといって上昇気配は感じられない内容でした。前走からの上昇は怪しいかなという内容で終わりました。中間、もう少し動いても良かったかなと思っています。

来週の九十九里浜特別の自己条件にスライド。今週の内容は今一つだったので、もう1週伸びて良いのかもしれません。

最終リハを見ての見解とお薦め馬

今回は前哨戦ということもあって、仕上がりはやや甘い馬も多かったのは事実です。

夏の上がり馬の方が、仕上がりに関しては良かったのかなと感じました。

ただ、馬の雰囲気を見ると、やはり春に好走した馬の仕上がりの甘さを勘定しても、春の馬の方が走りそうな状態であるのは間違いありません。

さて、今回上昇気配を感じさせたのはゼーヴィントのみとなりました。

この上昇気配ならば勝つのは難しくも、菊花賞の出走権を手に入れるところには整っているのではないかと思います。

その他ですと、【B-C】評価ながらディーマジェスティは素晴らしい動きを披露していました。仕上がりの甘さも感じられましたけど、それでもこのメンバーならば上位争いができるところまでは仕上がっていると思います。

今回は、ゼーヴィントディーマジェスティの2頭の追い切りをお奨めして終わりたいと思います。

マウントロブソンは調整の遅れを示唆

帰厩時の輸送中に落鉄してくぎを踏み、その影響で調整が遅れた

と言うコメントが出ている通り、マウントロブソンは全体的に見て体も重たそうだし、反応したかと思えば失速という内容で、1つとして褒めるポイントがありませんでした。

マウントロブソンを買うよという方は十分に注意して買われることをお奨めします。

2018年もいよいよ残りわずか。
今年こそは競馬でプラスを望んでいませんでしたか?

『平成最後の』という言葉を最近よく目にするようになりました。
いよいよ来年の春には平成の世の中が終わり、新しい年号へと突入していきます。

今年の秋は、勿論ですが、平成最後の秋となります。

さて、突然ですが、あなたは2018年の初めに何を心に決めましたか?

競馬を愛する人は、もちろん『金運上昇』ではないでしょうか。

多くの悩みの殆どは『対人関係』か『金銭問題』です。

競馬をやる人は、初詣では言わずとも、その年初めの競馬に参加するタイミングで『初競馬』と言って験を担ぎます。
今年は勝てるように頑張ろうと思うものです。

さて、2018年の馬券の回収はどうなっていますか?

春先から好調だった人や、夏競馬で大きく負けを作ってしまった人。
夏競馬までは負け続きだったけれど、夏競馬で一気に負けを取り戻した人。
2018年はとにかく安定して勝てている人。

あなたはどのタイプですか?

今年こそはと思って競馬を始めても負けている人は、これまでの買い方や参考情報を変更して馬券を買うことも念頭に秋競馬に挑んだ方がいいです。

そこでご紹介したいのは『うまとみらいと』です。

\ 『金曜競馬CLUB』でもお馴染み! /

無料のお申し込みはこちら

※登録に必要なものはメールアドレスのみ

『うまとみらいと』の最大の特徴は、無料登録すると3つのサイトのサービスを利用できるという点です。

そんなお得なことってありますか?

そもそも『うまとみらいと』は、「競馬の殿堂」・「うまコラボ」・「HIT MAKE」の3つのサイトを吉成周蔵氏が統合して生まれたものです。

『うまとみらいと』に登録すれば、3つのサービスを一気に利用できるということになります。アカウントを作成すれば、3つのサイトを横断できると考えるといいでしょう。

この3つの中で、この文章を読んでいるあなたに1番にオススメしたいのが、指数攻略サイトの『うまコラボ』です。

指数を使って出走馬の力関係を明確に提示してくれますので、力関係はよく分からないレースでも、誰でも簡単に力関係が分かります。

もちろん、指数を使えば馬券が当たるのであれば、みんながみんな指数を利用しています。そう簡単にいかないのが競馬の面白いところでもあります。

しかし、予想のとっかかりがあるのとないのとでは、断然とっかかりがある方が良いです。予想の軸を決めることができるので、時短にも繋がりますから。

うまとみらいとに登録すると、うまコラボ以外にも、競馬の殿堂やヒットメイクを利用することができます。

『競馬の殿堂』は、完全無料主義を貫き、会員との信頼関係を第一に考える鈴木健一氏が作成したコンテンツサイトです。

うまコラボをオススメしていますが、指数が自分には合わないと思ってからでも、他のコンテンツが豊富だから損をした感じは受けないはずです。

登録に掛かる時間は2分も必要ありません。メールアドレスを用意して登録すると、すぐに自動折り返しのメールが登録したアドレス宛に届きます。そこに記載のURLをクリックすると本登録が完了、各コンテンツを利用できるようになります。

簡単登録で3つの統合されたコンテンツを利用できる。
『うまとみらいと』は、これまでの常識を覆す、とっておきの競馬情報サイトです。

この後の無料公開対象レースは以下の通りです。

■11/18(日) 京都11R マイルチャンピオンシップ(G1)
■11/25(日) 東京11R ジャパンカップ(G1)

今登録すれば、G1レースの指数を無料で見れるので、あなたの馬券に大きく影響するはず。

もちろん、毎週午前中のレースは無料登録でご覧いただけるので、これを使って午前中に資金を増やして重賞でデカく勝負することも可能です!

あなたもうまとみらいとに登録して、うまコラボの指数を使い倒してください。

\ 100%本気の情報をあなたに /

無料のお申し込みはこちら

※無料でご利用になれます

スポンサードリンク