サウジアラビアロイヤルカップ 2018 最終追い切り評価|ドラウ84.4秒でまとめる

どうも、リッキーです。
ご覧いただきましてありがとうございます。

サウジアラビアロイヤルカップの最終追い切り評価をまとめました。
前走の追い切り映像とタイムを比較して、今回の調子の良し悪しを判断していますので、予想の参考にご覧ください。

阪神開催が遅れたことで出走予定馬情報をまとめることができませんでした。
簡単にまとめられるようであれば、この記事でまとめていきます。

サウジアラビアRCの追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

アマーティ【A】

10月3日(水)美浦 南W(良)
【4F52.9-38.6-1F12.9】

単走馬なり。
少し勢いを付けられたようにも見えますが、概ね馬なりの範疇と考えていい範囲でした。

時計は悪くはない範囲の内容でした。
据えも12秒を切っているので、概ね上々と判断していいでしょう。

もう少し首を上手に使えた方が走りは良くなりそうです。
少し不器用さを感じる走りをしていました。
後脚の踏み込みの強さがあれば、もっと走れるような気もします。

前走時の映像がありますので比べると、今回の方が明らかに動きが良かったです。
掛かり癖もあるなどの問題もありそうですが、3頭併せの前回よりも、今回の方が仕上がりはいいでしょう。

サムシングジャスト【B】

10月3日(水)栗東 CW(良)
【6F81.4-65.2-51.3-38.5-1F12.7】

3頭併せ内強め1頭3馬身程遅れ、1頭1馬身先着。
外を回る馬は無視するようにして走っていましたが、真ん中を走る僚馬とはしっかりと追い比べて先着を果たしました。
時計は上々で、末がもう少し伸びていればよかったです。

もう1つ気になったのが、追われてからの反応の鈍さ。メリハリのある動きをしている方が仕上がりがいいと思いますので、その点では少々心配材料だと感じます。
前走は展開に助けられた面も無きにしも非ずの内容でしたので、瞬発力勝負になると厳しい面も出てきそうです。

デキ自体は悪くはない範囲です。

シャドウエンペラー【A-B】

10月3日(水)栗東 坂路(良)
【50.5-37.1-24.6-12.5】

単走馬なり。
馬場が荒れている時間帯にも関わらず時計はしっかりと出せていました。

軽いタッチでの踏み込みで、力強さは感じません。

素早さはあるものの、今週末の馬場がどう響くか。
ただ、前走は重馬場を差し切っているので、その点での問題は無さそうな雰囲気も。

仕上がりは重賞を獲りに来ていると感じるだけのものでしたので、楽しみではあります。

セグレドスペリオル【B】

10月3日(水)栗東 CW(良)
【4F53.2-38.8-1F12.4】

2頭併せ内末強め1馬身半程先着。
伸び脚豊かで見た目は良かったです。

ただ、映像からはパワーがあるようには感じません。
素早い脚捌きは目につきましたが、踏み込みが軽いのも特徴で、今週末の天気次第では厳しくなりそうな雰囲気も。

デキ自体は引き続き好調さをキープしています。

ドゴール【B】

10月3日(水)美浦 南W(良)
【5F68.4-52.3-38.4-1F13.0】

2頭併せ外強めクビ差程先着。
僚馬は一杯に追われるなかで、クビ差でも先着できたのは良かった。前向きな評価です。

時計は決して悪くありませんので、これでしっかりと整っていると判断できるものでした。

前走時の映像配信がないので時計判断となってしまいますが、概ねデキはキープしていると判断出来ます。
上昇度はそこまでないのも気になりますが、仕上がりは問題ないでしょう。

ドラウプニル【B】

10月3日(水)栗東 CW(良)
【6F84.4-68.3-53.2-39.5-1F12.6】

2頭併せ内末強めクビ差程先着。
一旦は並ばれて脚色が悪そうでしたが、残り100Mを切ったところでサッと動かされると瞬時に先着を見せました。
動きは良かったです。

新馬戦の時の追い切り映像しかありませんが、内容的には特に変わりなく来ています。
引き続き調子が良いと判断できます。

脚が長く、一完歩が大きく力強い走りが特徴。
この内容で不甲斐ない内容は考えにくい。

前向きな【B】評価としておきます。

その他

グランアレグリア【B】

10月1日(月)美浦 南W(重)
【4F54.8-40.3-1F13.4】

映像の配信がありませんでしたが、4日(木)のキャンターから馬なり程度の内容を消化していました。

ただし、最終追い切りは1日の南Wでのものでした。
時計を見る限りでも、1日の内容が最終リハという感じにも見えてしまいます。

時計は出していませんが、映像を見る限りでは概ね良好状態と言えるのでは。
脚捌きなどの問題はありません。
意外と4日の映像の感じが良かったのが前向きな評価です。

トーラスジェミニ【B】

10月4日(木)美浦 南W(良)
【4F56.4-39.8-1F13.0】

単走馬なり。
2頭併せのような感じになりましたが、単走扱いとなっています。勿論、陣営が違うので、単走なのですが、途中で他陣営の馬を交わすような形になりました。

土曜日のレースなのに木曜追い切りというのは珍しいようにも感じますが、馬なりでしっかりと時計を刻めています。
全体時計を見る限り、最後の部分で少々負荷を掛けた程度。
それでもしっかりと伸び脚豊かに走れているので、調子が良いと判断していいでしょう。

現段階では水曜日追い切りの馬だけを記載中です

8頭のチェックが終わりました。

今回の追い切りで上昇気配を示したのは、【A】評価のアマーティと【A-B】評価のシャドウエンペラーの合計2頭でした。

ただ、【B】評価の中にも動けている馬が多かったのが印象的でした。

ドゴール・ドラウプニル・グランアレグリアは動きも良かったです。時計の根拠も揃っていました。

そんな中で、今回1頭目に気になったのは、【A】人気ブログランキング(【A】アマーティ)でした。
(お手数ですが、ランキングへのご協力をお願いします。)

上々と言える内容を消化。
概ね判断材料としては良い方向に揃ったと考えていいでしょう。

あとは、この4頭をおススメしたいところですが、少頭数の1戦で5頭もオススメするのは悪いので少し絞ります。

以下のようになりました。

  • 【A】アマーティ
  • ドゴール
  • グランアレグリア

判断を迷いましたが、導き出した3頭は上記の通り。
結果として堅そうなところを選んだ形ですが、荒れそうな雰囲気を感じないメンバーではないかと思いました。