皐月賞2021 出走予定【特別登録馬の想定騎手と推定オッズと有力馬考察】

出走予定馬
この記事は約5分で読めます。

2021年4月18日(日曜)の出走予定馬をチェックしている記事です。

2021年4月18日(日曜)3回中山8日
3歳OP コース:2,000メートル(芝・右)

出走登録

2頭が回避発表済み

馬名負担重量想定
アサマノイタズラ57嶋田
アドマイヤハダル57ルメール
イルーシヴパンサー57大野
ヴィクティファルス57池添
エフフォーリア57横山武
グラティアス57Mデム
シュヴァリエローズ57三浦
ステラヴェローチェ57吉田隼
タイトルホルダー57田辺
ダノンザキッド57川田
ディープモンスター57戸崎
ヨーホーレイク57岩田望
ラーゴム57北村友
ルーパステソーロ57木幡巧
レッドベルオーブ57福永
ワールドリバイバル57菱田

回避

馬名負担重量
オーソクレース57
ボーデン57

推定オッズ

人気馬名推定オッズ
1エフフォーリア2.6
2ダノンザキッド4.0
3ディープモンスター5.8
4ヴィクティファルス11.0
5ステラヴェローチェ16.5
6ラーゴム19.4
7グラティアス23.3
8アドマイヤハダル29.3
9ヨーホーレイク41.0
10レッドベルオーブ45.8
11タイトルホルダー59.2
12アサマノイタズラ77.5
13シュヴァリエローズ102.2
14ワールドリバイバル140.4
15イルーシヴパンサー229.3
16ルーパステソーロ293.5

有力馬考察

エフフォーリア≪牡3/鹿 鹿戸雄一厩舎≫

【前走】共同通信杯 1着
【父】エピファネイア
【母父】ハーツクライ

ここまで無敗の共同通信杯の勝ち馬。
ソダシが無敗で桜花賞を勝ちましたが、無敗で皐月賞を制することができるか。

近親にG1レース3勝のアドマイヤムーンがいる血統で、さらに近くなると、函館記念で2着などの実績があるケイティプライドなどがいます。

先行力が自慢の1頭で、スタートをうまく決めることができるのがこの馬の特徴。
シャフリヤールやステラヴェローチェなどを撃破しての勝ち星で、2着以下に2馬身1/2の差をつけての完勝でした。

新馬戦が札幌競馬でしたが、百日草特別と共同通信杯と東京競馬での勝ち星。
ただ、広いコースが合いそうというよりも、小回りコースの中山も合いそうな走りをしています。

外枠よりも内枠の方がほしいはずです。
ここまで連続で6枠からの出走となっていますが、皐月賞本番ではそれよりも内枠であれば、勝利に前進できそうです。

ダノンザキッド≪牡3/鹿 安田隆行厩舎≫

【前走】弥生賞 3着
【父】ジャスタウェイ
【母父】Dansili

半兄に阪急杯2着の実績があるミッキーブリランテがいます。

ホープフルSを勝ちましたが、今年初戦の弥生賞では3着に甘んじました。
逃げたタイトルホルダーが上手い競馬を行ったため、2着のシュネルマイスターも2番手追走からの連対。

その為、しっかりと脚は伸ばしたものの、最後は届きませんでした。

展開が偏り過ぎたのも影響があると思いますので、3着というのも地力の高さは証明した形。
前走で軽視するのは早計でしょう。

ホープフルSを勝っているため、能力は世代上位。

ただ、コーナー部分でどうしても不器用さが目立つので、その点で世代上位のメンバーが集まった今回はどうなるでしょうか。

みんなが軽視したのであれば、もう一度信頼してみるのもありでしょう。

ディープモンスター≪牡3/青鹿 池江泰寿厩舎≫

【前走】すみれS 1着
【父】ディープインパクト
【母父】Bellamy Road

前走のすみれSでは、2着の2馬身半の差を付けて完勝でした。

ただ、ここまで重賞には未出走。
これまでにも重賞に挑戦せず人気になり、重賞挑戦で凡戦というパターンを何度も見てきました。

すみれSの2着馬はグロリアムンディでしたが、その後、アザレア賞で4着。
同3着のモンテディオは、アザレア賞2着と、上位勢がそのままアザレア賞で上位に食い込みました。

そこそこのレースレベルはあったものと判断していいのかもしれません。

この馬はトビが大きいので、トリッキーな中山コース向きというよりも、広い東京や阪神向きの気がします。

前走は上がり最速をマークしていますが、瞬発力勝負となると、上記の2頭と比較して弱い印象を受けます。

能力の高さはこれまでの走りでも披露しています。
展開が向けば十分に対抗できる能力を有していると考えています。

まとめ

皐月賞の出走予定馬をまとめてきましたが、現時点で注目している馬について記載して終わりにしたいと思います。

現時点で注目しているのは、≪A≫[最強]競馬ブログランキングへです。

現時点での天気では、どうやら雨模様。
どこまで悪化するのかは分からないものの、良馬場だとしても水分保有量は高いはず。

この馬は良馬場でしか経験がないものの、走りを見ると重馬場のパワーがいるようなところも対応できそう。

オルフェ産駒の特徴か、やや成長が遅いので、覚醒までしていると一気に楽しみだなと思います。
もちろん、これは願望ではありますが、楽しみな1頭です。

以上、皐月賞の出走予定馬をまとめた記事でした。

タイトルとURLをコピーしました