皐月賞 2019 出走予定馬|想定騎手と推定オッズ|サートゥルナーリアらが登場!

クリック応援をよろしくお願いします!
 最強人気ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ

どうも、リッキーです。
ご覧いただきありがとうございます。

いよいよ牡馬クラシック1冠目の皐月賞が迫って参りました。
やはり注目はホープフルSを制したサートゥルナーリア。
ここまでデビューから3連勝と勢いに勝る馬で、休み明けではありますが、昨今の競馬界を見回すと全く不利ではないではないですね。
間隔を開けた方が好成績を残せるのではないかとすら錯覚を起こしそうです。

その他にも前哨戦を勝ち上がってきたメイショウテンゲンやダノンキングリーなど、見どころが多い馬たちが出走を決めてきました。
まずは登録馬をチェックして、有力馬考察や現時点で注目している馬なども書いていますので、最後までご覧いただけると幸いです。

2019年皐月賞の出走予定馬

馬名斤量想定
メイショウテンゲン57三浦
シュヴァルツリーゼ57石橋脩
ブレイキングドーン57福永
エメラルファイト57石川裕
ファンタジスト57武豊
ヴェロックス57川田
アドマイヤマーズ57Mデム
サートゥルナーリア57ルメール
ニシノデイジー57勝浦
ダノンキングリー57戸崎
ランスオブプラーナ57松山
アドマイヤジャスタ57岩田康
ラストドラフト57○○
サトノルークス57池添
クラージュゲリエ57横山典
クリノガウディー57藤岡佑
ナイママ57柴田大
タガノディアマンテ57田辺

除外対象

馬名斤量想定
ダディーズマインド57○○

推定オッズ

馬名推オッズ
サートゥルナーリア2.6
ダノンキングリー4.8
アドマイヤマーズ5.7
ヴェロックス10.4
ニシノデイジー15.2
アドマイヤジャスタ19.4
サトノルークス20.9
ファンタジスト23.9
シュヴァルツリーゼ40.9
ラストドラフト54.1
メイショウテンゲン71.1
エメラルファイト80.3
ランスオブプラーナ112.6
クラージュゲリエ116.7
ブレイキングドーン186.7
クリノガウディー241.2
タガノディアマンテ276.7
ナイママ395.5

有力馬

サートゥルナーリア
≪牡3/黒鹿 角居勝彦厩舎≫

【前走】ホープフルS 1着
【父】ロードカナロア
【母父】スペシャルウィーク

半兄にはエピファネイアやリオンディーズがいる血統。
母は日米のオークスを制したシーザリオですので、父ロードカナロアと成功が約束された血統とも言えるかもしれません。

2戦2勝で迎えたホープフルSでは、道中2番手を進み、先に抜け出したアドマイヤジャスタを鞭を打たずに交わすと最後は持ったまま。
強さを見せたレースでした。

しかし、今回はMデム騎手ではなくルメール騎手へと乗り替りとなりました。

逆に言えば、2週連続でクラシックを勝つかもしれない可能性があるとも言えますし、乗り替りでいきなり勝てるほど甘くはないのが皐月賞なので、その点ではどうなのか判断が難しいですね。
乗り替り+休養明けという点がどう響くのか。

ただし、やはりG1皐月賞。
勝ちに来ていると思える内容を消化中ですので、しっかりと仕上がって挑めると思います。
その点では楽しみです。

アドマイヤマーズ
≪牡3/栗 友道康夫厩舎≫

【前走】共同通信杯 2着
【父】ダイワメジャー
【母父】Medicean

サートゥルナーリアはM.デム騎手から乗り替りですが、そのM.デム騎手が選んだのがこのアドマイヤマーズ。
ダイワメジャー産駒の代表産駒となるのではないかともいわれる逸材です。

朝日杯FSではクリノガウディーに2馬身差を付ける完勝。
これまでの朝日杯FSと比較すると、全く違う強さを見せつけたと思います。

追い切りの動きは順調。
共同通信杯は負けたものの、巻き返しを狙っていると思います。
しっかりと追い切っているので、あとは最終リハでどこまでの完成度を見せてくれるかにかかっていると言えるでしょう。

ダノンキングリー
≪牡3/黒鹿 萩原清厩舎≫

【前走】共同通信杯 1着
【父】ディープインパクト
【母父】Storm Cat

そのアドマイヤマーズを共同通信杯で撃破したのがダノンキングリー。
新馬戦から素質の高さを感じさせると、2戦目のひいらぎ賞では2着馬に3馬身半も付ける完勝。
3着にはサウジRCで4着に入ったドラウプニルがいましたので、着差を考えるとグランアレグリア並みの力は持っているのではないかとも言えるかと思います。

勿論、競馬での横の比較ほど怖いものはありません。

前走は逃げることになったアドマイヤマーズを、最後は捕まえて捻じ伏せています。
仕上がりに余力がある状況ではあったとはいえるアドマイヤマーズですが、G1馬を倒したということよりも、強い勝ち方をしたアドマイヤマーズを捻じ伏せたということの方に価値がありそうです。

3戦3勝と能力の高さを証明し続けているだけに、ここでも侮れない1頭であることは間違いありません。

まとめと現時点での注目馬と現時点での危険馬

上記の3頭が引っ張ると思いますが、サートゥルナーリアの人気が抜け出すはずで、前走のパフォーマンスは強さを感じさせるだけに人気もそれに引っ張られるでしょう。

G1馬同士の対決も見ものですが、その他にも共同通信杯を制しているダノンキングリーの他にも、スプリングSを制したエメラルファイトや弥生賞を制しているメイショウテンゲンや毎日杯を制したランスオブプラーナの重賞勝ち馬。

重賞2勝しているニシノデイジーやファンタジストなど、多くの重賞馬が顔を揃えました。

ハイレベルなレースになりそうですし、もしかすると上記の人気馬以外に、皐月賞を制する馬が出ているのではないかとも期待が持てる1戦です。

そんな中で、現時点で注目している馬が【皐A】クラージュゲリエです。
前走は惜しい3着ではありましたが、2歳時には重賞1勝を挙げているなど素質は高い馬です。

前走は2着に4馬身差を付けられはしたものの、しっかりと脚は使えており、使われた上積みを考えると前進は可能だと見ています。

一方で、有力馬の中で不安を覚えているのはダノンキングリーです。

2週前の追い切り時計はやや不安を覚えるものでした。
詳しくは、火曜日ごろになると思いますが、1週前追い切りで詳しく記載しています。

1週前はしっかりと一杯に追われて先着するものの派手さがないものでした。
他の有力馬がド派手なパフォーマンスを披露したので、特に有力馬の中で地味に映ったということも言えますが、調整がうまくいっていない可能性もあり、どこか急仕上げという印象も抱きます。

当該週の追い切り次第の部分もありますが、先出情報としてどうなのかなと思う部分があることも事実という部分でお伝えしています。

多くの情報を提供できるように頑張りますので、今週1週間もまたよろしくお願いします!