皐月賞 2019 予想|最終見解と考察|馬連とワイドの2点勝負!

クリック応援をよろしくお願いします!
 最強人気ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
リッキー
どうも、リッキーです。ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、いよいよ本日に迫った、2019年の皐月賞の予想をお届けしています。

恐らくこの記事を読んでいる方も迷っているんだろうなと思いますww
今年はとても難しいレースですが、その反面、ワクワクします。

『サートゥルナーリアを信じるのか、信じないのか。』
『サートゥルナーリアが敗れる展開とはどんな時なのか。』

今週初めから色々なことを考えてきましたが、本当に楽しみです。

今回もいつも通りに馬連とワイドに絞って考察を行っていきたいと思います。
よろしくお願いします。

サートゥルナーリアを買うのかどうかの考察

最大に悩ませるのが、中9週以上は≪0.0.4.16≫となっている点。
サートゥルナーリアがどうなのかという部分が最大の悩みポイント。

人気を見て馬券を買ったらいけないとは言われていますが、さすがに気にしてしまう人気です。

これまでの皐月賞ではローテーションが大事でしたが、昨年から今までの競馬を見ると、ノーザンFの馬はとにかくしっかりと仕上がってくるためレース間隔や叩くということを必要なくなってしまいました。

そうか、だったらもうローテーションなんて関係ないと思うかもしれません。

しかし、もう1つ頭を悩ませるポイントが、ノーザンFしがらきでの調整馬であるということ。

例えば、シンザン記念から約3か月ぶりのレースを制したアーモンドアイは、ノーザンファーム天栄で調整されている馬。

詳しくは以下の記事をご覧いただくのもいいのかなと思いますが、今、競馬界隈は、ノーザンファーム天栄に預けられている馬が席巻していると言い切れるほど活躍しています。

外厩情報が馬券を制する上で必要になってきました。今回はノーザンファーム天栄としがらきについて記載しています。外厩とはトレセン周辺にある外部の調教施設のこと。2018年はとくにかく天栄が躍進した1年でした。坂路がリニューアルして以降の成績がうなぎ上りです。

休養を挟んでいきなりレースで活躍しているパターンが、しがらきを使っている馬でいるのかなと思うほど聞きません。
外厩を使っていれば大丈夫と思う方も多いですが、ちゃんと冷静に判断しておくべきではないかなと思っています。

しかし、追い切りが抜群に良かった。

2週前はエアウィンザーを煽る走りを披露。
最終リハでは重賞馬シャケトラ相手に先着。
勿論、シャケトラは再来週の天春が目標の為、仕上がり途上であることは間違いありませんが、この時期に古馬相手に楽に先着出来る、しっかりと余裕を持って走れるというのは高い素質を感じるだけに、こんなところで負けないのではないかという印象すら抱いてしまいます。

要は、ここまで書いてきましたが、すごく迷っているということですww

どうしよう。切るのか切らないのか。
買ったとしてもオッズ的には旨味はないという状況で、それでも買うのか、それとも夢馬券で穴にこだわるのか。

リッキー
この時間が凄く楽しいww

と、駄文を垂れ流すのもこれくらい(記事全部が駄文というのは置いておいてくださいww)にして、真面目なお話。

さすがに今回のサートゥルナーリアを完全に消すというのは難しいと思います。
勝つだろうと思いますし、負けても2着は確保できるのではないかと推測します。

僕は馬連とワイドの馬券を買うので、まず勝てる馬を見つけて、それを逆転できる馬がいるのかどうかを考えます。

そうなると、やはりサートゥルナーリアは買うべき1頭だと結論付けます。

相手探しは追い切り動けたあの馬にしました

今回、もうブログタイトルに負けてます。
爆穴どころか本命ですね。

2頭目はアドマイヤマーズ。

陣営は巻き返す気迫を感じる追い切りを消化してきました。

皐月賞はクラシック初戦。1週前追い切りの段階では、全頭しっかりと調整されていることが伝わる内容でした。その1週前で1番目にオススメしたのはサートゥルナーリア。最終リハでは軽めの調整程度だったものの、1週前の内容を見ればここは買わざるを得ないでしょう...か。その他、穴馬がいるのかどうかについてもチェックしていますので、最後までご覧いただければ幸いです。

ただ、オッズを見て思ったのですが、うまい具合に相手がばらけてくれました。

2人気は無敗のダノンキングリーで、3人気にアドマイヤマーズ、そして、4人気のヴェロックスまでが人気を分け合う形。

1-12の組み合わせも7倍強あり、ワイドも3倍程度は見込めます。

そう考えると、強ち悪いオッズではないと思いますので、このままの2頭で勝負したいと思います。

予想のまとめ

今年は、サートゥルナーリアとアドマイヤマーズの2頭の馬連とワイドで勝負します。

追い切り考察的に、あとはメイショウテンゲンとファンタジストをオススメしたので、枠番などを考慮してと思いましたが、馬券に選ぶ2頭はいずれも悪い枠ではないので、そのままでいいと判断しました。

若干、アドマイヤマーズの方が包まれて前が壁になって身動きが出来なくなる可能性がありますが、前が壁になるのはどこでもリスクはあまり変化しないと思いますので、なったらなったで清く諦めるべきだろうなと思います。

長くなってしまいましたが、ワンツー決まればいいなと思います。期待しています。