皐月賞 2018 出走予定|想定騎手と推定オッズに有力馬考察まで|ダノンプレミアム回避で混戦

シェアする

皐月賞の想定騎手入りの出走予定馬情報です。
推定オッズに有力馬考察から、最後に現時点で注目しているメンバーについても記載しております。
ご興味ありましたら最後までご覧いただければ幸いです。

クラシック1戦目の皐月賞。
今年はフルゲート割れが確実になりました。

中山2000Mの価値が問われそうですが、ダービーの方が圧倒的に格上となりましたし、最近では日本ダービーすら軽視されているような印象すら受けます。
ここで無理をするよりも古馬となってからの活躍に期待しているということでしょう。

フルゲート割れではありますが、2歳チャンピオンのダノンプレミアムやホープフルステークスを制したタイムフライヤーなどが登場。
皐月賞の名に相応しいメンバーが揃いました。

それでは登録メンバーを見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

皐月賞の出走予定メンバー17頭

馬名斤量想定推オッズ
アイトーン57国分恭73.5
エポカドーロ57戸崎28.4
オウケンムーン57北村宏21.3
キタノコマンドール57Mデム13.6
グレイル57岩田25.4
ケイティクレバー57浜中142.5
サンリヴァル57藤岡佑94.2
ジェネラーレウーノ57田辺31.4
ジャンダルム57武豊19.4
ジュンヴァルロ57○○358.4
ステルヴィオ57ルメール6.7
スリーヘリオス57○○614.2
タイムフライヤー57内田博14.4
ダノンプレミアム57川田1.9
ダブルシャープ57和田166.5
マイネルファンロン57柴田大211.4
ワグネリアン57福永5.4

有力馬考察

ダノンプレミアム
≪牡3/青鹿 中内田充正厩舎≫

【前走】弥生賞 1着
【父】ディープインパクト
【母父】Intikhab

※ダノンプレミアムは回避となりました。

4戦全勝で弥生賞を制した昨年の最優秀2歳牡馬ダノンプレミアム(栗東・中内田充正厩舎、牡3歳)が5日、登録してある皐月賞(15日、中山、GI、芝2000メートル)を回避することになった。中内田調教師が発表したもので、右前脚の挫跖による調整不足から、出走回避を決断した。

ダノンプレミアムが挫跖で皐月賞回避 ダービー目標に(リンク先削除)

ここまでデビューから4戦4勝と負けなしの1頭。
2歳チャンピオンとなった馬は、その後は苦戦することが多いのですが、前走の弥生賞はワグネリアン以下に1馬身以上も付ける完勝となりました。

先行して流れを作っていく中で、向正面で掛かりそうになるのをなだめるような形で進んでいく形。
やはり距離が伸びてどうなのかというのはこれまでのレースを観ていて感じる部分です。
不安要素が全くないということはないでしょう。

ただ、距離的には前走を勝てたことで問題ないことを証明した形。
マイラーだと思われていましたが、皐月賞の舞台は問題ないでしょう。

今回のメンバーを見渡しても、スローの流れとなるのは間違いなさそう。
先行力があるダノンプレミアムの脚質は歓迎材料と言えるでしょう。

ステルヴィオ
≪牡3/鹿 木村哲也厩舎≫

【前走】スプリングS 1着
【父】ロードカナロア
【母父】ファルブラヴ

サウジRCと朝日杯FSで立て続けに2着となり、ダノンプレミアムとは勝負付けが済んだとも言える。
ただし、敗れたのはダノンプレミアムにだけという言い方もできます。

前走のスプリングSは、コスモイグナーツが必死に逃げる中で、2番手以下はスローの流れ。
最後は先に抜け出したエポカドーロを捕らえる走りで辛勝ではあったものの、2番手以下スローの流れを差し切ったのは前向きな評価をしたい。

ダノンプレミアムを逆点するには、やはり展開が味方して欲しいところ。
スローの流れでは分が悪いのはここまでの直接対決で見せてきた。
距離が伸びて死角がないわけではないダノンプレミアムですが、この距離で輝くかに注目です。

ジャンダルム
≪牡3/黒鹿 池江泰寿厩舎≫

【前走】弥生賞 3着
【父】Kitten’s Joy
【母父】サンデーサイレンス

デビューから4戦いずれも馬券内を確保と、素質の高さを見せている1頭。
ただし、ホープフルSではタイムフライヤーに1馬身1/4もの差を付けられる完敗。

今年初戦となった前走の弥生賞では、ダノンプレミアムやワグネリアンの2強には敗れたものの、オブセッションらは負かして3着を確保。
ワグネリアンとは半馬身差であることからも、道中の何か1つが狂っただけとも見ることもできる。

ただし、前走はダノンプレミアムを見ながらの競馬でありながらも、最後は0.3秒差を付けられる敗戦。
さすがに言い訳ができない負け方で、ワグネリアンにも最後は差されています。

近走の成績では決め手に欠ける印象。
瞬発力に秀でたわけでもなく、キレる脚を持っているわけではないので、展開がしっかりと味方してくれないと厳しいのでは。

タイムフライヤー
≪牡3/鹿 松田国英厩舎≫

【前走】若葉S 5着
【父】ハーツクライ
【母父】ブライアンズタイム

前走はまさかのOPの若葉Sで5着と不甲斐ない結果。
ただ、アイトーンが逃げ切ったため、展開的にはやや厳しいものになったのは事実です。
言い訳ができるのはその部分だけでしょう。

ただ、押し上げたいタイミングで押し上げられず、上手く競馬ができませんでした。
本番前に不安要素を大きく出してしまいました。

ハーツクライ産駒ですので、ここで枯れたというのは考えにくく、展開が合わなかったと考えるのが現実的かもしれませんが、前走の負け方は少々気になるものでした。

ワグネリアン
≪牡3/鹿 友道康夫厩舎≫

【前走】弥生賞 2着
【父】ディープインパクト
【母父】キングカメハメハ

東スポ2歳Sを制した後は余裕を持って休養に入ると、前走の復帰戦では4ヵ月ぶりの実戦ながら、ダノンプレミアムの2着を確保しました。
休養明けで叩き台を使った割には好成績で終えられたのではないかと感じます。
前向きな評価をしたいポイントです。

最後はダノンプレミアムには離されたものの、最後は抜け出したジャンダルムを交わす力走を見せての賞金加算は順調に来ている証拠。
使われた分の良化が見込める今回は楽しみでもあります。

福永騎手は勝ち星こそないものの、連対率は25%と安定感はある騎手。
勝つことは想像し辛いものの、2着3着ならば十分に考えられるでしょう。

皐月賞の出走予定馬まとめと現時点での注目馬

皐月賞の有力馬にはこの他、2戦無敗のキタノコマンドールや共同通信杯を勝ったオウケンムーンなどがいます。

ダノンプレミアム1強の様相を呈してきた今年の3歳世代。
ここまでの臨戦過程を見ていると、そう言わざるを得ない状況となってきました。
ダノンプレミアムも前走はあまり作り込まれていない印象を受けましたし、更に良くなりそうな雰囲気を感じました。

さて、ここまでの前哨戦を見てきて感じることがあります。
疑わしいというべきか、ホープフルS組の扱いをどうするべきかです。

ホープフルSを制したタイムフライヤーは、展開が向かなかったとは言え、OP若葉Sで5着は不甲斐ない。
ホープフルS2着馬のジャンダルムは、休養明けではあるものの、弥生賞で3着でした。
同3着のステイフーリッシュは、次走の共同通信杯で10着。同4着サンリヴァルは弥生賞でも4着。同5着のナスノシンフォニーは放牧に出たままですが、どうもピリッとしません。

そもそもホープフルSを制したタイムフライヤーは、京都2歳Sで2着からの臨戦でした。
勝ち馬のグレイル自体が共同通信杯で7着に敗れていることからも、レースレベルに一定のケチが付く状況となっています。

ホープフルS組は評価し辛いというのが言えるのではないかと思います。
巷ではホープレスSなんて言われていますが、今年はその傾向がより強くなりそうだなと見ています。

さて、現時点での注目馬のご紹介です。
個人的に穴馬として考えておきたい馬ですが、サンリヴァルです。

前走は弥生賞を逃げての競馬で4着を死守。
賞金加算等はできませんでしたが、先頭のダノンプレミアムとは0.3秒差と健闘を見せました。

弥生賞から頭数は増えるものの、展開的にはスローの流れが濃厚。
となると、勝ちは難しくても2着3着と複穴になれる存在ではないかと見ています。
一発も考えられる程、G1特有のスローの流れが形成されそうですので、逃げ馬であるサンリヴァルには注目しておいていいはずです。

以上、皐月賞の出走予定馬情報のまとめでした。

函館2歳Sは、指数上位馬に大注目!!

今週末は「函館2歳S」が開催されます。

過去の傾向を見てみると、勝ち馬は関西馬が優勢といったところでしょう。
過去10年で2番人気が8回も絡んでいるので注目ポイントですかね。

登録馬はコチラです。

人気を集めるのは「ナンヨーイザヨイ」。
新馬戦の勝ちっぷりは凄かったですね!レコードに迫る圧勝でした。

ところで皆さんは、どうやって競馬予想をしてますか?

データ派、パドック派、追い切り派・・・

予想時間って意外とかかって睡眠時間を削る事もありますよね?
予想したいんだけど睡魔には勝てない・・・!
勿論、予想している時間も楽しい時間ですが、この時間を減らして多くの予想に費やした方が、勝ちやすいレースを見つけやすいということも考えて下さい。

また、みんなが難しく考えて遠慮してしまう2歳戦。
2歳戦は分からないからパス。そんな人も多いのではないでしょうか。

ただなんとなく馬券を買っても当たりませんが、ただなんとなく2歳戦はパスというのももったいないです。

そんなときに使えるのが「指数サイト」の存在です。

このサイトの指数は・・・
【スピード指数】×【適性指数】×【統計データ】×【血統理論】
この4つから弾き出された高精度の指数なんです。

指数サイトを利用すれば短時間で予想ができます。
そして、馬の力を数字で示してくれるので分かりやすいです。

ということは、とても便利ですよね!
今週末の函館2歳Sは指数に頼ってみませんか?

今すぐご登録される方はコチラから

メールアドレス登録してリターンメールクリックするだけ!
迷惑メールフォルダに入ってたりするので良くチェックしてください!

では、その指数サイトを紹介します。
こちらは、昨年の函館2歳Sの指数及び結果一覧と過去4年の指数データです。

うまコラボでは、指数上位6頭を推奨しています。
夏競馬は荒れる傾向にありますが、過去4年馬券圏内に必ず指数上位2頭は絡んでいます。
指数上位6頭を参考に、週末は指数を見まくってみてはどうですか?
しかも、無料登録すると函館2歳Sの指数データが見れます!

紹介した指数サイト「うまコラボ」が
「うまとみらいと」にリニューアルしました!

3つのコンテンツであなたの競馬ライフを全力サポート!
どういうことかというと、別々に運営されていたサイトが1つにがっちゃんこ!
3つのサイトを1つのIDでご覧頂けるようになりました。

あなたの競馬のみらいは「うまとみらいと」にあります。
もっと便利に、もっともっと勝ちレースを増やす。
今週末の函館2歳Sに向けて3つのコンテンツをチェック!

今すぐご登録される方はコチラから

メールアドレスを登録してリターンメールクリックするだけ!
迷惑メールフォルダに入ってたりするので良くチェックしてください!

スポンサードリンク

シェアする

フォローする