フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから

皐月賞 2017 予想|伏兵馬の馬連とワイド、2点勝負馬券の行方は!?

2017/4/15/

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事では、皐月賞の予想について書いています。
最終追い切りなどから、2頭を選び、馬連とワイドの2点のみで勝負したいと思います。

クラシック初戦の皐月賞ですが、牝馬クラシック初戦の桜花賞は、8番人気のレーヌミノルが優勝。
皐月賞も、同様の荒れ方をする可能性は大いにあると思います。
昨年も3強と言われながら、終わってみれば伏兵扱いのディーマジェスティが優勝したのは記憶にまだ残っています。

さて、伏兵馬の存在を匂わせていますが、当ブログも勿論、注目している伏兵馬がいますので、その馬を絡めて勝負です。

ただし、ここまで当ブログ記事をご覧になられた方は分かっているかと思いますが、スワーヴリチャードは1週前と最終リハと好調な追い切りを消化しています。
ここで逆らうには危険でしょう。

ゴリゴリの1人気に支持を集めていたとしても、逆らわないでいくべきだと思います。
ここまで、順調過ぎる内容と言ってもいいと思います。

では、相手のもう1頭はどの馬なのか。
それについては、今から書いていきたいと思います。

皐月賞の最終見解 / ファンディーナの取捨が決め手になる

今年の皐月賞で例年と違う点は、牝馬のファンディーナの扱いです。
近年の皐月賞で牝馬が出走したのは、14年のバウンスシャッセでした。
人気は12人気。伏兵扱いというよりも、注目はされていなかった1頭。
結果も11着で、人気に沿った内容でした。

ファンディーナは、これまでの牝馬と一線を画す1頭です。
ここまでデビューから3戦3勝。
しかも、初重賞挑戦となった前走フラワーCで、2着以下に5馬身差をつける内容でした。

「牝馬相手に5馬身でも、牡馬相手となるとそう簡単にはいかないのではないか?」

そう思われる方も多いですが、思い出して下さい。
ファンディーナは、この世代の2強のうちの1強と目されている馬で、桜花賞で3着に敗れたソウルスターリングとこの世代を引っ張っていかなければいけない存在です。
前走のソウルスターリングの敗因は明らかで、馬場に戸惑ったのが大きかった。
何度も手前を替えていますので、走りづらい馬場で伸びを欠いたにも拘わらず、地力で3着に持ってきたと判断した方が賢明です。

そんな2強のうち1強をファンディーナが背負うわけです。
しかも、今年の3歳世代は、牝馬»牡馬と言われています。
その世代の2強のうちの1強を成す馬が、皐月賞に挑戦するとなると、下手に無視はできません。
バウンスシャッセの時とは全く状況が違うのです。

ましてや1人気になろうとしている。
これは誰しもが悩みますね。

ここまで長くなってしまいましたが、結論を書くと、消す必要はない、です。
なんだそれ、と思われるかもしれませんが、1週前・最終リハの動きを見ても問題ない仕上がりです。
不良馬場の栗東坂路を走り、多少脚が取られそうになる場面があったのは否定できませんが、それでもここまでは順調に仕上がっています。

では、なぜ消す必要がないという書き方をしているのか。

結論から言うと、当ブログ(私)は2頭を選び馬連とワイドで勝負しますが、ファンディーナの成長力にやや疑問を感じるからです。
いくら相手関係を見て牡馬クラシック路線に挑戦したとは言え、【B】評価はさすがに買い辛いのかなと感じます。
順調に来ているものの、どうして買わないのか。

なぜか。
答えは単純で、春の時点で、牡馬の成長の方が大きいのではないか、と感じたからです。

2歳の時は、牝馬の方が確かにハイレベルなレースをしていました。
しかし、3歳の2月下旬頃のレースを見ていくと、牡馬もなかなかのレースをしています。

そして、今年の3歳の牡馬路線、追い切りでは高評価を付けた馬が軒並み好走してくれました。
私の不甲斐ない予想で、外してしまうことが多かったですが、前走から上昇気配を見せる馬が活躍していたということは、成長を感じさせる好内容だったということですからね?
追い切りを見るだけでも十分に成長を感じる馬ばかりでした。

そこを勘定すると、牝馬のレベルと牡馬のレベルは逆転した、というところまで見ていいのではないでしょうか。
今年の牡馬は全体的に粒揃いであったものの、ここにきて力を付けてきた。

私のファンディーナの見解は、ファンディーナは走ると思うが、それでも優勝はないだろうという予想をします。
となれば、馬連とワイドで勝負する私は、買うのを遠慮したい1頭です。

やはり競馬ですから、勝つ馬を狙うのが手っ取り早く当てる方法だと思います。
勝ちを目指して結果として2着であった。見せ場は十分に作れた。
そんな馬を狙っていくことが、的中への近道です。
来るかもしれないで買い目を増やすことは私はお薦めしません。

ちゃちゃ
2着付けが面白いという買い方は理解はできるけど、馬連とワイドしか買わない人は関係のない言葉だよね
こてつ
2着付けが面白いということは、馬単か3連単を買う人しか分からない言葉だよな

もちろん、3連単や3連複を買うのであれば、フォローしておく馬というのがいるのかもしれません。
ただし、2頭で仕留めるためには、勝つ馬を選ぶのが絶対条件です。

ファンディーナの見解と馬の選び方の見解が終わったところで、予想を行っていきたいと思います。
今回は中間・そして最終追い切りの動きを見た中で、良い動きをしていた馬を単純に狙いたいと思います。

力関係はあまり変わりないところにあると感じます。
こうなると、あとは直前の作りで勝負度合いが高い馬、そして状態が良い馬を選ぶのが理想です。

1頭目は勿論スワーヴリチャード

近年の共同通信杯から直行組の成績がいいように、恐らくはこのローテーションは、この時期の馬にとってはベストな間隔と言えるのではないでしょうか。
10週以上は長すぎるし、4週程度だと疲労が残ってしまう。
共同通信杯から9週という微妙な間隔こそが、好成績に結びつくと言いましょうか。

追い切りを見ても、1週前と最終と【B】評価ではありますが、前走はゴリゴリの【A】評価を付けての完勝でした。
その点を含めて、今回の動きは非常にその時の雰囲気ととても似ていますし、仕上がりは極めて良好です。

1週前の追い切りをチェックした時から、勝てると確信に近い感覚を持ちましたので、ここは積極的に。

2頭目は伏兵扱いもプラチナヴォイス

追い切りでは、上昇度のある動きを披露しました。
日本ダービーが目標というよりも、恐らく皐月賞で一旦は仕上げてしまったという追い切りを行っていました。

勿論、ここで好走した暁には日本ダービーにもという魂胆であるのは明白ですが、そちらではあまりお釣りは残っていないのではないでしょうか。
皐月賞で好走することが、日本ダービーへ出走できる一番のチャンスであることは間違いありません。
ここから日本ダービーの前哨戦で使うことも考えられますが、狙いは皐月賞で権利獲得です。

先行力があるプラチナヴォイスですが、前走はやや控えてのレース。
ここにきて脚質に幅が広がったのは、大舞台で多頭数となるこの機会では買える材料です。

しかも、何度も書きますが、勝負度合いの高い仕上がり。
権利獲得も目標ですが、皐月賞を狙う追い切りです。

ここは人気薄ではありますが、騎手も和田騎手。
マークされる存在ではないので、自由にレースができるでしょう。
好仕上がりにノーマーク。
穴馬の条件は揃っていると言えるのではないでしょうか。

皐月賞の予想のまとめ / 推定馬連オッズは175倍前後

今回は人気の一角スワーヴリチャードと、伏兵馬のプラチナヴォイスの馬連とワイドの2点勝負を行います。
推定の馬連オッズは175倍前後、ワイドは48倍前後を目論んでいます。

2017年の負債を、ここで返したいので、是非ともこの2頭のマッチレースになることを期待しています。

リッキー
心底、願ってます

以上、皐月賞の予想でした。

タップしないと決めた賢明な方のみ読み進めて下さい

『過去3年間、毎週3連単を当てている。』

この事実は、揺るぎない『結果』という形で証明し続けているうまコラボの指数データ。
多くの読者の方がいる中で、データの改竄や不的中だったものを的中とする行為は一切できません。

「有料サービスに登録しないと意味がないのでは?」
「どうせ有料会員にするために都合の良いことを並べているだけだろ?」

そう思うのであれば、各競馬場の前半6Rを無料会員に開放しているので、その目で確かめて見て下さい。
[例:3場開催の場合、無料会員でも前半6R×3場で、18R分の指数をご覧頂けます。]

指数を使う上で便利なポイントは、回収率が低いレースと高いレースを分別できるという点です。
直前オッズと指数に差が開き、その差が大きければ大きいほど回収率が高くなります。

私は、『オッズには魔物が潜んでいる』と常々思います。

オッズは馬の力を示すのではなく、欲の大きさを示した物です。
魔物というのは、欲の塊です。

どういうことか?

オッズは能力値ではなく、例えば、今週から競馬を始めたという競馬初心者さんや競馬新聞を観なければ予想ができないと言った、競馬と初めましてという方々が中心となって作り出したもの。

『オッズは、人気の新聞社が◎を付けた数で決まる。』

そう言われているほど、実力と人気との差が開くことがあります。

例えば、1.9倍以下の超人気となった馬の結果を調べると、勝率49.1%・連対率69.0%・複勝率80.3%です。
(対象:2015.1.4~2018.4.15 1198日間 2441件)

よく言えば8割の確率で馬券に絡むものの、逆に見れば5回に1回は馬券から飛んでいます。

しかし、多くの方は、この1.9倍以下の馬を軸にして、もしくは多くの金額をブッ込んで敗れて嘆きます。

『マジかよ、なんでだよ。クソー、こんなことになるなんて、やらなければ良かった』

しかも、みんなが買う馬にブッ込んでいるわけですから、配当も二束三文です。
外れた時の衝撃が大きくて、当たった時の嬉しさ以上に悔しさしか残りません。

オッズを作っているのは、あなただけではありません。
今週から競馬を始めた人、到底、馬券がお上手ではない方が作り出した単なる数字でしかありません。

実力がない馬が人気になっただけのオッズに騙されてブッ込んだあなたは、本当に馬券がお上手と言えますか?

ときには1開催12レース全てで3着以内に絡むことがある正確無比な競馬指数。
この情報があれば、あなたの馬券生活がもっと輝けるものになるに違いありません。

オッズを見て、指数との差を観るだけで、勝負が出来るレースを選択することもできます。

ただし、こういう方にはオススメしません。

  • 当日のオッズを全く確認できない方
  • 雰囲気に流されてしまって、やらなくていいレースに手を出してしまう方
  • 馬券が外れると、悔しくて次のレースで金額を高めに賭ける方

こういう方は、指数を使って予想をする意味がない。
まずは冷静な心で指数を活用できる方のみご活用下さい。

ここまで足早にお話させていただきましたが、賢明なあなたはきっとタップすらしないでしょう。

『どうせ騙されるのだろう』
『そう簡単に口車には乗せられないぞ』

多くの方は、半信半疑で登録されています。
しかし、多くの方が、実際の会員として残っています。
中には藁をも掴む思いで登録されている方もいるでしょうが、ちゃんと運営は続けられています。

毎年月末に行われる日本ダービーや宝塚記念や有馬記念のビッグレースを、口座の金額と相談しながら馬券を買う。
当てていれば、月末になって口座の金額を確認する必要はありません。

今始めてみるのか、それとも傷口が広がって始めるのか。
どちらか賢明なのか、それとも賢明なフリをしているのか。

外さなくて良かったレースを、外していませんか?それは非常にもったいない事です。

無料で登録が出来て、前半6Rまでは無料で観覧できます。
有料会員(月額1980円)は、全レースの指数と推奨買い目の提供まで行っていますが、まず無料で使ってみて下さい。

必要なのは、メールアドレス(キャリアメールではなく、YahooメールなどのフリーメールでOK)だけ。

あなただけが知らないところで、的中を量産している人はいる。
使うなら今からです。

コラボ指数について詳しく見る

-競馬予想
-