フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから

皐月賞 2017 1週前追い切り評価|スワーヴリチャードが好時計を刻む好内容!

2017/4/11/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事では、皐月賞の1週前追い切りについて、各馬の5段階評価と寸評、そして考察まで行っています。
注目されている有力馬の映像配信がありましたので、それを基に更新していますので、1週前追い切りは全頭のチェックは行っていません。
最終追い切りに関しては、全頭の追い切りチェックを行っていますので、最終追い切りも合わせてチェックしていただければ幸いです。

今回は、アウトライアーズ・ウインブライト・カデナ・コパノインパルス・サトノアレス・スワーヴリチャード・ファンディーナの7頭が対象です。
それでは見ていきたいと思います。

1週前追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

アウトライアーズ【A-B】

4月5日(水)美浦 南W(良)
【5F68.5-52.1-38.4-1F12.3】

3頭併せ内末強め併入。
脚色は僚馬に比べても良さそうでした。

美浦南Wで、最後12.3秒は優秀で、前走のスプリングSの時に比べても0.5秒速い時計を出しています。
雰囲気も悪くなく、状態は上がっていると判断していいのではないでしょうか。

ただ、時計に関しては参考程度でもいいかもしれません。
というのも、3頭併せの内を走っているので、コース7分程を通過しています。
全体時計は確かに速いですが、コース外々を回っているわけではないので、その点では深追いすると危険かもしれません。

それでも、雰囲気は良かったです。

ウインブライト【B】

4月5日(水)美浦 南W(良)
【5F67.5-51.7-37.9-1F12.6】

2頭併せ馬なり併入。
直線入って馬体を並べると、半馬身程前に出たところで僚馬が一杯に追われ始めます。
最後は盛り返されての内容でした。
終始馬なりをキープしていましたので、着差は最初から考えず時計優先での追い切りだと判断していいでしょう。

こちらも状態面では特に悪くないと言える内容でした。
前走と比べても可もなく不可もなくと言えるのではないでしょうか。

カデナ【A-B】

4月5日(水)栗東 坂路(良)
【51.6-38.0-25.6-13.3】

2頭併せ強め併入。
僚馬は馬なりでしたので、見た目は地味に見えてしまいます。

今回は全体51.6秒で、終始強めの負荷を掛けた追い切りだったと言えます。
その分、最後は1秒時計を落とす減速ラップとなりましたが、アタマも上げずに耐えた追い切りでした。

ただ、51.6秒の時計は、坂路自己ベストをマーク。
これまでの自己ベストが、昨年11月の百日草特別の最終追い切りでしたが、そこから時計を一気に縮めています。
ここまではメイチ感漂う追い切りとも捉えることができます。

1週前の段階で、しっかりと仕上げられていると言える内容でしたので、あとは最終追い切りでスムーズな加速を見せてくれると仕上がりは良好ではないかと思います。
最終は、恐らく坂路で単走追いだと思いますが、末の時計が12秒前半出ていれば、仕上がりは良さそうと言えるのではないでしょうか。

コマノインパルス【B】

4月5日(水)美浦 南W(良)
【5F67.2-52.7-38.4-1F13.3】

3頭併せ内一杯2馬身程先着。
3馬身程後方から、直線入り口で並び、最後は突き抜けていきました。
綺麗な加速を見せての内容で、好感度は高いです。

ただ、前走の最終追い切りの時に比べると、あまり変化はないのかなと思います。
前走の最終は、今回の時計に比べると、全体は遅く末を伸ばす時計でしたが、今回は全体は速く末は遅い時計でした。
馬場の差がありますので、時計だけを単純に比較するのは危険ですが、五分五分の仕上がりでしょう。

それでも2馬身先着しているのは判断に迷いますが、総合的に考えて、1週前の時点で上昇気配とまでは言い切れないのかなと見ます。
現状では、前走程度のデキと判断して、最終追い切りの動きで判断していい1頭でしょう。

サトノアレス【B-C】

4月5日(水)美浦 南W(良)
【5F68.1-51.9-38.5-1F13.4】

3頭併せ内馬なり1頭1馬身先着、1頭併入。
個人的に、ちょっと不安が先行した追い切りとなりました。
もう少し時計は刻める1頭ですので、1週前にしては負荷の度合いが弱いのかなと感じます。

前走の馬体重が±0でしたが、もしかすると馬体重の増減に過敏になっている可能性は高いと思います。
順調に馬体重が増えなければいけない牡馬の2歳冬から3歳春ですが、その点ではもしかすると2歳冬の時点で馬体が完成していた可能性、また、3歳になって以降の成長力に疑問も残ります。

色々と悩みますが、前走から良くなった部分があまり見られず、悪いところに目が行ってしまいます。
もう少しリズムよく運べる1頭ですので、その辺が最終で改善されていてればいいのかなと感じます。

最終追い切りで、さらに負荷をしっかりと掛けていれば前向きに見れますが、ここまでもしかしたら順調に来ていないのではないかと思って見ている私がいます。

スワーヴリチャード【B】

4月5日(水)栗東 CW(良)
【6F81.6-65.0-50.1-36.5-1F11.8】

3頭併せ外強め1頭2馬身先着、1頭3馬身程先着。
口の周りが白くなっているのが気になりましたが、その他で悪い部分は特に見当たりませんでした。
時計も優秀で、雰囲気も上々です。

今回の1週前の7頭の映像をチェックした中で、1週前の段階での完成度は1番高いのはスワーヴリチャードではないでしょうか。
それほど雰囲気は良かったですね。

前走の最終の雰囲気もとても良かったので、今回の最終も同様の時計が刻めれば、状態は高いレベルでキープしていると判断できます。
今回の最終も、末だけでいいので好時計を、最後は11秒台を刻んで欲しいと思います。

ファンディーナ【B】

4月5日(水)栗東 坂路(良)
【54.1-39.1-25.1-12.4】

2頭併せ末強め3馬身程先着。
全体時計はやや物足りなさを感じますが、末の時計は優秀です。
しっかりと負荷を掛けられていますので、ここまでは順調に来ているのかなと判断できます。

サトノアレスの考察で馬体重の増減のお話をしていますが、こちらは使われる毎に馬体重が減少していて、その点は気になりますが、しっかりと負荷を掛けられていますので、陣営的にはそこまで問題視していないのではないでしょうか。

写真を見る限りだと、ややあばらが浮いているのが気になりますが、しっかりと追い切りを消化している方を前向きに見た方がいいでしょう。
本当に気にしているのであれば、そこまで強い内容は避けると思うからです。

その点では、順調に来ていると言えるのではないでしょうか。

1週前追い切りのまとめ

皐月賞に出走予定の7頭の追い切りをチェックしていきました。
レイデオロやタンビュライトなどの1週前の追い切りも配信して欲しかったですが、どれを配信するかを決めるのは私ではないので仕方がないですね。

上記の7頭の中で、1番好感度が高い馬は、各馬の考察のところにも書いているようにスワーヴリチャードです。
前走で【A】評価をつけていましたが、強い内容で勝ってくれました。
そのままの状態を、現状では引き継いでいると思います。
デキ落ちは一切感じない、逆に言えば不安の少ない1頭でしょう。

全体的にさすがG1皐月賞と言える内容だったと思います。
サトノアレスの仕上がり具合が心配材料ではあるものの、まだ1週前の時点での内容です。
最終追い切りで判断が変わる可能性はありますので、早めに見切るのは危険です。

最終追い切りをチェックして、判断していいのではないでしょうか。

以上、皐月賞の1週前追い切りでした。

最終追い切り情報をまとめています。

皐月賞 2017 最終追い切り評価|スワーヴリチャード好内容で最終リハを終える
こんにちは!爆穴ブログのリッキーです。この記事では、皐月賞の最終追い切り考察について書いています。皐月賞の1週前の追い切りでは、スワーヴリチャードのお薦めしていました。その時の記事は『皐月賞 2017 1週前追い切り評価|スワーヴリチャードが好時計を刻む...

皐月賞 2017 予想|伏兵馬の馬連とワイド、2点勝負馬券の行方は!?
こんにちは!爆穴ブログのリッキーです。この記事では、皐月賞の予想について書いています。最終追い切りなどから、2頭を選び、馬連とワイドの2点のみで勝負したいと思います。クラシック初戦の皐月賞ですが、牝馬クラシック初戦の桜花賞は、8番人気のレーヌミノルが...

予想を更新しましたので、もしよろしければご覧ください。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

第92回 中山記念(G2)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

▼ここをクリック!▼

暴露王の詳細はコチラ

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、
作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ること
です。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

▼1月も情報力で違いを見せつけました!▼

◆年始の重賞でも!
1月6日  京都11R
『第56回京都金杯』
◎クルーガー
△ブラックムーン
○レッドアンシェル
3連単 1万1480円
3連複   1720円
馬 単   3610円
━━━━━━━━━━━

▼ ▼ ▼

◆2桁着順続きの凡走馬でも!
1月13日  中京8R
『Tトラ・重大機密策略弾』
◎テイルバック
(9人気・単勝33.9倍)
◯スズカフューラー
△ナポレオンズワード
3連単 5万5180円
3連複 1万1400円
馬 単   8320円
━━━━━━━━━━━

▼ ▼ ▼

◆殿堂的中(=1000倍以上の万券)でも!
1月20日 中京8R
◎カトルラポール
(9人気・単勝21.7倍)
▲シンボリバーグ
(7人気・単勝19.3倍)
◯カウントオンイット
(3人気・単勝6.8倍)
3連単 20万2070円
3連複  3万4920円
━━━━━━━━━━━

▼ ▼ ▼

◆単勝75倍の9人気馬でも!
1月28日 東京4R
◎フルコスト
(9人気・単勝75.3倍)
○ダンシングチコ
△ラブリーアゲン
(7人気・単勝33.1倍)
3連単 5万9960円
3連複 2万3030円
━━━━━━━━━━━

▼今週限定の買い目を入手!▼

暴露王の詳細はコチラ

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『中山記念(G2)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
完全無料・中山記念
【買うべき穴馬はコレ!】

暴露王の詳細はコチラ

-追い切り情報