【皐月賞2016最終予想】好調馬2頭の馬連とワイドで予想です

こんばんは、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、4月17日に行われる皐月賞の最終予想を行っていきたいと思います。

まずは出馬表をみてみましょう。一番右の数字は前日オッズです。

  • 1-1 ドレッドノータス 牡3 57 藤岡佑 104.8
  • 1-2 ジョルジュサンク 牡3 57 吉田隼 120.4
  • 2-3 マカヒキ 牡3 57 川田 3.9
  • 2-4 アドマイヤダイオウ 牡3 57 福永 20.7
  • 3-5 マウントロブソン 牡3 57 Tベリー 17.7
  • 3-6 ミライヘノツバサ 牡3 57 柴田大 80.6
  • 4-7 ウムブルフ 牡3 57 柴山 210.5
  • 4-8 ミッキーロケット 牡3 57 横山典 114.4
  • 5-9 ナムラシングン 牡3 57 田辺 75.9
  • 5-10 トーアライジン 牡3 57 大野 401.7
  • 6-11 サトノダイヤモンド 牡3 57 ルメール 2.9
  • 6-12 リスペクトアース 牡3 57 石川 248.1
  • 7-13 プロフェット 牡3 57 戸崎圭 73.8
  • 7-14 ロードクエスト 牡3 57 池添 17.3
  • 7-15 エアスピネル 牡3 57 武豊 16.5
  • 8-16 リオンディーズ 牡3 57 Mデムーロ 3.1
  • 8-17 アドマイヤモラール 牡3 57 内田博 311.1
  • 8-18 ディーマジェスティ 牡3 57 蛯名 25.0

出走馬を見ると、サトノダイヤモンドが6枠11番から、リオンディーズは8枠16番、マカヒキは2枠3番と離れた枠入りとなりました。

この辺りの内外の差がレースでも響いてきそうだと思いますね。

皐月賞の予想

まず、中山芝2000Mを分析していきましょう。

中山芝2000Mは、最初の直線が404Mと比較的長いコース。それに比べてゴール前の直線の長さが310Mと比較的短い

スタート直後に急坂を上るため、どうしても最初から体力を消耗しやすいコースとなっています。

内回りで行われるために小回り適正が求められ、同時に後方グループでは勝負どころで前にいかないと厳しいコースとなっています。

スタート直後の直線が長いものの、急坂でスピードが乗りきれずに逃げれなかったという馬も多い。

また外からも内へと進路をとりながら前に殺到するため、最初のコーナーで内を取れないと向正面に出るまで外を回されたりするため、基本的には内枠の先行馬が優勢

ただし、内に殺到しすぎると、今度は前が詰まり気味となり、また勝負所で包まれで凡走する馬も多いです。

過去の皐月賞をみても、勝ち馬は4角で前が開いている事が条件となり、昨年のドゥラメンテは大きく外に逸走思想になる形で外に持ち出しての伸び脚でした。

14年のイスラボニータも4角では先団に取りついて、直線向いた直後に外に持ち出し前をクリーンにしていました。

このように、皐月賞は進路をスムーズにとれる馬じゃないと勝てない、鞍上の手綱捌きに応えられる器用さが求められるレースとして認知されています。

そして、もう1つ気になるのが雨予報。ただ、当初の予報では強い雨ということでしたが、今チェックすると弱雨に切り替わっていました。稍重馬場程度で済みそうかなと思います。

1頭目はサトノダイヤモンド

1頭目にはサトノダイヤモンドを選びたいと思います。

間隔が空いているのが気になりますが、追い切りは1週前と最終追い切りと良くなっていく姿が印象的でした。

枠も外過ぎず内過ぎずの絶好枠。ディープインパクト産駒が皐月賞を未勝利となっていますが、その不名誉な記録は今年で終わり。今年はディープインパクト産駒のこの馬が活躍できるだろう。

2頭目はロードクエスト

2頭目にはロードクエスト。

追い切りは3頭併せ内一杯3馬身程先着と、追い切りの内容は前走をキープ出来ていると思いました。動きはこの世代の中でもトップクラス。

この2走は同コースで敗れているが、まだ言い訳のできる敗戦。

同コース3度目の挑戦で、コース慣れしているのは前向きに評価できる。

まとめ

今回はサトノダイヤモンドとロードクエストの2頭の馬連とワイドで勝負したいと思います。

想定馬連オッズは39倍、ワイドは8倍前後を想定しています。

TAZUNAさんは無料提供情報が充実!

■イチオシ””TAZUNA””
今週から舞台を中山に移し、春のG1や3月末のドバイミーティングに向けて有力馬が始動するG1並みのメンバーが揃う中山記念が行われます!
好メンバーが揃った中山記念の注目のデータを発見したのでご紹介しますね~!

【中山記念データ】
08,09年連覇→カンパニー
12年2着,13年3着→シルポート
14年3着,15年2着,17年3着→ロゴタイプ

非根幹距離の中山芝1800mは特殊なレースでリピーターよく来るレース。
去年1着ウインブライト、3着マルターズアポジーは人気なくても要注意!

今オススメしている競馬予想サイト『TAZUNA』は、今週は中山記念の無料予想&買い目提供が決定!!
まだ登録していない方は、春のG1シーズン前に相性の良いサイトを作っておくことをオススメしています。

ー直近の重賞的中実績ー

クイーンC→⇒(4点1,200円→58,200円)
京都記念⇒(6点1,000円→170,600円)
東京新聞杯⇒(6点1,000円→181,900円)
きさらぎ賞⇒(24点200円→ 283,920円)

中山記念に直結しそうな中距離古馬重賞の京都記念・東京新聞杯も的中してるので今週も期待できそうです!
十万円以上の払戻を3度も出していて破壊力抜群の予想サイトです。

17日(日)に行われたG1フェブラリーS、G3小倉大賞典の両レースで3連単を小点数で的中。
どちらも3着に福永騎手、小牧騎手の好騎乗が光って人気薄が激走!高配当になりました。

こちらは土曜夜に公開された無料情報。少し分かりづらいスクショですが、よくご覧下さい。
6人気-1人気のワイドを1点で的中。メインレースの軍資金作りに最適な無料情報をいつも提供してくれます!

簡単メルマガ登録のみ。まずは無料でお試しください。確認メールきたらクリックしてログイン!
配信が確定している中山記念の買い目をチェックしましょう。

前日の夜に公開されます。オススメサイトなので、あなたも一緒に利用してみてくださいね。

\無料登録をするだけでOK/

今週末の無料情報を獲得する方はコチラ