札幌記念2016出走予定馬|騎乗予定騎手と想定オッズ

リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、札幌記念の出走予定馬と騎乗予定騎手と想定オッズをみていきたいと思います。

モーリスやヌーヴォレコルトのG1馬を含め、17頭が登録しています。

秋の行方を占う大事な1戦となる札幌記念ですが、ここから秋に飛躍していく馬が現れるのか注目です。

出走予定馬

  • スーパームーン 57.0 蛯名 19.4
  • ダンツキャンサー 55.0 勝浦 93.5
  • ダービーフィズ 57.0 岩田 70.4
  • トーセンレーヴ 57.0 ホワイト 43.2
  • ヌーヴォレコルト 55.0 吉田隼 4.5
  • ネオリアリズム 57.0 ルメール 25.8
  • ハギノハイブリッド 57.0 — 18.0
  • ヒットザターゲット 57.0 小牧 12.3
  • マイネルフロスト 57.0 松岡 46.9
  • メイショウスザンナ 55.0 四位 162.9
  • モーリス 57.0 モレイラ 2.2
  • ヤマカツエース 57.0 池添 5.0
  • レインボーライン 54.0 福永 13.7
  • レッドソロモン 57.0 柴山 47.9
  • レッドリヴェール 55.0 坂井 44.2
  • ロジチャリス 57.0 — 18.4
  • ワールドレーヴ 57.0 — 25.4

有力馬考察

モーリス

前走は安田記念で2着。父スクリーンヒーロー、母父カーネギー。

前走破れるまで、7連勝だった。安田記念・マイルCS・香港マイル・チャンピオンマイルと内外合わせてG14勝の逸材。

さすがに前走は海外帰りから1ヶ月後の開催ということで、検疫のため東京競馬での調整を強いられ調整不足が響いた格好。状態は良さそうだったので2着には来ていますが、やはりこれまで通りの調整が出来なかったというのは大きい。

ただ、今回は距離延長で、前走の安田記念では道中掛かる場面も見られた。前走を見る限りでは距離延長はプラスには働きそうにない。マイルのスピードで押し切れればいいが、そう簡単にいくか疑問も。

ヌーヴォレコルト

前走はQE2世Cで6着。父ハーツクライ、母父スピニングワールド。

今年は大阪杯6着と国内1走のみ。前走は香港でのレースで6着と、いずれも精彩を欠く走り。

ただ、相手関係を考えればここでも上位の能力は持っており、負ける相手ばかりではない。

気になるのはピンチヒッターとなった吉田隼騎手。元々は武豊騎手の予定も、騎乗停止により交代となった。2歳の時に騎乗機会が1回あったものの、これまでは主戦騎手は岩田騎手だった。大阪杯と同じく休養明けという点も考慮すると、凡走の可能性も拭い去れない。

■■【有馬記念】■■■■■■■■■
プロが買う有馬記念の3連単を知りたくありませんか?
関係者が本気で買う『3連単勝負馬券』を特別無料公開!
■■■■■■■■■■■■■■■■■

【7割以上で的中実績が残せるワケ】
1.元調教師・騎手など競馬関係者が情報提供をしている
2.情報をもとに独自で構築しているデータベースで分析

【有馬記念】関係者が買う
『3連単勝負馬券』はコチラ

スポンサーリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク