札幌記念2015の予想はディサイファを中心に組み立て

こんばんは、札幌記念の予想について書いていきたいと思います。

先日更新した札幌記念の追い切り評価記事で好調だと名前を挙げたのはラストインパクトとディサイファの2頭。

トーホウジャッカルとラキシスの2頭も、100%の仕上がりでは勿論ないものの、今回も好走は確実視出来そうです。

中でも、ラストインパクトの評価を高くしています。

天皇賞春以来のレースへの出走ですが、追い切りを見る限りでは動けていたと感じます。

今回もいつものように、追い切りの評価を中心に、予想を組み立てていきたいと思います。

考察

土曜日の札幌のレースを見ると、そこまで前と後ろの位置取りの差を感じるレースはありませんでした。

後方に控えても伸びてこれる馬場ですし、極端に前が有利、とまではいかないのかなと感じました。

特に後半の芝のレースは、スタート直後から11秒台のラップを刻むなどして、中団から後方に控えた馬が活躍したレースがありました。

下級条件では、前が比較的有利なのかなと感じましたが、そもそも札幌記念では追い込み馬は不振。

3つに絞った傾向でもお話した通りで、追い込み脚質はこれまで馬券圏内0ということで、無理に買うことはしなくていいのかなと感じます。

トーホウジャッカルは当日の気配次第とも言えるんですけど、外枠が来ないという点ではマイナス評価。

また、月曜日に更新した出走予定馬の記事の中の考察でお話しした通り、フォトパドックではやや痩せた馬体だったのが印象的で、積極的に買える材料は乏しいというのが現状だと思います。

また、穴人気しているトウケイヘイローとハギノハイブリッドの2頭も同じで、外枠の時点で積極的に買える材料は少ないと感じます。

そうなると、やはり中枠から内枠に入った馬を積極的に狙っていきたいです。

予想

ということで、ギリギリ中枠に入ったディサイファを1頭目に選びたいと思います。

6歳馬ということで、その点はややマイナスかなと思いますが、追い切りではやや上昇気配漂うものでした。

今年は既に中日新聞杯を優勝。AJCCでは2馬身差の5着と惜しいレースで、G2でも力があるところは証明した格好です。

好走に期待したいと思います。

もう1頭はラキシスを選びたいと思います。

宝塚記念以来のレースではあるものの、今年は明け初戦となった大阪杯を優勝するなど、牡馬と混じっても遜色ないところを見せた格好です。

追い切りでは宝塚記念と変わりの無い仕上がりで、秋へ見据えていいレースが出来そうだと判断出来ます。

ディサイファは、比較的に人気ではありますが、それでもオッズは11倍を切らない程度じゃないかなと感じます。

単勝と複勝で勝負しても面白いのかなと感じますが、今回、2頭の馬連とワイド、2点で勝負していきたいと思います。

以上、札幌記念の予想でした。

春G1丸乗りしたら・・・

【収支+13万】

◎桜花賞 5600円→50360円
◎皐月賞 5600円→36600円
◎天皇賞 5600円→67500円
◎Vマイル5200円→11840円
NHKマイル,オークス・・×

3連複10~14点で4~500円推奨
今一番期待できる無料情報かもしれません!
いろいろ検証した中4勝してるとこはないです!
まだ新しいサイトですが、だから気合の入り方が違う!

春のG1、負けが続いているあなたにオススメです!
日本ダービーを当てて、気持ちよく残りのG1に挑みましょう!

\ 1分で登録完了! /

無料エントリーはこちら

エントリーは↑からメールアドレス登録のみの簡単登録!