フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから

【札幌2歳ステークス2016出走予定馬】想定騎手と推定オッズ

2016/8/30/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

札幌2歳ステークスの想定騎手入りの出走予定馬を掲載しています。今回は13頭が登録していて、タガノアシュラやトラストなどの有力馬が揃っています。

ここの勝ち馬にはロジユニヴァースやジャングルポケットやアドマイヤムーンなど、その後大きなところを獲った馬も多数います。今年はここから大きなタイトルを獲ってくれる馬が出てくるのか楽しみですね。

出走予定馬

第51回 札幌2歳ステークス(GIII) 第1回特別登録 13頭

サラ系2歳 (国際)(特指)オープン 馬齢 1800m 芝・右

左から馬名・斤量・想定騎手・推定オッズ

  • アドマイヤウイナー 54.0 岩田 19.5
  • アンノートル 54.0 松岡 31.1
  • インヴィクタ 54.0 Cルメール 3.4
  • エトルディーニュ 54.0 原田 94.9
  • コパノカーニバル 54.0 -- 223.3
  • コリエドール 54.0 福永 6.7
  • ジャコマル 54.0 横山和 138.1
  • タガノアシュラ 54.0 武豊 2.4
  • ディープウォーリア 54.0 池添 6.4
  • トリオンフ 54.0 浜中 40.1
  • ハヤブサナンデダロ 54.0 吉田隼 94.9
  • ブラックオニキス 54.0 城戸 13.4
  • フラワープレミア 54.0 江田照 139.3
  • (地)トラスト 54.0 柴田大 8.3

有力馬考察

タガノアシュラ

前走は函館で行われた新馬戦で1着。父マンハッタンカフェ、母父パラダイスクリーク。

新馬戦は2歳函館1800Mのレコードを記録し、後続のサトノアリシアを4馬身も突き放す好内容だった。

こういう時に気を付けたいのは、2着以下の馬がその後のレースでどれだけ活躍しているかでレースレベルが見えてくるが、サトノアリシアは続く未勝利とコスモス賞を連勝していることからも、レースレベルは高かったと言える。

近親にはステイゴールドやドリームパスポートやショウナンパンドラなどの強豪が揃う一族だけに、ここからの活躍にも期待したい。

トラスト

前走はクローバー賞で2着。父スクリーンヒーロー、母父エイシンサンディ。

川崎競馬の河津厩舎に身を置く1頭で、デビューはその川崎競馬。英国遠征プランも明かされるなど、岡田総帥が惚れ込んだ1頭。

ただ、前走は力負けしているようにも見受けられ、周りが強くなる今回で良くなるのかは微妙なところ。

それでも芝2戦目、距離延長は前向きに見ても良さそうなものの、前走は掛かりながらのレースで、手放しで距離延長は喜べないはず。何らかの対策を施してくることに期待。

インヴィクタ

前走は札幌で行われた新馬戦で1着。父ハービンジャー、母父フジキセキ。

馬主は佐々木主浩氏で、調教師は友道ということで、ヴィルシーナのコンビ。そのヴィルシーナやシュヴァルグランの近親にも当たります。

鞍上には引き続きCルメール騎手が騎乗するのも心強い。前走と条件が変わらないのもプラスに働くはずだ。

コリエドール

前走は札幌で行われた新馬戦で1着。父クロフネ、母父サンデーサイレンス。

前走はモレイラ騎手騎乗で、モレイラマジックもあったかもしれない。今回は福永騎手に乗り替わることになったが、こういう時の福永騎手はダメな事も多く、信頼に値できるのかそもそも疑問も。

母レクレドールで言えば、2つ上の半兄にベルーフがいる。祖母はゴールデンサッシュとなっていて、タガノアシュラの祖母と同様となっています。近親と言える距離だけに、この一族が上位独占するとなると面白い。

以上で、有力馬の考察を終わります。

61週連続的中の実績!
≪利益直結馬≫と≪利益穴馬≫の2つに着目すれば、あなたもロマン溢れる馬券が買える。
競馬大陸では現在会員募集中。メールアドレスを登録するだけの簡単登録で、今週末からあなたの馬券の見方が変わる。
単なる紙切れにしてしまう前に、まずは競馬大陸の情報をご覧下さい。

※※→無料メルマガ登録はコチラ←※※

-出走予定馬
-