札幌2歳ステークスの追い切り好調馬2頭で馬連ワイド予想

こんばんは、いつもご覧いただきありがとうございます^ ^

この記事では土曜日の札幌で行われる札幌2歳ステークスの予想について書いていきたいと思います。

本日公開した札幌2歳ステークスの追い切りを確認して、2頭の馬連ワイドで勝負していきたいと思います。

スポンサーリンク

予想

追い切り動画を観て、1番良かったと感じたのはアドマイヤカイエンでした。

5頭をまとめて交わして行く姿は大物感漂うものでした。

勿論、最終追い切りの記事で書いていたように、走り過ぎた感は否めません。

本番さながらの実践というところは好感が持てますが、どこか気になるポイントでした。

ただ、アドマイヤエイカンの動きは本当に素晴らしいものでしたので、ここでもしも負けてしまっても次走は十分に狙える動きをしていたんじゃないかなと思います。

不安材料と感じる部分もあるのはあるのですが、あの動きを見せられたら買うしかありません。

1頭目に選ぶのはアドマイヤカイエンとします。

もう1頭を選びたいと思います。

その馬はリアルキングを指名したいと思います。

追い切りの動きは大変良かったと思いますが、アフターダークも素晴らしい動きでした。

この2頭で随分と迷ったのですが、ここはキングカメハメハ産駒のリアルキングがいいのではないかと思います。

そう思ったのには3点理由があって、

1点目は金曜日正午時点での馬場状態が稍重である点

明日の午前中の早い時間と明日の正午前後にも雨が降る予報が出ていて、稍重から良馬場になったとしても力の要る馬場になっていることが想像し易い。

そうなると、キングカメハメハ産駒特有の力の必要な馬場になった場合に有利に働きやすいと思うという点。

2点目は今回最内枠に入れた点

札幌2歳ステークスの過去の傾向を見ると、どうしても嫌いたくなる最内枠。

しかしながら、前走札幌1800mを逃げ切っているように、ここでの適応能力には疑問が付きそうもない点。

3点目は騎手

四位騎手はここ2週連続で重賞制覇。

札幌記念ではディサイファ、キーンランドCではウキヨノカゼといずれも札幌を舞台に重賞を勝っている点は心強い点。

以上の3点を考慮すると、リアルキングを選んで方が、好走出来る可能性は高いのではないかなと思いました。

アドマイヤカイエンとリアルキングの2頭で、馬連・ワイド勝負したいと思います。