【ローズステークス2016最終予想】馬連とワイドの2点勝負

リッキーです、本日のこの記事はローズステークスの最終予想について書いています。今回も馬連とワイドの2点勝負を行っていきたいと思います。

このレースの有力馬シンハライトとジュエラーの春の2冠対決の再現ですね。桜花賞で優勝したジュエラーに、オークスではジュエラー不在の中で空き巣のような形になったシンハライト。秋華賞でももちろんぶつかる2頭ですが、前哨戦のこの舞台でもぶつかります。

前日オッズをみると、やはり順調に来たシンハライトが1.8倍の1人気になっています。そして2人気に骨折明けのジュエラーと、その他の距離の融通なども考えればという感じなのかもしれませんが、この2頭がオッズを被っている状況になっています。

追い切り考察でも、この2頭はさすがだなと感じさせる動きを披露していました。

最終見解と予想

ただ、本当にジュエラーとシンハライトの2強に、割って入れそうな馬がいないのかということを見ていきたいと思います。

まず、上昇気配を感じさせた馬から。

アットザシーサイドをお奨めしていましたが、木曜に追い切ったラベンダーヴァレイの動きも良かった。

ただ、追い切り考察にも書いているように、ラベンダーヴァレイはどこかスプリント寄りの走りでしたので、距離が鍵になりそう。

その他、上昇気配を感じさせるのはデンコウアンジュでした。ただ、こちらは評価を下げた前走で、今回で前々走並には走れるのではないかというところになったと言う評価の上昇です。

その他を見ると、レッドアヴァンセの動きは決して悪いということはないと思います。ただ、それでもやはり微妙だなと感じるのは事実。当日の馬体重も気になる1頭ですので、この時点でお奨めするのはリスクの方が大きいかなと感じます。

有力馬2頭の馬連とワイドはオッズがあまりに付かないので、穴馬で攻めたいと思います。

1頭目

1頭目にお奨めするのはデンコウアンジュ。

B評価ながら、オークスでも9着時と比べてもあまり変わりない仕上がりまで持って来れていると判断。

オークスで0.4秒差の9着であれば、負けたという印象も着以上には感じません。逆転は難しいかもしれないが、それでもまだまだ前を狙えそうな位置取り。

今回の追い切りだと十分に可能では。

2頭目

2頭目のお奨めはラベンダーヴァレイ。

追い切りでは短距離馬らしい動きを見せていたのは事実で、問題はやはり距離となる。

それでも、動きからは充実さを伺わせる内容だった。

今回は大外で更に長い距離を走る事になり、善戦すら難しいかもしれないが、上位2頭が飛べばそれだけ配当が跳ね上がる今回のローズS。

無理な穴狙いを考えるより、と考えるかもしれないが、こういう時だからこそ強気に攻めていきたい。