【ローズステークス2016最終追い切り】5段階評価とお薦め馬|ジュエラー魅せた

こんばんは、管理人のリッキーです!ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、ローズステークスの最終追い切りについて記載しています。追い切りタイムや映像のチェックから、好調馬をピックアップしてお伝えしています。

秋華賞へ向けて、桜花賞馬とオークス馬が激突する今年のローズS。ジュエラーは怪我明けではありますが、元気な姿を披露してくれました。

秋華賞本番も楽しみですが、ローズSも楽しくなりそうな気がしています。

木曜追い切り馬情報を追加しました!

追い切り考察

評価は【S/A/B/C/D】の5段階評価です。評価についてはコチラをご覧ください。

アットザシーサイド【B】

9月14日(木)栗東 坂路(良)【59.8-42.7-26.5-12.5】

単走馬なり。少し強めに促された感じはしますが、馬なりの範疇。11日に実質的な最終追い切りを終えた形になりました。その時は【51.8-38.3-24.7-12.4】で加速ラップとはいきませんでしたが、状態の良さは感じさせる内容となりました。前走程度の力はしっかりと発揮できると思います。

休養を挟んだことで、逆に自分の力を発揮できそうな仕上がりになってきていると思います。ここを使えば更に良くなりそうなだけに、本番の方が楽しみですね。賞金的にはここで出走権を獲得しておきたいところですが、そのくらいの仕上がりには持って来れていると思います。

アドマイヤリード【B】

9月14日(木)栗東 坂路(良)【53.5-38.6-24.8-12.4】

単走馬なり。表記上は単走となっていますが、実質的には3頭併せの様相。一杯に追われた2頭を横目に、馬なりで2馬身程突き放しているので調子の良さは伝わってきます。

中間は坂路での調整がメイン。8月31日と9月7日としっかりと追われている点はプラスも、本数は今一つ。仕上がりの早さはあるのかもしれませんが、もう少しやってもよかったのではないかとみています。

カイザーバル【B】

9月14日(木)栗東 坂路(良)【54.0-39.0-24.8-12.2】

2頭併せ馬なり併入。脚色的にはカイバザールの方が良かったです。時計はボチボチといったところで、末の時計が伸びています。9月に入ってからの調教が有意義になったと言え、9月4日の調教も加速ラップを刻めて好印象を受ける内容でした。

ただ、チューリップ賞前の追い切りの時計は抜群でしたが、結果は6着だったことからも、あまり時計ばかり気にすると痛い目をみる1頭。ただ、今回の動きは好感も持てる部分もありましたので、仕上がりが悪いということはないと見ています。

クリノサンスーシ【B-C】

9月14日(木)栗東 坂路(良)【53.6-39.0-25.7-12.8】

単走一杯。時計はボチボチかなと思うんですが、ベロを出して走っているのが印象的でした。少し走る気になっていないのかなと感じさせる内容であったことは間違いありません。

ただ、3歳のこの時期に既に16戦していることからも、上昇気配を感じるのは至難の業。恐らく状態を維持すら気にしていないのではないかなと思います。暑い時期の小倉にいましたので、疲労が心配です。

ジュエラー【B-C】

9月14日(木)栗東 P(良)【5F64.8-50.2-36.8-1F11.2】

2頭併せ内末強め2馬身程先着。桜花賞時と同じくポリトラックを選択。5馬身程先行する僚馬を直線に入るまでに捕まえると、あとは引き離して行く内容で動きの良さが目を引きます。

動きはもう1つなのかなと思っていますが、春の8割くらいのところで出走は出来そうです。仕上がりに関しては甘さもありそうですが、雰囲気を含め好走出来る状態には仕上がっています。

シンハライト【B-C】

9月14日(木)栗東 坂路(良)【54.7-39.5-25.1-12.2】

2頭併せ強め1馬身先着。時計は出ていると言える時計です。最後は12.2秒なので、悪いということはありません。全体時計は前走の方が良かったですが、末の時計は今回の方がいいです。

ただ、気になったのが1週前の時計。全体時計は53.5秒で良かったのですが、若干スピードに乗り切れていないようなラップの刻み方をしたので、仕上がりが甘そうな気がしています。時計を出しているのも、この2週のみである点は、本数が足りないのかなと感じさせます。秋華賞を見据えての出走ですが、今回は地力でどこまで行けるか。

デンコウアンジュ【A-B】

9月14日(木)栗東 P(良)【5F66.5-50.2-36.6-1F11.8】

単走強め。状態としては良さそう。雰囲気が良かったですね。春の時と比べて踏み込みが更に強くなったと言えるかなと思います。大きな成長は感じませんでしたが、オークス時に比べると幾分調子は良さそうに感じます。

オークス時に評価を落とした1頭でしたので、今回は素直に立て直してきていると思いますので評価を上げています。

バレエダンサー【B】

9月14日(木)美浦 南W(重)【4F54.8-39.9-1F12.9】

2頭併せ外強め併入。ゴール後に一杯に追われる内容でした。踏み込みの力強さは感じるものの、もう一伸び欲しかったのが実際のところです。良くも悪くも前走維持程度とみるのがいいでしょう。

フロムマイハート【C】

9月14日(木)栗東 坂路(良)【54.6-39.6-25.4-12.3】

単走馬なり。状態としては休みを挟んだ今回と前走時と、殆ど変わりないかなと思います。雰囲気が良かったわけでもなく、促されても反応しているのか見えなかったです。また、前走の方が集中力があったんじゃないかなと思います。素直に評価を1つ落として。

レッドアヴァンセ【B】

9月14日(木)栗東 坂路(良)【53.0-38.8-25.3-12.3】

2頭併せ一杯2馬身先着。追われてから若干のもたつきを見せたのは休養明けだからでしょうか。それでもスピードに乗るとグングンと一完歩ずつ僚馬を突き放していきました。

馬体重の増減に悩まされてきましたが、状態としては今回もやれるだけの仕上がりには持ってきていると思います。ただ、桜花賞とオークスの時の差を逆転できるのかというと、そこまで厳しいのかなと思うのが本音です。

木曜追い切り馬

ラベンダーヴァレイ【A-B】

9月15日(木)栗東 CW(良)【6F83.5-67.7-52.3-38.4-1F12.2】

2頭併せ内馬なり2馬身程先着。状態の良さは伝わってきます。夏場に使われているので仕上がりも早そうでした。

ただ、気になるのがどうもスプリンター寄りじゃないかなと思った点。サラッと走れていますが、鍵は距離への対応だと思います。状態の良さは感じるので、そこをカバーできるかどうか。

追い切り見解とお薦め馬

それでは、追い切りを見てからの見解を述べていきたいと思いますが、今回は先にお薦め馬のご紹介です。

1頭目にお奨めしたいのはジュエラー。2頭目にはシンハライトの2頭です。

さすがG1馬と言わんばかりの動きを披露していました。特にジュエラーは、桜花賞の時の方が良かったとは思うものの、今回も8割から9割くらいのデキのところまで仕上げてきたと思います。

シンハライトの方は、ここでは仕上がりが甘いのかなと感じましたが、それでもさすがの動き。

もう1頭お奨めすると、アットザシーサイドをお奨めしたいと思います。

さて、上昇気配を感じさせていたのがデンコウアンジュ、ただ1頭だけでした。木曜日に追い切ったラベンダーヴァレイの動きも良かったです。

これは見る人によると思いますが、水曜追いのメンバーでこれと言った馬がいませんでした。それこそ、上に書いたジュエラーとシンハライトは、今回の仕上がりは前走より甘いよなぁと感じながらも、それを上回る雰囲気の馬がいません。

この点は、前哨戦なので、全力でここを取りに来て本番へ挑みたいという陣営があってもよかったのかなと思ったんですが、逆にG1馬が出走してきたことで、どこまでやれるかものは試し感覚での出走なのかなと感じます。

その点で言えば、仕上がり良さそうなレッドアヴァンセもお奨めできるんですけど、どちらかと言えばデンコウアンジュの方が良かったかなと思いました。

予想は土曜日の夜に公開予定。台風の心配がありますが、恐らく開催されるでしょう。しっかりと前哨戦から的中を狙っていきたいです。

木曜追い切り馬のチェックを終えて、少し迷います。

ラベンダーヴァレイの動きは良かったからです。距離への対応さえできれば動ける状態にいると思いますので、気になるようでしたら押さえておくのも1つの手段だと思います。具合は良さそうですよ。

2018年もいよいよ残りわずか。
今年こそは競馬でプラスを望んでいませんでしたか?

『平成最後の』という言葉を最近よく目にするようになりました。
いよいよ来年の春には平成の世の中が終わり、新しい年号へと突入していきます。

今年の秋は、勿論ですが、平成最後の秋となります。

さて、突然ですが、あなたは2018年の初めに何を心に決めましたか?

競馬を愛する人は、もちろん『金運上昇』ではないでしょうか。

多くの悩みの殆どは『対人関係』か『金銭問題』です。

競馬をやる人は、初詣では言わずとも、その年初めの競馬に参加するタイミングで『初競馬』と言って験を担ぎます。
今年は勝てるように頑張ろうと思うものです。

さて、2018年の馬券の回収はどうなっていますか?

春先から好調だった人や、夏競馬で大きく負けを作ってしまった人。
夏競馬までは負け続きだったけれど、夏競馬で一気に負けを取り戻した人。
2018年はとにかく安定して勝てている人。

あなたはどのタイプですか?

今年こそはと思って競馬を始めても負けている人は、これまでの買い方や参考情報を変更して馬券を買うことも念頭に秋競馬に挑んだ方がいいです。

そこでご紹介したいのは『うまとみらいと』です。

\ 『金曜競馬CLUB』でもお馴染み! /

無料のお申し込みはこちら

※登録に必要なものはメールアドレスのみ

『うまとみらいと』の最大の特徴は、無料登録すると3つのサイトのサービスを利用できるという点です。

そんなお得なことってありますか?

そもそも『うまとみらいと』は、「競馬の殿堂」・「うまコラボ」・「HIT MAKE」の3つのサイトを吉成周蔵氏が統合して生まれたものです。

『うまとみらいと』に登録すれば、3つのサービスを一気に利用できるということになります。アカウントを作成すれば、3つのサイトを横断できると考えるといいでしょう。

この3つの中で、この文章を読んでいるあなたに1番にオススメしたいのが、指数攻略サイトの『うまコラボ』です。

指数を使って出走馬の力関係を明確に提示してくれますので、力関係はよく分からないレースでも、誰でも簡単に力関係が分かります。

もちろん、指数を使えば馬券が当たるのであれば、みんながみんな指数を利用しています。そう簡単にいかないのが競馬の面白いところでもあります。

しかし、予想のとっかかりがあるのとないのとでは、断然とっかかりがある方が良いです。予想の軸を決めることができるので、時短にも繋がりますから。

うまとみらいとに登録すると、うまコラボ以外にも、競馬の殿堂やヒットメイクを利用することができます。

『競馬の殿堂』は、完全無料主義を貫き、会員との信頼関係を第一に考える鈴木健一氏が作成したコンテンツサイトです。

うまコラボをオススメしていますが、指数が自分には合わないと思ってからでも、他のコンテンツが豊富だから損をした感じは受けないはずです。

登録に掛かる時間は2分も必要ありません。メールアドレスを用意して登録すると、すぐに自動折り返しのメールが登録したアドレス宛に届きます。そこに記載のURLをクリックすると本登録が完了、各コンテンツを利用できるようになります。

簡単登録で3つの統合されたコンテンツを利用できる。
『うまとみらいと』は、これまでの常識を覆す、とっておきの競馬情報サイトです。

この後の無料公開対象レースは以下の通りです。

■11/18(日) 京都11R マイルチャンピオンシップ(G1)
■11/25(日) 東京11R ジャパンカップ(G1)

今登録すれば、G1レースの指数を無料で見れるので、あなたの馬券に大きく影響するはず。

もちろん、毎週午前中のレースは無料登録でご覧いただけるので、これを使って午前中に資金を増やして重賞でデカく勝負することも可能です!

あなたもうまとみらいとに登録して、うまコラボの指数を使い倒してください。

\ 100%本気の情報をあなたに /

無料のお申し込みはこちら

※無料でご利用になれます

スポンサードリンク