プロキオンステークス2019出走予定|想定騎手と推定オッズに有力馬考察

リッキー
ども、リッキーです。ご覧いただきありがとうございます。

プロキオンSの出走予定馬情報をまとめています。想定騎手や推定オッズの掲載に、現時点での注目馬の紹介を行っています。

ドバイGSで2着の実績が光るマテラスカイが登場。1200Mの実績が光る馬だけに、今回の1400Mでどうなのかに注目です。

その他、1400Mの重賞を2勝しているウインムートや、JRAのOPを2連勝と勢いに乗るアルクトスなども顔を揃えました。

それでは登録馬をチェックしていきます。

特別登録メンバー

馬名斤量騎手
アディラート56酒井学
アルクトス56田辺
アードラー56西村淳
ウインムート58川田
ヴェンジェンス56
オールドベイリー56小崎
キングズガード56Mデム
サクセスエナジー57松山
サンライズノヴァ57松若
ダノングッド56鮫島克
ドンフォルティス56秋山
プロトコル56○○
マテラスカイ57武豊
ミッキーワイルド56北村友
ワンダーサジェス54太宰

推定オッズ

馬名推オッズ
マテラスカイ3.2
サンライズノヴァ4.9
ミッキーワイルド5.7
ウインムート7.3
サクセスエナジー8.2
ヴェンジェンス11.2
キングズガード16.1
アルクトス18.6
ドンフォルティス31.9
アードラー58.0
アディラート74.7
ダノングッド119.9
オールドベイリー140.3
ワンダーサジェス241.0
プロトコル281.2

有力馬考察

マテラスカイ
≪牡5/栗 森秀行厩舎≫

【前走】ドバイGS 2着
【父】Speightstown
【母父】Rahy

昨年のこの重賞の覇者で、前走は案外かもしれませんでしたが、ドバイで2着の実績を残しました。ダート短距離でこその馬です。

時計が速いダート戦で特に結果を残しているように、梅雨入り遅れ今週が本格的な雨予報。スピード勝負になるところも、この馬に味方しそう。

ただ、今回は海外帰りでのレース。ドバイ帰りでは、アーモンドアイが安田記念で精彩を欠くなど、一筋縄ではいかないものです。

追い切りなどから、しっかりと状態の良し悪しや馬体の状態を確認していきたいと思います。

サンライズノヴァ
≪牡5/栗 音無秀孝厩舎≫

【前走】さきたま杯 4着
【父】ゴールドアリュール
【母父】サンダーガルチ

昨年の武蔵野Sの覇者ではあるものの、昨年の12月のチャンピオンズCから続けて4戦で馬券外へと飛んでいます。最も、前走のさきたま杯では地方重賞での4着と着外になりました。

ここまで有力馬に名前が上がりながらも不本意な成績が続いていることからも、軸として見るには少々厳しいところも感じます。

ある程度出していくことができればいいかもしれませんが、後方からの競馬ばかり。どうしても展開に左右されてしまう点がありますので、決め手勝負になればチャンスがあるでしょう。

ミッキーワイルド
≪牡4/鹿 安田隆行厩舎≫

【前走】麦秋S 1着
【父】ロードカナロア
【母父】ファルブラヴ

2018年の秋から突如本格化して、ここまで≪2.4.1.0≫と急に安定感が出てきました。しかも、2勝は直近の2戦で挙げたものですから、まだまだ成長していると感じさせてくれる内容となっています。

しかも、前走の麦秋Sでは、3勝クラスという条件戦ながらも後続に4馬身差を付ける完勝でした。能力の高さは前走をみれば分かります。

中団で脚を溜めてという競馬になりますから、外枠は厳しいかもしれません。内枠だと揉まれる可能性がありますので、前走同様に中枠がベストとなりそうです。

前走の勝ちっぷりから人気しそうですが、ダート短距離界に新たなスター候補となれるのか注目です。

今年のプロキオンステークスの特注馬

最後に、現時点で特に注目している馬について記載して終わりたいと思います。

特注馬はこちら→【A】人気ブログランキング

今年は好メンバーが揃った1戦だけに、ゴール前は混戦になっていてもおかしくないでしょう。0.4秒以内に13頭くらいひしめき合ってゴールするのも現実的であるかもしれません。1頭突出した馬はいないと思います。

そんな中で、やはり近走の成績が良い=調子が良い馬を単純に選ぶのも戦略の1つ。

あと、やはりダートは年齢層が広いので、5歳馬6歳馬になってからが本番、みたいなところもあります。その為、馬の層が厚く、クラスが上がると苦戦する馬が多いのはこれを証明しています。

前走条件戦で圧倒的勝利を見せた馬でも、重賞になると駄目になる馬などがいるのも事実で、これは芝とは違う部分です。

ただ、こちらは地方重賞で好走を見せている馬。ダート特有かもしれませんが、ダートG1は2つしかないと思うかもしれませんが、地方交流重賞で賄っています。その為、地方馬と混合で走るため、どうしてもJRA馬が出走できる頭数に制限が出てきてしまいます。

頭数制限で先鋭達が出走するならわかりますが、賞金的な問題や地方独特の小回り、砂の厚さなどから嫌がる陣営も多く、手薄なメンバーだけが揃うことも多々あります。

そういった点では、地方重賞で活躍する馬がJRA重賞で活躍できるかどうかは未知数です。重賞勝ち馬と考えるよりも、もう少しフラットに考えるべきだと僕は思っています。3勝クラス(1600万)は言い過ぎかもしれませんが、JRAのOPレースと比較するのもどうかなと思うくらいのレベルだと思います。OP以下、3勝クラス以上と考えていいでしょう。

と、前置きが長くなりましたが、【A】馬は昨年のこのレースで3着の実績を残しています。と、書くと伏せた意味がありませんがww

その後はやや低迷期がありましたが、年末から前走までの3戦は安定した成績を残しています。もともと、JRAのOPを3勝を挙げるなど能力は高い存在です。ここが層が厚いと言われる部分ですが、OPレースとG3はあまり変わらないと感じる方も多いかもしれません。特に芝を中心にやっている人は。

しかし、ダートはOPとG3との間にも開きがあります。

ただ、近走の調子の良さを考えば、ここでも十分に通用するはずで、あとは追い切りの雰囲気などからしっかりとチェックして予想へ繋げていきたいと思います。

出た!土曜日3連単476.780円馬券!

毎週土日6鞍ずつ計12鞍配信の「利益直結馬」

今週も土曜日に3連単476,780円馬券を早速当ててました!

阪神10R芦屋川特別で、本命に10番キャスパリーグ(4人気)を本命指名。
1着に12人気のブリッツアウェイが入り、本命のキャスパリーグが2着、3着にこれまた穴馬14番ワールドフォーラブが入りました。

日曜日は的中RUSH!純増8枚のRe●ロをも超える時短でしたよww


情報を参考に、3連単は難しくても馬連に変更して購入された方やワイドで大穴を狙われた方、おめでとうございます!!

無料情報の中では、阪神ジャンプSや中山11RレインボーSの3連単も見事に的中していましたよ!参考にされた方、今夜はズバリお肉ですね!

9月16日(月祝)の利益直結馬も既に更新されていました。『今週の利益直結馬』を、無料登録後にご覧ください。メールアドレスを登録するだけの簡単操作でご覧になれます。

大体、利益本命馬が1頭、利益相手馬に4頭、利益穴馬に3頭から4頭が選ばれています。そんだけ選べば当たるさ!と思われる方は合わないと思うのでチェックすらしなくていいと思います。

なんだか面白そうな企画があるんだなと思われる方は、毎週無料で更新されるコンテンツなので、今週の利益直結馬をぜひチェックしてください。

無料の会員登録はコチラから

メールアドレスのみご用意ください