プロキオンステークス 2018 最終追い切り評価|ルグランフリソン上々の動きを披露

おはようございます、リッキーです。いつもご覧いただきありがとうございます。

この記事では、プロキオンステークスの最終追い切り評価について記載しています。
前走の追い切り映像やタイムの比較を行い、今回の調子の良し悪しについて多段階評価を行い、最後に総括を行っています。

帝王賞も終わりダート路線は一息。
秋の大舞台へ向けて賞金加算を考えている陣営は、夏場を使って一気に稼ぐと考えているでしょう。

それでは各馬の追い切り考察を行っていきます。

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

インカンテーション【B】

7月4日(水)栗東 CW(良)
【6F85.2-69.7-55.1-41.2-1F12.9】

単走馬なり。
ゴール後に負荷を掛けられる内容でした。

仕上がり的には変わりなく来ていると言える内容。
追えばまだ時計は出そうなところで走れているのは前向きに見ていいのでは。

全体時計が微妙に見えますが、前走時も全体時計は微妙でしたので、このくらいで問題ないです。
これで状態は整っていると見ていいでしょう。

ウインムート【B】

7月4日(水)栗東 坂路(良)
【53.6-37.8-24.3-12.2】

単走強め。

特に可もなく不可もなくと言ったところ。
脚捌きは良かったです。

ただ、覇気がないと言われればそのようにも感じるし、動きもう1つ状態が上がったら良さそうな雰囲気はある。
それでも概ね整ったのでは。

キングズガード【A-B】

7月4日(水)栗東 CW(良)
【6F81.7-66.5-52.0-38.5-1F12.2】

2頭併せ外強め併入。
首の位置が高くなってしまってスピード感が失われてしまいました。
全体を81.7秒で駆け抜けているので、最後は少々苦しくなったと見てもいいかもしれません。僚馬も同じようなところでの内容です。

並の馬では全体81.7秒はそう簡単に出るわけではないので、今回は上昇気配としておきます。
それだけ状態が良い証拠でもあると見ていますので、楽しみな1頭です。

サイタスリーレッド【B】

7月4日(水)栗東 坂路(良)
【52.3-37.3-24.4-12.5】

単走強め。
しっかりと追われている割にはスピード感は感じずといったところ。
それでも全体52.3秒であれば問題ないか。

時計的には今回の方が良かったです。
ただ、上記の通りで負荷は掛けられているものの、中身が少々心配に感じる内容でした。
全体的にパッとしない印象を受けますので、良くても前走程度の内容と考えていいのではないでしょうか。

サクセスエナジー【B】

7月4日(水)栗東 坂路(良)
【52.5-37.5-24.2-11.8】

2頭併せ強め1馬身程先着。
動きは良かったです。全体時計、そしてラストの時計も良かったです。

ただ、途中まで頭の位置が高くスピードに乗っていないようにも感じます。
それ以上に僚馬の頭が上がってしまって、こちらは失速していますが、最後までしっかりと走れているので、サクセスエナジーの方は特に問題ないようにも感じてしまいます。

時計的には変わりないと言えば変わりない範囲ですので、前走程度で見ておいていいのではないでしょうか。

ダノングッド【B】

7月4日(水)栗東 CW(良)
【6F86.1-68.4-53.5-39.2-1F11.4】

単走末強め。
コース7分から8分を回ってきて、直線では、更に内へ潜っているようにも見受けられます。

全体的には特に可もなく不可もなくの範囲で、追われてからの動きは良かったです。

それでも全体時計がパッとしない状況ですので、状態的には整ってはいる程度で考えていいのではないでしょうか。

ドライヴナイト【B】

7月4日(水)栗東 CW(良)
【4F51.9-38.8-1F12.4】

単走馬なり。
負荷自体は掛かっていない範囲のものとなりましたが、それでもスムーズな脚捌きをしていて好感の持てる内容となっていました。

可もなく不可もなくと言った状況です。
特に悪くはないという評価ですが、前走は決して中身が悪いわけではないので、これでも重賞を好走できる状態にあると見ています。
好走に期待したいです。

ドリームキラリ【B】

7月4日(水)栗東 坂路(良)
【52.0-37.9-24.8-12.2】

2頭併せ強め1馬身程先着。
脚色は一杯に追われた僚馬の方が良かったのですが、先に抜けだしていてそこから粘る内容のものを消化しています。
映像が非常に短いので、それ以外のことは分かりませんが、状態が悪いということないと見ています。

時計的には申し分ないと言えば申し分ない動き。
今回も逃げてくる戦法で来ると思いますが、それに合わせた調教過程だと思いますので、引き続き状態はいいのではないでしょうか。
好走に期待したい1頭です。

ブライトライン【B-C】

7月4日(水)栗東 坂路(良)
【52.4-37.3-24.4-12.5】

単走末強め。
馬なりの範疇と言われれば馬なりの範疇でした。
良いところは感じない内容で、内容的には少々微妙な印象です。

1年振りの出走となりますので、もう少し迫力が増して来たら良さそうに感じます。
現段階では、時計は出ているものの、本番で通用するほど完成しているのかというと、少々微妙なところです。

ブラゾンドゥリス【A-B】

7月4日(水)美浦 坂路(良)
【51.9-38.0-25.1-12.8】

2頭併せ強め半馬身程先着。
掛かっている僚馬に迫られる内容というのは両馬共に不満と言ったところでしょう。
時計自体は特に悪くはないものの、抑えられている僚馬に半馬身差先着というのは地味な動きに見えてしまいます。

それでも時計は前走と比較しても伸びているので、その点では概ね状況的には良さそうにも思います。
上昇気配としておきますが、【A】程の伸びはないと見た。

ルグランフリソン【A】

7月4日(水)栗東 坂路(良)
【54.1-38.7-24.9-12.3】

単走強め。
しっかりと負荷を掛けられている割には全体時計が伸びずという具合です。
動きを見てから時計を見ると地味に見えてしまう内容となりました。

前走と比較すると今回の方が、それでもマシな状況。
前走の最終リハは全く時計が出ていないので、その点で考えれば前向きな評価ができます。
OPで好走歴の多数ある1頭ですので、軽視するのは危険かもしれません。

フォローはしておいていいのではないでしょうか。

木曜追い切り馬

マテラスカイ【B】

7月5日(木)栗東 坂路(稍重)
【54.2-39.4-25.4-12.4】

単走馬なり。
手が動いているようにも見えますが、概ね馬なりの範疇だと判断しています。
時計的には少々微妙なところはありますが、馬なりでラスト12.4秒であれば問題ないか。

間隔が近い部分を考慮しても、これで状態は整ったと見ていいのでは。
ただ、動きと時計がリンクしていないので、少し疲れも見え隠れしている印象は受けます。

前走程度以上に仕上がっているということは考えにくいです。

プロキオンSの追い切りまとめとオススメ馬

以上で12頭の追い切りをチェックしました。

さて、今週の追い切り時計を見てハッとした方も多いかもしれませんが、先週(先週のブログの更新はお休み)から引き続き好時計が連発するものとなりました。
それだけ馬場が軽いということで、負荷が掛かりにくいということです。

ただし、木曜日は一転して雨の影響で馬場状況が悪化。
動かしても時計が伸びないので、その点では負荷は掛かりやすい状況になっているということです。

全体的には水曜追い切りの方が多いので、今回の重賞ではそこまで気にしなくて良いのですが、水曜日追い切り馬は、時計が出易い馬場だったと覚えておくといいでしょう。

さて、今回の追い切りを見て状態を上げてきたと感じたのは、【A】評価のルグランフリソン、【A-B】評価のキングズガード・ブラゾンドゥリスの合計3頭でした。

ただし、【B】評価ながら、インカンテーションとドライヴナイトとドリームキラリの3頭も状態は良さそうですので、上昇馬を選ぶのか、それとも前走程度ながらも好調な馬を選ぶのかが難しく感じます。

日曜日まで影響のありそうな馬場状況まども気にすると、追い切り以外の部分の考察も必要になりますが、一旦、そのことを置いて、追い切りだけでオススメ馬を選ぶと以下の通りです。


  • ルグランフリソン
  • ドライヴナイト
  • ドリームキラリ
  • インカンテーション

このレース、意外とハイレベルになりそう。
追い切り的にはやはり【A】評価のルグランフリソンの動きに期待したいものの、それ以外は少々微妙なメンバーが揃ったと言われれば揃った感じです。

ふじおの軸馬・穴馬スタジアム〜有馬記念編〜

>>今週の無料会員登録スタート!<<

どうも不死身のリーマン競馬魂ふじおです。
寒くなってきましたね。だけど、もうスグ年末の総決算有馬記念!

鬼嫁のお怒りモードも総決算に。。恐ろしい。。
クリスマスプレゼントにお年玉に...お金がトンデイク...。

さて有馬記念重要視するのはこちら。

●JCの走破タイムに注目!!
●中山の実績ある馬に警戒!!

ふじお軸馬◎:キセキ ファン投票第6位
この秋急成長ですね!特にJCの走りは圧巻でした。

理由:JCでアーモンドAの圧巻レコードから+0.3で走破!!
右回りの実績もありますし、川田騎手の捌きにも期待!

ふじお軸馬◯:サトノダイヤモンド ファン投票第5位
理由:引退レースで陣営もメイチの仕上げか!?
JCも従来のレコードよりも速いタイムで走破!
あとはサトノD嫁が好きなんです笑 嫁には逆らえない。。

【ふじお注目穴馬!】
ふじお穴馬◎:パフォーマプロミス
今年の日経新春杯制覇、さらに前走アルゼンチン共和国杯制覇でリズム◎。
C.デムーロ騎手騎乗予定なのも楽しみですね!

ふじお穴馬◯:シュヴァルグラン
こちらは大穴ではありませんが配当妙味を狙って。
JCの走破タイムも◎、そして待ってました主戦ボウマン騎手!!

───────────────────────────────────

有馬記念穴馬の入線も多く荒れ模様も考えられます!

そこで軸馬がはっきりしているサイトがあったら良いと思いませんか!?

私は自分で挙げた軸馬・穴馬を照らし合せて、確かめています。

ここ信頼できるんですよ〜笑

競馬学会】の大きな特徴は、買い目小点数かつ的確で狙い目がわかりやすいこと!

例として先日のラピスラズリSをご覧ください。

フォーメーションで1着1頭軸固定のわずか12点で的中させています!

推奨通り買えば500円なので回収率は圧巻の1318%!!

一着は4番人気ダイメイフジ。
私も穴馬で注目していました!!

たとえ人気でもラピスラズリSは、3着の6番人気リョーノテソーロを
堂々とヒモに絡めて万馬券を獲得しています。穴馬でも入線予想するのは流石すぎます!

こんな感じで基本少点数で一頭軸で的中させてくるんです!

上記の軸馬・穴馬と競馬学会がマッチすれば的中可能性UPかも!?

\ 簡単1分で登録完了! /

無料登録はココから!

競馬学会を信じるのだ!

スポンサーリンク