【桜花賞2016予想】追い切りなどから好調馬2頭の馬連ワイド

1日1回の応援クリックにご協力お願いします.+゚*。:゚+オネ(●´ω`)人(´ω`○)ガィ.+゚*。:゚+

にほんブログ村 競馬ブログへ  

こんばんは、リッキーです。ご覧いただきありがとうございます。

この記事では桜花賞の予想について書いています。

桜花賞は1600Mで行われる牝馬3冠の1冠目。この後にオークスと秋華賞が行われます。

来週には皐月賞が行われます。昨年は1番人気のルージュバックを選択し撃沈。レッツゴードンキを選んでいたにも関わらず惜しいレースとなりました。

今年はそのリベンジに燃えているので、是が非でもの思いがあります。

予想の考察

桜花賞の最終追い切りの様子はこちらにまとめています。

今年は阪神牝馬Sが阪神1600で行われたので、その結果からヒントになりそう。

まず、昨日の阪神牝馬Sで書いた考察を再度ここにも書きたいと思います。

阪神1600Mは内枠がやや苦戦しているコース。スタートしてから直線が長い関係でどうしても先行争いが続いてしまうため比較的好ダッシュを見せた馬が最後の直線で飲み込まれていくというレースが頻繁に見られるコースでもあります。

しかし、外枠も外枠でコースロスが大きくなり易いレイアウトのため、外枠からスタートしても内に進路が欲しいところで、外のままの位置取りになるとロスが大きくなり伸びにくくなるので注意が必要です。

そして、昨日の阪神牝馬S。残念ながら予想は大きく外れたものの、結果は5枠の2頭が1位2位に入り、3位4位には6枠の2頭が入った。

1枠から3枠の3頭は軒並み崩れており、やはりコースレイアウト上、内枠が苦戦しているのが分かる。

それは、予想前にいつもチェックしてるKLANでも、やはり阪神1600Mは内枠が不利な傾向。勝率では8枠が優勢で連対率では7枠と8枠が抜けている。内枠が苦戦しているのは明らかなコース。

そして、勝ったスマートレイアーは逃げて優勝。今の阪神の馬場は逃げても残れると言える馬場状況であるのは間違いない。

その辺りも加味して考えると1頭目はあの馬を選ぶのがいいだろう。

1頭目はメジャーエンブレム

1頭目にはメジャーエンブレムでいいだろう。

追い切りも順調な仕上がり。一部ではローテーションが不安視されているが、菊花賞はセントライト組が苦戦しているデータを跳ね除けてキタサンブラックが優勝したように、データは過信し過ぎてもよくはない。

ここは追い切りの動きを信頼するべきで、特に1600Mで行われる桜花賞は堅いと見るべき。

内枠が苦戦している中での3枠も積極的な材料とはならないものの、これまでの成績が抜けているだけに問題ないだろう。

2頭目はラベンダーヴァレイ

2頭目にはラベンダーヴァレイを選びたい。

サインの記事でもお薦めしていたが、追い切りの動きも良かった。

外枠に入ったのも大きく、枠の利、そして展開を考えると十分に浮上は可能。

前走はハイレベルな1戦での3着。決してここでダメだということはない。

最終リハの動きが本番でも出来ればここなら大丈夫だろう。

まとめ

比較的人気サイドを選んだ形となったが、メジャーエンブレムラベンダーヴァレイの馬連とワイドで勝負したい。

想定馬連オッズは17倍前後、ワイドは5.5倍前後を見込んでいます。

ただ無料登録をするだけで!

ちょっと気になる高松宮記念。実は、シルクロードステークスに注目なんです。

高松宮記念【データ1】

18年ファインニードル
→シルクロードS1着

17年セイウンコウセイ
→シルクロードS2着

16年ビッグアーサー
→シルクロードS5着

過去3年の勝ち馬は前走シルクロードSを5着以内だった馬が独占

【今年の該当馬】 【想定人気】

アレスバローズ   7
ダノンスマッシュ  1
ティーハーフ    13

個人的にはダノンスマッシュ、レッツゴードンキ、ナックビーナスを中心に馬券にしようかなと!

でも、やはり最近無料情報で的中してる競馬学会さんを見てからにしようと思います。

フラワーカップでも、三連複ながし・BOXで負けさせない、点数少なめからの馬券は自分に合うなと思ったのでこれからも使っていきます。

今週は3月24日(日)第49回 高松宮記念(G1)の厳選買い目、無料公開は決定しています!

(土曜21時公開)高松宮記念→無料
(金曜21時公開)配当上がりそうな厳選1鞍→無料

確認メールきたらクリックしてログイン。
競馬学会を使うと、今夜のおかずがちょっと豪華になる楽しみが増えますよ。些細なことですが、食べたいものを食べられるというのは嬉しいことですよ。

\ 1分で登録完了! /

無料会員になる方はコチラから

登録にはメールアドレスを入力するだけです

スポンサーリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク