【桜花賞2021 出走予定】想定騎手と推定オッズなど掲載!ソダシの連勝はどうなる!?

出走予定馬
この記事は約5分で読めます。

2021年4月11日に行われる第81回桜花賞の出走予定馬情報をチェックしていきたいと思います。

2021年4月11日(日曜) 2回阪神6日
3歳OP 牝(指定) 定量
コース:1,600メートル(芝・右 外)

特別登録24頭

優先出走7頭・賞金上位9頭・抽選2/4頭・除外4頭
馬名負担重量騎手
エリザベスタワー55川田
メイケイエール55横山典
ストゥーティ55岩田康
シゲルピンクルビー55和田竜
ヨカヨカ55
ミニーアイル55藤岡康
ジネストラ55北村宏
ソダシ55吉田隼
ホウオウイクセル55丸田
アカイトリノムスメ55横山武
サトノレイナス55ルメール
ファインルージュ55福永
エンスージアズム55岩田望
ストライプ55田辺
ソングライン55池添
アールドヴィーヴル55Mデム

抽選(2/4)

馬名負担重量騎手
オパールムーン55○○
ククナ55藤岡佑
ゴールドチャリス55浜中
ブルーバード55柴田大

除外

馬名負担重量
エイシンヒテン55
スパークル55
ヴァーチャリティ55
エトワールマタン55

推定オッズ

人気馬名予想オッズ
1ソダシ2.7
2サトノレイナス3.6
3アカイトリノムスメ6.5
4メイケイエール10.5
5エリザベスタワー13.8
6アールドヴィーヴル17.3
7シゲルピンクルビー18.6
8ソングライン32.0
9ファインルージュ41.2
10ヨカヨカ53.3
11ククナ67.7
12ホウオウイクセル75.9
13ストゥーティ109.6
14ジネストラ138.0
15ミニーアイル181.7
16オパールムーン214.3
17エンスージアズム266.9
18ストライプ318.5
19ブルーバード324.9
20ゴールドチャリス332.4

今回の単勝オッズはこんなところではないかと思います。
一部、netkeiba様の情報を基にしております。

有力馬考察

ソダシ≪牝3/白 須貝尚介厩舎≫

【前走】阪神JF 1着
【父】クロフネ
【母父】キングカメハメハ

2020 阪神ジュベナイルフィリーズ

無敗の阪神JFで制し、2歳女王に輝きました。

白の馬体が特徴的で、これからもファンがどんどん増えていきそうです。

前走の阪神JFでは、最後は厳しいかなと思ったところから差し返す勝負根性を披露。

今回は1人気になりそうですが、意外にも阪神JFで勝った当日1人気の馬が負けるのが桜花賞。

昨年もレシステンシアが敗れ、一昨年もダノンファンタジーが敗れました。3年前はラッキーライラックがそうでしたが、敗れてしまいました。

アパパネが阪神JFを制し、桜花賞も制しています。
懐かしい名前と思われる方もいるかと思いますが、それ以来の快挙となるか。

今回は前哨戦を使わずに直行を選択。
このまま無敗でG1レース2勝目となるか。

サトノレイナス≪牝3/鹿 国枝栄厩舎≫

【前走】阪神JF 2着
【父】ディープインパクト
【母父】Not For Sale

無敗のG1制覇が掛かった1戦でしたが、ソダシの前に敗れてしまいました。

着差はハナ差というものでしたが、ソダシとの力関係は互角のようにも見えました。

この春に掛けての成長力が、どっちが上かというところになるでしょう。

走りを見ると、軽い馬場が合いそうですので、雨が降ると厳しいか。
ディープインパクト産駒の得意舞台ではあるものの、苦い思いをした阪神JF。
この春成長した姿を見せてほしいです。

アカイトリノムスメ≪牝3/黒鹿 国枝栄厩舎≫

【前走】クイーンC 1着
【父】ディープインパクト
【母父】キングカメハメハ

2021 クイーンカップ アカイトリノムスメ

ソダシのところで書きましたが、阪神JFを制し桜花賞を制しているのはアパパネまで遡らなくてはいけませんが、そのアパパネを母に持つのがこの馬。

赤い鳥(アパパネ)の娘というストレートな名前。

新馬戦こそ敗れはしましたが、2戦目の牝未勝利を勝ってから、赤松賞とクイーンCと3連勝を収めました。

クイーンCの3着には、アルテミスSで2着だったククナがいます。
アルテミスSの覇者はソダシ。
ソダシからは1馬身3/4差ということで、ククナも注目されています。

クイーンCでは上がり最速とはなりませんでしたが、赤松賞では最速の33.9秒をマーク。
桜花賞は特に末脚勝負となることが多いですので、末脚が活きる展開になれば十分に浮上できる。

能力の高さはこれまでの結果が示していますので、あとは本番で自分の走りができれば十分に勝ち負けに絡めるはず。

現時点での注目馬

最後に現時点での注目馬をご紹介して終わりたいと思います。

現時点での注目馬は、≪A≫人気ブログランキングです。

前走はチューリップ賞で3着ながらも、勝ち馬との差はクビ差。

展開が向いたとは言え、有力馬が揃った中での3着は価値ある3着でした。

春に掛けてさらに成長してきた姿を見せましたので、ここではあっさりとはいかないまでも、一矢報いる走りに期待。

以上、桜花賞の出走予定馬情報でした。

タイトルとURLをコピーしました