大阪杯 2018 出走予定|想定騎手と推定オッズに有力馬考察まで

大阪杯の出走予定馬について記載しています。
想定騎手や推定オッズの掲載に、有力馬考察と現時点で注目している馬についても記載しています。

大阪杯は距離2000MのG1レース。
中距離を得意とするメンバーが勢揃い。

注目は4歳馬のスワーヴリチャード。まだG2までしか勝っていませんが、G1初制覇となるかどうか。
実績では最上位のサトノダイヤモンドも侮れません。
皐月賞馬のアルアインやマイルCSを制したペルシアンナイトなど、メンバーは揃いました。

春のG1シーズンは始まったばかりですが、宝塚記念までの上半期のG1を全力でサポートしていきたいと思いますので、追い切り情報等も参考にしていただければ幸いです。

大阪杯の登録馬17頭

馬名斤量想定推オッズ
アルアイン57川田3.5
ウインブライト57松岡24.8
ゴールドアクター57吉田隼41.3
サトノダイヤモンド57戸崎3.3
サトノノブレス5758.4
シュヴァルグラン57三浦9.8
スマートレイアー55四位84.6
スワーヴリチャード57Mデムーロ3.1
ダンビュライト57浜中16.5
トリオンフ57田辺21.4
ペルシアンナイト57福永14.7
マサハヤドリーム57北村友547.2
ミッキースワロー57横山典12.4
メートルダール57松山211.5
ヤマカツエース57池添32.4
ヤマカツライデン57菱田485.2

回避

馬名斤量
マルターズアポジー57

有力馬考察

サトノダイヤモンド
≪牡5/鹿 池江泰寿厩舎≫

【前走】金鯱賞 3着
【父】ディープインパクト
【母父】Orpen

3歳秋の神戸新聞杯から4連勝で菊花賞と有馬記念を制覇。
有馬記念ではキタサンブラックを撃破するなどの活躍を見せました。
春天ではキタサンブラックに逆転されますが、しぶとく残り3着を確保し秋は海外へ向かいます。

フォワ賞では4着、凱旋門賞では15着でさっぱりでしたが、ディープインパクト産駒らしい重たい馬場で苦戦した形。
日本の高速馬場ならばまだまだいけるでしょう。

前走の金鯱賞は3着となりましたが、稍重で良馬場ではありませんでした。
G1級も揃った1戦でしたし、海外明けの1戦でしたので、それでも走ったと評価していいのではないかと思います。
33.7秒の最速上り時計で駆け抜けていますし、明らかに最後は気を抜いた3着でした。

まだまだやれるところを見せたところでも御の字でしょう。

距離はもう少し長くても良いかもしれないと思いながらも、しっかりと立て直されてきているような1週前の追い切り内容でしたので、最終リハを見て決めたいと思います。

アルアイン
≪牡4/鹿 池江泰寿厩舎≫

【前走】京都記念 2着
【父】ディープインパクト
【母父】Essence of Dubai

昨年の皐月賞馬で、ダービーでは5着に食い込みました。
ただ、最後の勝ち星がその皐月賞で、近年の皐月賞馬らしいというべきか、皐月賞のみを勝った馬で言えば思い出されるのはイスラボニータ。
イスラボニータはセントライト記念を制していますが、その後マイラーズCを勝つまでに時間を要しました。

アルアインも同じような印象は受けますが、どこか決め手に欠ける印象は受けます。
ただ、2000Mを超える距離では厳しいのではないかと思いますので、2000Mの今回は楽しみな1戦でもあります。

ただ、このレース以降は距離延長となるので、できれば2000Mのここは好走は最低限して、秋天への望みを繋ぎたいところ。

シュヴァルグラン
≪牡6/栗 友道康夫厩舎≫

【前走】有馬記念 3着
【父】ハーツクライ
【母父】Machiavellian

昨年秋のジャパンCではキタサンブラックを撃破。
有馬記念でも詰め寄るところは見せましたが、最後は力負けした格好となりました。

実績だけなら並みの馬では出せない成績ではありますが、もう1つ勝ち切れないところは善戦マンの印象は強いです。

今回は有馬記念以来の実戦で、いきなりG1が舞台。
距離的にも恐らくは春天を本命視していると思うのでここは叩きとなる1戦。
そうなると、先を見据えた作りをしてくるのではないかと考えることもできるので、勝負度合いは弱いか。

スワーヴリチャード
≪牡4/栗 庄野靖志厩舎≫

【前走】金鯱賞 1着
【父】ハーツクライ
【母父】Unbridled’s Song

ダービーでは2着の実績を残し、秋初戦はアル共杯から復帰。
見事G2を勝つと、年末の有馬記念に照準を絞ります。
結果は4着も、勝ったキタサンブラックとは0.2秒差で、2着クイーンズリングや3着シュヴァルグランと比べると同タイム決着でした。
力の差は極めてないに等しいと判断してもいいでしょう。

ただし、有馬記念は秋1戦を使われてからの1戦でしたので、余力は十分の中での1戦でした。
それでも4着に沈んだと考えると、評価に迷う部分はあります。
消耗度は一番小さい1頭でしたので。

前走の金鯱賞は、2着にサトノノブレスが入るなどレースレベルには疑問も残る1戦。
サトノダイヤモンドでも触れましたが、2頭共に海外明けの1戦でしたので、ここから立て直されていくのに対し、国内で休養をとっていた割には半馬身差というのはどう評価するべきか。
内へ潜り込んでの1戦でしたので、外を回ったサトノダイヤモンドの方が良化の可能性が高いとも判断できる1戦でした。

また、スワーヴリチャードと言えば、左回りでは連対率100%と、左回り巧者。
右回りとなる阪神でどのような競馬ができるのかには注目です。

現時点での注目馬

最後に現時点で注目している馬について記載しておきます。
現時点で注目しているのは、ヤマカツエースです。

前走は金鯱賞で4着でしたが、昨年の同じローテを歩みます。
昨年は金鯱賞1着から挑んだ大阪杯で3着でしたが、今回は更にメンバーが揃った中で4着に入れたのは、休み明けを考えると上々の結果でしょう。

2000Mではこれまで好成績を残していて、阪神の舞台も割引必要は感じられません。

もっとも、東京2000Mはこれまでこけているので、東京2000Mでなければ大丈夫という評価でいいはずです。

今回は前走の負けが印象的で人気が落ちるはず。
複穴にもなれる1戦ですので、しっかりと追い切りを確認してどのようなパフォーマンスとなるのかには非常に注目しなければなりません。

以上、大阪杯の出走予定馬情報でした。

レープロが今週の地方競馬の鉄板馬を無料で提供!

競馬予想サイトでなかなかないtwitterを使ったリアルタイム配信。
そして、手に入り辛い「外厩情報」を駆使して的中を届けてくれている「レープロ

先週はエルムステークスを的中!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△

8月12日(日)札幌11R
エルムステークス
3連単 154,000円獲得!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△

レープロの豊富な情報網は地方競馬まで及んでいます。
毎週火曜日に無料で鉄板馬を紹介しているので、すぐ無料登録することをおススメします!
今週は地方競馬も大きいレースが目白押しですからね。

twitterをチェックしながら無料コンテンツを読み漁ってください。
火曜日から土曜日まで毎日のように更新されます!

メアド登録して確認メールのURLからログインしてください。
今週は地方競馬を楽しみながら、週末の札幌記念に備えましょう!

今週の鉄板馬
「地方競馬ちゃんねる」
無料で地方競馬の鉄板馬を紹介!

地方競馬・札幌記念の情報を見に行く!

今すぐ無料登録をされる方はコチラから

スポンサードリンク
ブログランキングに参加しています

もしよろしければ、1日1クリックの応援をよろしくお願いします。

  • 競馬ランキング
  • にほんブログ村 競馬ブログへ

シェアする

フォローする

スポンサードリンク