【大阪杯2016出走予定馬】騎乗予定騎手と推定オッズ

こんにちは、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、今週末に行われる大阪杯の出走予定馬と騎乗予定騎手と推定オッズなどについて記載しています。

宝塚記念と天皇賞秋を制したラブリーデイやJCを制したショウナンパンドラや菊花賞馬のキタサンブラックなど有力馬が集まりましたね。

有力馬が続々と休養から戻ってきていますのでしっかりとチェックしていきたいと思います。

  • アクションスター 56.0 – 502.0
  • アンビシャス 56.0 横山典 3.2
  • イスラボニータ 57.0 蛯名 18.4
  • キタサンブラック 58.0 武豊 4.6
  • ショウナンパンドラ 56.0 池添 4.5
  • タッチングスピーチ 54.0 福永 12.0
  • トウシンモンステラ 56.0 – 613.5
  • ニシノビークイック 56.0 – 1022.6
  • ヌーヴォレコルト 54.0 岩田 8.2
  • マイネルラクリマ 56.0 丹内 242.2
  • ラブリーデイ 58.0 Mデムーロ 3.1
  • レッドレイヴン 56.0 柴田善 222.7

有力馬の考察

ラブリーデイ

前走は有馬記念5着。父キングカメハメハ、母父ダンスインザダーク。

昨年は宝塚記念と天皇賞秋を制しG1・2勝を含む重賞6勝を挙げる活躍の1年となりました。

距離3000M以上だと活躍できず、また年末の有馬記念を見ると適正距離は持って2400M辺りと言えそう。

今回はG1優勝馬も多数揃っており、G2ながらもスーパーG2という雰囲気もあり一筋縄ではいかないだろうが、2000Mであれば自分のレースに持ち込めれば強さを発揮できるはず。

キタサンブラック

前走は有馬記念3着。父ブラックタイド、母父サクラバクシンオー。

昨日の高松宮記念ではサクラバクシンオー産駒のビッグアーサーが優勝しましたが、やはりこの血が入っているという事は距離の限界があると思われていた。

ただ、皐月賞では3着、ダービーでは誤算もあり14着に敗れたが、菊花賞では3000Mの距離を最後に鋭く伸びて優勝を飾り、G1馬の仲間入りをしました。

スプリングSの勝ち鞍や皐月賞での好走、セントライト記念の勝ち鞍などを考慮すれば2000M前後がベストと言える。

ラブリーデイというその距離のスペシャリストがいるが、こちらも侮れない。

今回は武豊騎手とのコンビで、力強い走りに期待がかかる。

ショウナンパンドラ

前走はJCを優勝。父ディープインパクト、母父フレンチデピュティ。

昨年のスタートも大阪杯から。ラキシスの9着に敗れ続けて挑んだVMは8着。そして宝塚記念で3着に入る激走を見せて上半期を終えると、秋はオールカマーを制し天皇賞秋では4着に敗れるも、JCで優勝を飾る活躍を見せました。

昨年の秋以降の結果は強いの一言。4歳秋で一気に能力が開花した格好。

ただ、昨年の11月末から休養に入っており、やや他の馬より休みが長い印象。その点を考えればやや不利だとも言える。

宝塚記念からオールカマーで活躍しているので鉄砲はききそうだが、このメンバーでどこまで走れるかでしょうか。昨年大敗しているだけに、もしかするとこの時期が苦手なのかも。

アンビシャス

前走は中山記念2着。父ディープインパクト、母父エルコンドルパサー。

前走で一気に自身の価値を高めた格好。

前走の勝ち馬はドゥラメンテ。3着にはリアルスティールと、先日行われたドバイで結果を残した2頭相手に接戦に持ち込んでの2着。この馬の強さを改めて感じさせたとも言える。

今回は前回叩かれて挑むだけに更に良化していると言える。

ここをきっちりと好走して、本番を迎えたいところだろう。

イスラボニータ

前走は中山記念9着。父フジキセキ、母父Cozzene。

昨年からスタートがうまく決まらない事が多くなり、この馬の持ち味を消してしまっている状態。

スタートさえ決まればレースになりそうだが、ここ最近のスタートを見ると楽観視よりも不安視せざるを得ない。

厳しい戦いになるだろうが、スタートがポイントになりそう。

ヌーヴォレコルト

前走香港C2着。父ハーツクライ、母父スピニングワールド。

昨年はVMから宝塚記念の流れは調子落ちも感じさせたが、秋以降はオールカマー2着、エリ女2着、香港C2着と、字の如く善戦続き。

重賞勝ちは昨年の中山記念で、約1年勝ち星から遠ざかっている。

勝ち切るには展開も必要になる脚質だけに、展開を味方にしなければならないが、それ以上に勝負強さに不満が残るレースばかり。

ただ、距離が2000m未満だと忙しくなっているところもあり、距離は2000M辺りがベストと言えるでしょう。

現時点の注目馬

1週前の段階で注目しているのがタッチングスピーチ

勿論、推定オッズなら注目してみたい1頭と言う感じ。

1週前の追い切りでは、抜群の動きを披露。坂路で【50.8-37.6-24.9-12.5】と最後は時計を落としてはいるが、非常に好ラップを刻んでの動きを披露。

前走時の雰囲気以上で出走出来そうで、このメンバーでもの思いは強いですね。

今年まだ満足な的中を創り出していない方必見

このサイトは、安価な的中を出すだけではなく、しっかりと満足して頂ける配当を提供しているサイトです。

J.H.A.専属馬券師から高配当限定の買い目が1回無料でもらえます。
これがオススメポイントなんです。

いきなりお金を出すというのは敷居が高いですからね。

勿論、無料会員のままで全く問題がありません。無料コンテンツだってありますから、興味が湧いたコンテンツは利用し続けることができます。

直近の的中実績を見れば、このサイトの凄さが伝わるでしょう。

2019-01-20 京都9R
睦月賞
3連単9点 98,300-

2019-01-20 京都8R
4歳上500万下
3連単12点 143,880-

2019-01-20 中山7R
4歳上500万下
3連単12点 1,081,200-

2019-01-20 中山6R
3歳新馬
3連単9点 1,693,620-

2019-01-20 中山4R
3歳新馬
3連単9点 415,620-

2019-01-20 京都4R
4歳上500万下
3連単9点 555,420-

2019-01-20 中山3R
3歳未勝利
3連単10点 2,536,600-

2019-01-19 京都8R
4歳上1000万下
3連単9点 161,700-

2019-01-19 中山8R
4歳上500万下
3連単9点 638,280-

2019-01-19 中山7R
4歳上500万下
3連単8点 744,660-

2019-01-14 京都6R
3歳新馬
3連単6点 84,880-

2019-01-14 中山3R
3歳未勝利
3連単8点 242,340-

2019-01-13 京都12R
4歳上1000万下
3連単12点 873,160-

2019-01-13 京都11R
日経新春杯(G2)
3連単9点 52,650-

2019-01-13 中山9R
黒竹賞
3連単8点 110,390-

2019-01-13 京都7R
4歳上500万下
3連単9点 1,234,920-

2019-01-13 京都4R
3歳500万下
3連単9点 221,500-

2019-01-13 中山4R
4歳上障害未勝利
3連単9点 1,496,700-

2019-01-13 中山2R
3歳未勝利
3連単8点 173,250-

2019-01-12 中山11R
フェアリーS(G3)
3連単8点 383,180-

2019-01-12 京都10R
北大路特別
3連単18点 2,028,450-

2019-01-12 中山7R
4歳上500万下
3連単9点 146,760-

2019-01-12 中山6R
3歳新馬
3連単8点 922,880-

2019-01-12 中山3R
3歳未勝利
3連単8点 168,420-

2019-01-12 京都2R
3歳未勝利
3連単9点 195,660-

2019-01-12 京都1R
3歳未勝利
3連単8点 343,770-

この冬、まだ思い通りの的中を出せていない方は必見!
少点数で導く会心の一撃の力を利用してみませんか?

今度はあなたが体感する番です。

今登録すると愛知杯の無料予想が貰えますので、損はないと思います。

あなたの予想力を向上させるものなので登録してください。

\愛知杯の勝ち方を知りたい方!/

無料会員になって愛知杯の予想をチェックする

スポンサーリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク