フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから

オークス 2017 出走予定|想定騎手と推定オッズと有力馬考察

2017/5/15/

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事では、5月21日に実施されるオークスの想定騎手入りの出走予定と推定オッズ(15日深夜更新)について書いています。
有力馬の考察と、現時点で注目している馬の掲載も行っているので、興味ありましたらご覧ください。

牝馬3冠の2戦目、オークス。
距離2400Mということで、オークスの1週間後に行われる日本ダービーと同様の距離となっています。
牝馬にとっては厳しいタフな距離なので、やはりここを勝てる馬というのは強い証ともなります。
桜花賞を制したレーヌミノルの2冠となるか。
それとも、桜花賞で1人気の期待を裏切ったソウルスターリングの巻き返しはあるのか。
他路線から思わぬ馬が活躍するのか。
非常に楽しみなレースです。

今週もしっかりと追い切りをチェックし、好走馬を見つけていきたいと思います。

リッキー
ヴィクトリアMは、アドマイヤリードを1頭目に推奨したにもかかわらず、相手が来なかった...

こてつ
どんなに惜しくても、外れは外れだ

リッキー
6人気を1頭目に推奨しているのに...

ちゃちゃ
外れは外れです

だけど、とんでもない馬を選ぶことはなくなってきた感じは受けるので、早く回収率100%越えに戻したい><

出走予定馬

優先

馬名斤量想定推オッズ
レーヌミノル55池添7.8
リスグラシュー55武豊3.6
ソウルスターリング55Cルメール3.1
モズカッチャン55和田25.3
ヤマカツグレース55横山典48.3
フローレスマジック55戸崎10.6
ブラックスビーチ55北村宏32.5
カリビアンゴールド55田中勝65.8

賞金順

馬名斤量想定推オッズ
アドマイヤミヤビ55Mデムーロ4.9
ハローユニコーン55田辺37.2
ブラックオニキス55大野256.9
ディーパワンサ55内田博143.6
ミスパンテール55四位50.8
ディアドラ55岩田72.6
ホウオウパフューム55松岡28.9
マナローラ55蛯名365.9
モーヴサファイア55北村友265.3

抽選(1/6)

馬名斤量想定推オッズ
アドマイヤローザ55石川裕135.6
アルメリアブルーム55668.5
アンネリース55柴田大1058.9
ブルークランズ55柴山658.4
ムーンザムーン55柴田善478.2
レッドコルディス55吉田豊261.5

有力馬考察

ソウルスターリング
≪牝3/青鹿 藤沢和雄厩舎≫

【前走】桜花賞 3着
【父】Frankel
【母父】Monsun

前走は桜花賞でまさかの3着。馬場の適正が無かったと言っても、もう少し食らいついて欲しかった。
クビ差で敗れたリスグラシューは交わして欲しかったというのが本音ですね。
最後の直線では伸びを欠いた理由の1つに、手前を何度か変えたというのがあるので、馬場に戸惑ったという見方が正しいでしょう。

今回は2400Mの距離で行われるため、距離適性があるのかどうかが気になる部分です。
父は言わずと知れたフランケル。主に1600MのG1を勝っていますが、キャリア最後のチャンピオンSでは2000Mの距離をこなしています。
母スタセリタは、Cルメールを背にヴェルメイユ賞(2400M)やディアヌ賞(2100M)を制しているように、母方の方が距離不安はないでしょう。
2000Mまでは血統的には持ちそうな見方もできますが、今回は2400M。

能力だけで勝ち上がれるだけの素質は秘めているので、その点では軽視は禁物です。

レーヌミノル
≪牝3/栗 本田優厩舎≫

【前走】桜花賞 1着
【父】ダイワメジャー
【母父】タイキシャトル

桜花賞では8人気の低評価ながら、2着以下に半馬身差をつける完勝でした。
池添騎手の好騎乗も光りましたが、地力の高さを改めて証明した形になりました。
先行した馬はいずれも掲示板に載っていませんので、ペース的には厳しいものとなったと言えるでしょう。

それでも最後に伸びているので、強さが光る1戦だったと見る方が賢明です。

ただし、さすがに2400Mは長い印象で、ダイワメジャー×タイキシャトルの血統ではさすがに難しいか。
内枠に入いれば複圏内はありそうくらいで見ておきたい1頭ではあります。

しかし、桜花賞はどちらかと言えば最後は持久力勝負のような形にもなりました。
中距離を勝てるだけの豊富なスタミナが必要だったと、後から言われるレースになったかもしれないと見ると、なかなか興味深い勝ちだったとも言えるでしょう。

リスグラシュー
≪牝3/黒鹿 矢作芳人厩舎≫

【前走】桜花賞 2着
【父】ハーツクライ
【母父】American Post

桜花賞2着ではあったものの、距離の融通は有力馬の中でも利くと見るべきでしょう。
父ハーツクライということも、この馬の距離適性の可能性を感じることができます。

あまりキレる脚を持つイメージがないハーツクライ産駒の馬ですが、この馬はデビューから安定した末脚を見せていて、桜花賞でも4位ではあるものの、上がり1位から2位(タイ)までの馬は3着~6着でした。
パワーを必要としている馬場でこそ輝く1頭なのかもしれませんが、開催が進んだ東京の馬場を考えると、展開も鍵になりそうですが、面白い1頭であることは間違いありません。

上で名前を挙げた2頭に比べると、距離への融通は利くでしょうし、ここまで安定した結果を残し続けている堅実タイプというのも頼もしい馬。
オークスで善戦止まりの可能性もありますが、間違いなく軽視は禁物な1頭です。

現時点での注目の穴馬

最後に現時点で注目している馬を書き記しておきたいと思います。
今回は超穴馬となりそうな1頭です。

ヴィクトリアMは荒れる決着となりましたが、比較的堅い決着の多いオークス。
それでも、狙ってみたい1頭を紹介しておきます。

その馬は、ヤマカツグレースです。

フローラSでは2着という結果で、しかも荒れたレースでの2着。
レース前は、あまり期待されていない1頭でしたが、終わってみれば2着と上々の結果を出せました。

道中は2番手追走というレース運び。
勝ったモズカッチャンは、枠の利が大きくある中での勝利。
この馬も4枠からのスタートで、不利を被ったとまでは言えませんが、内目の馬よりかは好枠とは言えない中での走り。
残り200Mの地点で先頭に躍り出ると、最後は差される形になるも、見せ場は十分に作った。

距離は伸びても良さそうで、味のあるレースをしていました。
恐らく人気はないでしょうが、地力の高さは証明した形になりましたので、面白い1頭だと見ています。
以上、オークスの出走予定馬情報でした。

重賞無料提供開始ー天皇賞春

4月29日は天皇賞!!
元調教助手田端正照氏重賞無料公開予定
毎週更新!!最新的中実績

会員登録後無料コンテンツを見てください。

たくさんの人材を抱える「シンジケート」その数なんと「43名」!
各情報を集め、精査されているからこそ信頼の提供につながっているんです。
地方重賞も網羅するシンジケートの優良情報見たくないですか!?

登録するなら今がチャンス!

田端正照重賞無料予想はメ―ルアドレスのみで受け取り可能です。

今すぐ無料登録をされる方はコチラ

-出走予定馬
-