オークス 2017 予想|穴馬候補ヤマカツグレースから馬連ワイドの2点勝負

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事では、5月21日に実施されるオークスの最終見解と予想について記載しています。
桜花賞は伏兵レーヌミノルが制しましたが、牝馬クラシックを制するのはどの馬なのでしょうか。
巻き返しを狙うソウルスターリングや桜花賞との2冠目を狙うレーヌミノルなど、注目馬が多数出走してきましたね。

それでは、最終見解から予想へという流れで書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

オークスの最終見解

オークスが行われるのは、東京2400M。
牝馬にしては長い距離を走りますが、殆どが初距離となるので距離適性が掴みづらいのが特徴です。

過去10年のオークスを見返しても、1人気で優勝したのは、ブエナビスタ(09)・アパパネ(10)・シンハライト(16)と、たった3頭のみ。

例年以上に今年は混戦で難解。
シンハライトは怪我をしているため分かりませんが、ブエナビスタとアパパネはいずれも桜花賞を制している2頭ですので、相当な力を持っている馬が1人気にならなければ勝てないという見方ができます。
今年も伏兵馬が活躍しそうですね。

人気1着2着3着以下勝率連対率複勝率
1331330.0%60.0%70.0%
2131510.0%40.0%50.0%
3201720.0%20.0%30.0%
4101810.0%10.0%20.0%
5212520.0%30.0%50.0%
600190.0%0.0%10.0%
7100910.0%10.0%10.0%
801270.0%10.0%30.0%
9101810.0%10.0%20.0%
10000100.0%0.0%0.0%
11000100.0%0.0%0.0%
12000100.0%0.0%0.0%
1301090.0%10.0%10.0%
14000100.0%0.0%0.0%
15000100.0%0.0%0.0%
16000100.0%0.0%0.0%
17000100.0%0.0%0.0%
1800080.0%0.0%0.0%

伏兵馬の活躍も見られる過去のオークス。
それならば、今年のオークスは追い切りで好調な穴馬がいましたので、その馬から素直に狙ってみたいと思います。

オークスの予想は今回も馬連とワイドの2点勝負

1頭目は追い切りで上昇気配のヤマカツグレース

追い切りでは元気いっぱいなところを見せて本番に向かえるので、前向きな見方をしたい1頭です。
今回、枠順が7枠15番と外枠に入りましたが、実はあまり枠順は気にしなくていいのがオークスの特徴です。

1着2着3着以下勝率連対率複勝率
1101185.0%5.0%10.0%
23111415.8%21.1%26.3%
3012170.0%5.0%15.0%
4110185.0%10.0%10.0%
52211510.0%20.0%25.0%
6002180.0%0.0%10.0%
7232236.7%16.7%23.3%
8211256.9%10.3%13.8%

ご覧の通り、7枠に関しては5連対、8枠でも3連対と結果を残しています。
外枠に入ることで、他の馬に惑わされずに走れる点が、このような成績に繋がっているのだと思います。

7枠からの先行と考えると不利になりそうな見方も当然できます。
しかし、追い切りの動きを見ると、明らかにここがメイチ仕上げ。もうお釣りはありません。
距離が伸びて良いタイプだと思いますので、1頭目はヤマカツグレースからいきたいと思います。

2頭目は巻き返しに期待したいフローレスマジック

前走は明らかなデキ落ち、前哨戦仕上げでした。

フローレスマジック自身、ここまで重賞で思うように勝てていません。心配材料を挙げるならばその部分です。
ただし、これまでも初重賞勝利がオークスだった馬が、この10年で3頭が該当するなど、実はこれまでの実績は殆ど気にしなくてもよいのも特徴です。
牡馬クラシック路線では、どこかの重賞を勝利していなければ勝てないと言われていますが、桜花賞とオークスではそんなことはありません。

ここまで≪1.2.2.0≫と複勝圏を外さない堅実な走りが売りの1頭。
逆に言えば、1勝馬ではありますが、今回は追い切りからでも好調さを伺わせるものがありましたので、狙ってみたい馬です。

オークス予想のまとめ

今回は、15.ヤマカツグレースと3.フローレスマジックの馬連とワイドで勝負したいと思います。
ワイドでも30倍程度を見込んでいる組み合わせですので、ワイドが当たるだけでも大きいですね。
勿論、僕は馬連が当たることを祈っています。

あと、気になるのはレーヌミノル
距離の融通が利くかどうかわかりません。
しかし、追い切りの動きは紛れもなく桜花賞時と変わらず元気なところを見せてくれていました。

ただ、やはり距離の融通が利かない可能性があり、そしてこの馬にとっての7枠は歓迎材料とは言えませんでした。

ソウルスターリングは、1枠からのスタートで、距離の融通は利きそうです。
しかしながら、桜花賞での3着は、決して馬場のせいだけでもないように思います。
藤沢厩舎お得意の運動量は多いものの、負荷を掛けない追い切りなので、正直、好調不調というのが見えてこない部分があります。
それでも、迫力を感じる仕上がりだったかというと、それだとヤマカツグレースの方が迫力もオーラもありました。

僕の中でG1を勝つ馬とは、『迫力とオーラが相まっている馬』が必須条件だと思っています。
追い切りの映像をレーシングビュアやYouTubeなどでご覧になった方は分かると思いますが、無音ですので全く高揚感などは感じません。
どちらかというと殺風景とも言えます。

そんな中、G1を勝つ馬、G1クラスの馬は、ハッとさせられる馬というのがやはり多いです。
ソウルスターリングは、その部分は少し足りなかったのかなと思っていて、桜花賞での敗因が馬場の影響だけであればいいのですが、調子が単純に悪い状態であったというのであれば、今回もその可能性があります。
藤沢厩舎の馬は、コース追いでも馬なり調整が多いので、あまり見えてこないのが難点です。

今回は勝負の消しで挑みたいと思います。

後書きが長くなりましたが、オークスの予想を終わります。

万両賞で驚異の回収率230%を達成!!

今週は2歳王者決定戦
朝日杯FS(G1)が開催!

【主な出走予定有力馬】
サリオス/サウジアラビアRCを完勝!
レッドベルジュール/デイリー杯で重賞勝ちでスミヨン騎手が鞍上!
タイセイビジョン/京王杯2歳S勝ち馬。あと1ハロン延長を武豊騎手がどう乗るか?

このあたりが有力ですが相手選びが混戦で難しそうなレースです。

そんな混戦なレースを当てて儲けるには、ある程度の軍資金が必要。
そこでおすすめなのがここの予想の無料買い目!

【実際の的中買い目】

左の12/1(土)阪神9R万両賞
回収率230%を達成!

右の11/24(日)京都4R
こちらも回収率149%!

先日、阪神JF優勝のレシステンシアを本命で回収率950%!

三連複6点800円4,800円投資 →45,600円獲得してます。

そして、今週ユニコーンが選んだ予想は、日曜の尾張特別!
年末から新年明けてしばらくはどうしても出費がかさむし、競馬のイベントも一杯!だから、ユニコーンを使って的中を作っていきましょう!

尾張特別無料で買い目を見に行く↓↓↓

\ 1分で登録完了! /

無料申し込みはこちら

エントリーは↑からメール登録のみ。
前日20時に予想が配信されますのでチェックして一緒に当てましょう!

スポンサーリンク

SNSでのシェアにご協力お願いします!

フォローしてください!