【オークス(優駿牝馬)2016出走予定馬】想定騎手と有力馬考察

おはようございます、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事ではオークスの出走予定馬と想定騎乗騎手と有力馬の考察を行っています。

桜花賞を優勝したジュエラーは骨折によりオークスを回避。現在は社台ファームにて秋の復帰に向けて療養を続けています。骨折といってもそこまで大きな怪我ではないということで、秋華賞を目標に復帰してくるということなので秋以降の楽しみとなりますね。

ただ、今回の登録には桜花賞で接戦となったシンハライトや3着のアットザシーサイド、その他のレースからもチェッキーノなどが出走登録を済ませています。

今年も見所満載のレースになることは間違いなさそうです。

出走予定馬

左から馬名・斤量・想定騎手

登録は24頭。フルゲートは18頭。

優先出走と賞金順

  • シンハライト 55.0 池添
  • アットザシーサイド 55.0 福永
  • チェッキーノ 55.0 戸崎
  • アウェイク 55.0 吉田豊
  • ジェラシー 55.0 横山典
  • フロムマイハート 55.0 石橋修
  • ウインファビラス 55.0 松岡
  • エンジェルフェイス 55.0 Cルメール
  • デンコウアンジュ 55.0 川田
  • ゲッカコウ 55.0 柴田大
  • レッドアヴァンセ 55.0 田辺
  • ロッテンマイヤー 55.0 Tベリー
  • ダイワドレッサー 55.0 三浦
  • フロンテアクイーン 55.0 蛯名

抽選(4/5)

  • アドマイヤリード 55.0 岩田
  • キンショーユキヒメ 55.0 松山
  • ダンツペンダント 55.0 —
  • ビッシュ 55.0 Mデムーロ
  • ペプチドサプル 55.0 四位

除外対象

  • アオイプリンセス 55.0 —
  • クィーンズベスト 55.0 —
  • サクレディーヴァ 55.0 —
  • ネオヴェルザンディ 55.0 —
  • ハマヒルガオ 55.0 石川

有力馬考察

シンハライト

前走は桜花賞で2着。父ディープインパクト、母父Singspiel。

前走は2cmの差で桜花賞馬の称号を失ってしまいました。それでもあの叩き合いは凄くスリリングでしたね。手に汗握るレースでした。

今回は距離延長が鍵となりそうですが、父ディープインパクトですからそこまで距離への不安は感じません。それでも動き出しのタイミング次第ではレースが大きく変化すると思いますし、得をする馬、損をする馬が出てくるのは仕方がないことでしょう。

目標にされると思いますので、この馬がいつ動き出すのかによってレースの内容が大きく変化しそうです。

チェッキーノ

前走はフローラSを優勝。父キングカメハメハ、母父サンデーサイレンス。

重賞で2勝を挙げたコディーノを全兄に持つチェッキーノ。前走のフローラSで重賞馬の仲間入りを果たしました。

その前走は東京の長い直線を活かして後続に大きく差をつけて最後は余裕ある走りを披露しました。本番のオークスでも楽しみな1頭となりました。

それでもフローラSの勝ちタイム1:59.7は、最後流したとは言え古馬1000万クラスの時計とそこまで変わらない内容だった点で見れば、レースレベルに疑問も。

それでも不利とされる8枠大外からスタートしての完勝だけに、時計以上の強さを見せたとも言える。コディーノの全妹だけに距離不安があったものの前走で一蹴した形。注目の1戦でしょう。

アットザシーサイド

前走は桜花賞で3着。父キングカメハメハ、母父アグネスタキオン。

ここまで5戦して2勝3連対4複勝圏と安定感を発揮。馬券外に飛んだ阪神JFでも5着と掲示板は確保。

それだけに堅実さが売りの1頭。

前走は最後にジュエラーに交わされ3着になりましたが、馬場の真ん中をついてスムーズに加速、シンハライトに並ぼうかとしていましたが、最後は距離の壁があったようにも見える内容で、2400Mという距離が鍵となりそう。

メジャーエンブレムとの叩き合いは制しているので、重賞未勝利ではあるものの力はいつ重賞を勝ってもおかしくないでしょう。

1週前の考察

今回は桜花賞馬のジュエラーが回避したことにより予想が難しくなりそう。ここでもジュエラーとシンハライトの叩き合いを見たかったという人が多いはず。

それでもあの叩き合いに負けはしたもののシンハライトが登録している時点で、最有力はシンハライトということになります。

今回のオークスで気になるのは、そのクラシックを目標に王道路線で進んできた馬がいいのか、それとも裏街道を歩んでオークス出走への切符を手に入れた馬を見るべきなのかというのがポイントになるといっていいでしょう。

NHKマイルCをクラシック路線を歩んだメジャーエンブレムとロードクエストの2頭がワンツーを決めたことで、クラシック路線で活躍した馬が強いと言えるかもしれません。

それでは他の路線はどうなのかというと、上の有力馬の考察でも書いたように、今年のフローラステークスの勝ちタイムは最後に流していたとしても古馬条件クラスの時計。

仮に、チェッキーノが優勝することがあれば、今年の牝馬のレベルが低いということにもなりかねませんので、個人的にはクラシック路線を歩んできた馬に活躍を願いたいところ。

注目馬

やはりクラシックを目標に出走ローテを組んでいた中でも、私が注目しているのがデンコウアンジュ。

ややギアの入りが甘い同馬。桜花賞のフォトパドックを見ても分かるように、馬体的には距離が伸びた方が面白いと思う。

今回は巻き返しのチャンス到来だとみています。

ユラノト買えなかった雑魚wwwwwwww

今年のフェブラリーSが終わりました。
買ったのは断然の人気に応えた形の武豊騎手騎乗のインティでした。

2着にもゴールドドリームと堅い決着。馬連と馬単までの人は、この2頭さえ買っていれば的中となったわけです...。

しかし、問題は3連系の馬券を買った人で、3着のユラノトを買えたか買えなかったという部分。

  • 福永騎手を信頼できなかった。
  • 根岸Sの内容を評価しなかった
  • 8人気は買えない
  • 名前が弱そうww

切った人は色々な事情で買い目から消してしまったという人が多かったと思います。

僕はというと、意気揚々とフェブラリーSを終えることができましたが、某掲示板で面白ネタを探していると、『ユラノト買えなかった雑魚wwwwwwww』というスレが立っていました。

意外にも、買えない人が多かったんだなと思いました。

逆に、僕はなぜ買えたのかというと、≪利用者10万人の競馬指数「うまコラボ」
というサイトを参考にしていたからです。

\ フェブラリーS的中! /

うまとみらいとをチェックする

うまコラボは指数で結果を残し続けています

うまとみらいとは、説明がメンドイのですがww、自分が主に使っているのは『うまコラボ指数』というものです。
指数という名の通り指数を提供してくれています。

先週はフェブラリーSの指数が、そして今週は中山記念の指数が無料公開されるのですが、実は各競馬場の午前中のレースも無料で提供されています。

指数上位6頭には要注意、積極的に買いたいところなんですが、ちなみに、フェブラリーSの指数はこんな感じでした。

インティ 指数順位1位
ゴールドドリーム 指数順位5位
ユラノト 指数順位3位

ゴールドドリームが指数5位というのは驚きましたが、一方でユラノトを高く評価している指数が算出されていました。

これがあったらフェブラリーSを的中させることができたかもしれません。

ユラノトを買えずにフェブラリーSをハズシたあなた、今週の中山記念はうまコラボ指数を使って、的中を導き出しましょう!

\ 指数と言えばコラボ指数 /

無料会員登録を行って無料指数をチェックする

メールマガジンに登録するだけで指数を見ることができます