【オークス2016サイン】CMなし。プレゼンターなし。キャッチコピーは…。

こんにちは、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます!

この記事では、オークスのサインについて記載しています。

残念な事に、サインに繋がりそうなCMやプレゼンターはありませんでした。

それでも、サインに繋がりそうな事を見つけていきたいと思います。

キャッチコピーは「ときめく感性が瞬く春、究極の美は時を超えて語り継がれる。」

オークスのキャッチコピーが更新されていました。

ときめく感性が瞬く春、究極の美は時を超えて語り継がれる。

究極の美というフレーズは、花や宝石などに当てはまりそう。

シンハライトの馬名の由来は「宝石名」で、母名から連想されています。

母シンハリーズはアメリカンオークスで3着やデルマーオークスで優勝するなど、アメリカで活躍した馬です。しかも、夏場の西海岸における芝3歳女王決定戦のデルマーオークスを制しているので、世代を超えてという言葉もマッチします。

その他、月下香の漢字が馬名由来となっているゲッカコウ。チューベローズの和名です。

バラの最高品種の1つであるエンジェルフェイス。

この辺りが究極の美に当てはまりそう。

ただ、究極の美と時を超えて語り継がれるの2点を満たしているのはシンハライトのみ。瞬くというのも、宝石の輝きを表しているのであれば合致しているでしょう。

タックスヘイブン

今話題になっているニュースの1つにタックスヘイヴン、租税回避地というものがあります。

Tax=税、Haven=避難所という意味で、楽園を意味するHeavenとは違うらしいですね。

もうオークスのサインでは有名になりましたが、タックスヘイブンという祖母を持つアットザシーサイドには要注目なのかもしれません。

ベッキー謝罪のニュースが駆け巡った1週間

もう1つ、大きなニュースと言えばベッキーの謝罪。テレビでSMAPの中居さんとともにTV出演を果たし、テレビ復帰のニュースが駆け巡りました。

そこで、ベッキーに関連する馬といえばずばりゲッカコウ

上のキャッチコピーのところでも書いたように、ゲッカコウは和名で月下香。英語名はチューベローズ。

花言葉はズバリ「危険な関係」「危険な楽しみ」。

このタイミングでのベッキーの再復帰に、色々と繋がりそうだなと感じます。

ベッキーの危険な楽しみはバレてしまって大変なことになりましたが、オークスでゲッカコウが優勝しても、大荒れとなりそうですね。

関連:【オークス2016最終予想】馬連とワイドで勝負!1頭目はシンハライト|「爆穴」〜的中率が低くても回収率で勝負するブログ