ニュージーランドトロフィー 2019 最終追い切り評価|最終リハで輝いたのは!?

クリック応援をよろしくお願いします!
 最強人気ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ

どうも、リッキーです。
ご覧いただきありがとうございます。

※メイショウショウブがこちらに回ってきたので、オススメ馬などを変更しています。(2019年4月4日23:44追記)

ニュージーランドトロフィーの最終追い切り評価を行っています。

まだ3歳の春の季節。
どの馬がどの追い切りを消化してくるのかというパターンは見えてきません。

また、クラシック路線から脱落したメンバーが出走してきているので、内容の良し悪しというのはあまり見えてきません。
なかなか難しい考察となると思いますが、しっかりと動画を見てから、好調馬を見つけていきたいと思います。

注目のアガラスは、美浦南Wを66.9秒で駆け抜けました。
最終リハという意味では順調に来ていると思いますが、どこかパッとせず。

その他の馬の調子の良し悪しについてもしっかりと確認していきたいと思います。

2019年のNZTの追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

アガラス【B】

4月3日(水)美浦 南W(良)
【5F66.9-51.4-37.3-1F12.5】

2頭併せ強め併入。
4馬身ほど後方を追走して、直線入ったところでは1馬身後方辺りから馬体が並びかけるところ。

ただ、最後は併入止まりと、それまでの勢いはどこへ行ったという感じになってしまいました。

ただ、前走がどうったかというと、同じような追い切りを消化。
前走は突き抜けて今回がダメということではなく、後方追走から馬体を並べたらそこから併入ままという形。

その点では変わりないと言えるでしょう。
特に時計も変わりはありません。

アフランシール【B】

4月3日(水)美浦 南W(良)
【4F51.9-37.5-1F13.1】

単走強め。

首の位置が高いのが少し気になりました。
また、直線入ったところで恐らく進行方向に対して右へ斜行しているようにも見えます。
鞍上が馬の脚下を気にするような素振りを見せていました。

時計は悪くはない範囲。

前走時は掛かるような素振りを見せる内容で、その点では今回の方が落ち着きがあって良い。

ただ、その分、追われてからの反応は前回の方が良かったので、その点ではどちらも微妙。

推進力があったのは前走も、今回は落ち着きがあったものの見た目は地味という形。

どちらかがこの馬の好調時の動きなのかは、このレース次第となりそうです。

ヴィッテルスバッハ【B】

4月3日(水)美浦 南W(良)
【5F67.8-52.7-38.6-1F12.7】

2頭併せ強め併入。
脚色は僚馬の方が良かったです。

脚色は悪いようにも見えましたが、極端に悪いというわけじゃなく、合わせようとしてちょっと遅れたかなという程度でしたので、特に悪くはないと思います。

特に悪いとは思いません。
この馬の追い切りはこの程度だと思いますので、この程度で見ておきたいと思います。

エリーバラード【B】

4月3日(水)美浦 南W(良)
【4F53.2-38.5-1F13.2】

3頭併せ外末強め併入。
ゴール後に鞭が入る内容となりました。

直線入ったところでは僚馬を待つ余裕を見せましたが、直線ではやや遅れる形。
ゴール前に並ぶと、ゴールしたところで鞭が1発入る内容でした。

全体的にはチグハグなものと感じますが、一度交わされてから併入に持ち込んだのは前向きに見ても良さそうです。

グラナタス【B】

4月3日(水)美浦 南W(良)
【4F53.4-39.7-1F13.3】

3頭併せ内強め1馬身先着。
1馬身後方を追走し、馬体を並べながら直線へ。

僚馬の方が不甲斐ない動きをしていただけのようにも感じますので、グラナタスが凄く良い動きをしたということはないと判断します。

軽やかな走りをしていて、動き自体もまずまず。
特に何かが悪いとは感じませんでした。

首がもう少し上手に動かすことができればとは思いましたが、許容範囲でしょう。

全体的には悪いくはないと思います。
雰囲気も悪くはないです。

ココフィーユ【B】

4月3日(水)美浦 南W(良)
【4F53.6-39.1-1F13.0】

3頭併せ中強め1頭併入、1頭3馬身先着。
前に外を走る馬を置いて、内から僚馬が詰めてくるような形での追い切り。

外を走る馬は口を割っていて、精彩を欠いたようになっていましたが、併せたのは外を走る馬でした。
特に悪くはないと思いますので、概ね良好程度に見ておいて良さそうです。

前走時は坂路追いでしたが、今回はコース追いを選択。
結果が出ていないので、パターンを変化させるのは悪いことではないです。
これで結果が出てくれれば。

コスモカレンドゥラ【B-C】

4月3日(水)美浦 南W(良)
【4F55.1-40.6-1F12.5】

2頭併せ内強めクビ差ほど先着。
ゴール後も追われていましたので、上記以上に走っています。

僚馬の方が掛かっていたので、先着できたのは良かったとは思いますが、抜け出してからもたもたとした印象は受けます。

ただし、前走時の方が雰囲気的には良かったと判断していて、今回はメリハリがやや薄れたように思いました。
デキで言えば前走の方が良かったように思いました。

時計的にはあまり差のないところですので、状態的にはあまり変わりなく走れているものと思われますが、少々地味に見えたので評価を少し落としておきます。

ダイシンインディー【B】

4月3日(水)美浦 南W(良)
【5F69.0-53.1-39.3-1F13.0】

2頭併せ外強めクビ差先着。

コース6分から7分ほどを通過しているので、時計は参考程度まで。

走りの雰囲気は悪くなく、前向きに見たいほど馬体の可動域は柔らかい。

あとは芝でどこまで対応できるのか。

ホープフルサイン【A-B】

4月3日(水)美浦 坂路(良)
【56.6-41.1-26.6-12.9】

2頭併せ強め半馬身先着。
脚色は僚馬の方が良かった。
それでも先着はしているので、状態が悪いということはないと思います。

前走時は減速ラップを刻む内容でしたが、今回は加速ラップを刻んでいます。
1週前の内容も意欲的な乗り込みで、最後は大きく時計を落としたものの、51.3秒-14.4秒で坂路を駆けています。

今回は新しい時計の刻み方をしているので、新しいパターンを取り入れています。
変わり身がある可能性はありますので、前走が全てだと思わずにチェックしておく方がいいでしょう。

ミッキーブラック【B】

4月3日(水)栗東 坂路(良)
【54.0-39.3-25.8-13.1】

2頭併せ強め1馬身先着。

危険だったのが、斜め前を走る他陣営の馬が大きく斜行して、ミッキーブラックの方向へすっ飛んで行ったこと。
もう少しタイミングがずれていたら、恐らく僚馬の方には衝突して、それに押される形でミッキーブラックはラチへとぶつけられていたかもしれません。

ただ、手綱を引いたということもないので、カメラの角度的に近く見えたのかもしれませんが、実際はもう少し離れていたのかなとも思います。

さて、動きは悪くはない範囲。
有力馬の1頭と目されているようですが、これまで順番に動きを見てきた中ではなかなかの動きをしていると感じました。
それでもいつも通りの動きまで。
ホープフルSや前走の若葉Sと比較しても、時計的には変わりません。

今回のメンバーでは動きが良いように感じた程度で、上昇度はあまりないでしょう。

メイショウショウブ【A-B】

4月3日(水)栗東 坂路(良)
【52.3-37.8-24.0-11.7】

単走強め。

進行方向に対して左へと流れたものの、ラストは11.7秒と上々の時計をマーク。

前走時の最終リハでは2頭併せで追われた内容でしたが、今回は坂路でしっかりと負荷を掛けてのものでした。

仕上がり的には今回の方が良かったのかなと思います。

1週前の記事で、首を上手に使えればと書いていましたが、動きは悪くなく良かったです。

デキは前走以上と判断したいと思います。

ワイドファラオ【B-C】

4月3日(水)栗東 坂路(良)
【56.4-41.5-26.7-12.6】

2頭併せ末強めクビ差程先着。
脚色は僚馬の方が良かった。

デキは悪くはない範囲。
ただ、力強さはあまり感じずで、淡々と走れている程度までです。

新馬戦から勝ちきれないレースが続きましたが、前走を勝てたことで一変の可能性をと思いましたが、追い切り的にはここを使ってからという印象を受けました。
前走の方が仕上がりはいいでしょう。
一息入ってから今一つ戻ってきていないのかなと感じる部分はあります。

NZTの追い切りまとめとオススメ馬

メイショウショウブから桜花賞からこちらに回ってきたので、オススメを変更します。

今回の追い切りで上昇気配と感じたのは【A-B】評価のホープフルサインのみとなりました。

ただ、明確に上昇したというよりも、これまでのパターンを変更しているので、上昇しているのではないかと推測できるだけの材料があるという部分での評価です。

個人的にはミッキーブラックの動きの方が好きです。
走りのフォームなどを含めた部分では、ミッキーブラックが安定しているように思いました。

オススメで言えば、ミッキーブラックの方がいいのかなとは感じましたので、そのまま1頭目にオススメします。

あとは、勝負度合い的には変わらず。
NHKマイルCを目指すというよりも、ダートから芝路線で試したい陣営や、マイル路線には疑問が残るけれど、目の前の目標的にはマイルを試してみるというような陣営が多いのかなと感じました。

あとは、桜花賞やほかのレースとW登録している馬がいますので、そのあたりを見てから考察を入れたいと思います。
現状では以下の通りオススメしておきます。

メイショウショウブは上昇気配の1頭。
しかも、桜花賞出走を狙っていただけに仕上がりは良好。
となれば、無条件で買っておくべき1頭だと判断していいでしょう。

  • メイショウショウブ
  • ミッキーブラック
  • ホープフルサイン
  • グラナタス

4頭目はランキングへのご協力ついでにお願いいたします。
あまり人気のない馬だと思いますが、個人的には前向きに見ている1頭です。

メイショウショウブを1番目にオススメすることにしましたので、そのまま1頭目にオススメしていたミッキーブラックを繰り下げ2番手オススメにします。
その為、4頭目にオススメしていたアフランシールは、押し出される形でオススメ馬から外しました。

以上がNZTの追い切り考察となります。