【日経新春杯2016最終追い切り】5段階評価と推奨馬

こんにちは、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、日経新春杯の最終追い切りタイムと5段階評価について記載したいと思います。

ハンデ戦で行われるレースで、距離2400mと春のG1を見据えての出走してきた馬もチラホラ感じるレースとなっています。

しっかりと追い切りをチェックして、好走してくる馬を見つけていきたいと思います。

追い切り考察

評価は【S/A/B/C/D】の5段階評価です。評価についてはコチラをご覧ください。

アドマイヤフライト【B-C】

1月14日(木)栗東 坂路(良)【61.8-42.8-25.8-12.1】

単走馬なり。全体時計があまりに遅いので、最後まで加速ラップを刻めているのは当然としても、やっぱり全体の時計の遅さが気になります。

コスモロビン【B-C】

1月13日(水)美浦 南W(良)【4F53.4-40.0-1F13.9】

3頭併せ外強め1頭1馬身遅れ1頭1馬身先着。3頭併せの外を走ったにしても、さすがに最後の時計は遅すぎる時計。軽く流した程度であれば問題ないものの、追ってはいるので心配材料です。

サトノノブレス【B】

1月14日(木)栗東 坂路(良)【55.7-40.6-25.8-12.6】

単走強め。この馬らしい動きで、いつも通りの追い切り内容。中間の動きをみても前走程度は走れるとは思いますが、上積みは感じませんでした。

シャドウダンサー【B】

1月14日(木)栗東 CW(良)【5F71.2-54.8-39.9-1F12.1】

3頭併せ中馬なり併入。この中間は坂路に入ったりと色々なメニューを消化。休みを挟んだことで、雰囲気はよくなっているんじゃないかなと思う内容でした。久々なところが心配材料ではあるものの、動きなどの雰囲気は良かったと思います。

シュヴァルグラン【B】

1月14日(木)栗東 CW(良)【7F99.7-83.3-68.2-54.0-40.0-1F13.6】

2頭併せ内4馬身程先着。僚馬が残り1Fあたりからズルズルと後退していく内容で、この差はあまり気にしなくてもいいでしょう。調教駆けしない2頭の追い切りなんで、それを考えればこの差は良かったのかもと思うものの、時計が平凡過ぎて少々怖い1頭ですね。

ダービーフィズ【C】

1月13日(水)美浦 坂路(良)【53.6-39.4-26.6-13.5】

単走強め。追い切りはいつもこんな感じで最後のラップを落とすのですが、今回は3F目から徐々に後退ラップを刻んでいる点は気になるポイントです。まだ前走の方が内容が良かったかなと思いますので、今回は評価を1つ下げて。

ダコール【C】

1月14日(木)栗東 坂路(良)【53.8-38.9-25.6-13.4】

単走強め。もう少し体に柔軟性が欲しいところ。一息入れた影響か、やや体に硬さが見られる内容でした。

プロモントーリオ【B】

1月13日(水)美浦 坂路(良)【57.6-41.6-26.4-12.3】

単走馬なり。10日に坂路で加速ラップで全体52.8秒をマークしているの点を考えれば、最後は流した程度の追い切り。それでも最後は12.3秒をマークして好調さが伝わってきます。前走アル共杯の時と同じようなデキで走れると思います。前走はゴールドアクターに敗れはしたものの、メンバーが変わってここは面白いのでは。好走に期待したいです。

ベルーフ【B】

1月14日(木)栗東 CW(良)【6F85.7-69.6-54.3-39.3-1F12.8】

3頭併せ内末一杯1頭1馬身半、1頭4馬身程先着。除外明けということもあり、どのくらいキープできているのかが焦点だと思いますが、雰囲気は良かったと思います。最後はそれでも詰め寄られる内容でしたが、状態はキープ出来ていると思います。

メイショウウズシオ【B】

1月13日(水)栗東 坂路(良)【54.6-40.2-25.9-12.7】

単走強め。首の位置が高く、動きも今一つと言った内容。前走程度の仕上がりと見るのが良さそうで、ここでも厳しいのでは。

メイショウカンパク【B】

1月14日(木)栗東 坂路(良)【54.9-39.3-25.7-12.9】

単走馬なり。上昇気配は感じず、こちらも前走程度の仕上がり。更に間隔も詰まっていて、厳しいのでは。

レーヴミストラル【A-B】

1月14日(木)栗東 CW(良)【6F87.7-71.1-55.4-40.6-1F11.7】

単走一杯。ゴール板を過ぎても少々追われる内容でした。末の時計も良いですし、雰囲気も良かったです。若干、追われ始めてからの反応が怪しいかなと感じますが、これだけ末の時計を出せていれば問題ないと思います。雰囲気は、前走に比べて、今回の方がいいのかなと思います。

お薦め馬

以上、12頭の追い切りをチェックしていきました。

今回の追い切りで、上昇気配はレーヴミストラルがやや良くなっているかなと思う程度で、殆ど前走程度の仕上がりだろうと思います。

一番良く見えたのはレーヴミストラルでした。

次点ではプロモントーリオ、もう1頭と挙げるとベルーフ、この3頭の追い切り内容は良かったと思います。

以上の3頭には注目されてみてください。

稼ぎたいという夢を掴む

吉成周蔵氏が発起人となり、これまでバラバラだった「うまコラボ」「Hit Make」「競馬の殿堂」のサービスを統合。
競馬ファンが夢を掴む場所を作りたいという思いに賛同したサイトが堂々集結して生まれたのが「うまとみらいと」です。

タダで会員登録を行う方はココから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。
メールマガジンはいつでも解除することができます。

うまコラボは多数のWEBサイト、そしてWEB広告でも取り上げられていたのでご存知の方も多いはず。
超大手ウェブサイト(Ya○oo!Japan)の広告にも出稿していましたので、サイトの安全性は折り紙付き。審査が厳しいのが今の広告業界ですから。

競馬の殿堂は、完全無料を貫くことで会員との間に信頼関係を築くことを念頭に運営。
Hit Makeは、城戸氏が穴一筋15年で運営されてきたサイトで、これまでも多くの会員に笑顔と多くの配当を提供してきました。

話題になるほどまでに成長した「うまとみらいと」の一体何が凄いのか?

その1つは、完全無料から使うことができるという点。

例えば「うまコラボ」は、うまとみらいとに無料登録するだけで、各開催競馬場の午前中レース+その週の無料対象重賞1つの指数が見放題。

「競馬の殿堂」は、的中率90%オーバーを誇り、「Hit Make」では穴馬探しもお手の物。

会員数10万人以上の圧倒的な会員数を誇る「うまとみらいと」だからこそできる、これまで積み上げてきた実績、そして信頼。
多くの会員様に賛同していただけることは誇りでもあります。

皆さんの疑問に思っているかもしれません。どうやって稼いでいるのかということです。
何も悪いことはしていません(笑)

ちゃんと有料サービスもあります。
月額定額のものや買い切りのもの、有料の部分がないと運営はできませんから。
しかし、有料サービスへの念押しがなくても、有料会員数も右肩上がりで伸びています。

それは、無料で満足できなくなった会員が多いということ。
裏返せば、無料会員だけで得られる利益だけでは満足できなくなったという証拠ではないでしょうか。

今始めなければ、きっとあなたは後悔する。

もちろん、うまとみらいとを知らないのであれば、後悔しようもないでしょう。
しかし、今、この瞬間、知ってしまった、うまとみらいとの存在を。

あなたの知らない競馬の世界、少しだけ勇気を出して広げてみませんか?

的中・利益の全てが詰まった情報がこのうまとみらいとにはあります。
競馬に未来への可能性を感じたい方は、今すぐ無料の会員登録をするところから始めましょう。

ちなみに、今週の無料対象レースは『菊花賞』
今登録すれば、今週末の指数公開に間に合う。だから今登録するのをお薦めします。

無料会員登録はコチラから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。メールマガジンはいつでも解除することができます。
仮登録メールが送られてくるので、本登録を済ませてご利用いただけます。

スポンサードリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク