日経新春杯2019出走予定|メイショウテッコンら17頭が登録

クリック応援をよろしくお願いします!
 最強人気ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ

ども、リッキーです!

1月13日の日経新春杯の出走予定馬情報をまとめました。
想定騎手と推定オッズなど、予想の参考となる情報をまとめていますので最後までご覧いただければ幸いです。

さて、注目馬を先に紹介しておきます。
今回の注目馬は【A】人気ブログランキングです。

人気ブログランキングに選んだ馬の理由なども紹介していきます。

まずは登録馬をチェックしていきます。

日経新春杯の想定騎手入りの登録馬

馬名斤量想定推オッズ
アイトーン54国分恭85.6
アフリカンゴールド52ミナリク7.4
ウインテンダネス56内田博16.2
エーティーサンダー51酒井学365.3
ガンコ57藤岡佑14.5
グローリーヴェイズ55Mデム2.9
ケントオー55和田564.7
サラス49松若143.6
シュペルミエール55北村宏24.8
ダッシングブレイズ56福永198.5
ノーブルマーズ56高倉19.6
マサハヤドリーム55北村友502.3
ミライヘノツバサ56○○103.5
ムイトオブリガード56川田5.4
メイショウテッコン56武豊3.8
ルックトゥワイス55岩田10.2
ロードヴァンドール56横山典38.4

日経新春杯の有力馬考察

グローリーヴェイズ
≪牡4/黒鹿 尾関知人厩舎≫

【前走】菊花賞 5着
【父】ディープインパクト
【母父】スウェプトオーヴァーボード

デビューから中山で2戦して2連対の成績も、そこから京都2戦して善戦の走りを見せた。
菊花賞はフィエールマンから0.5秒差の5着であれば、まだ悲観する成績ではない。

今回は休み明けの一戦の為、どこまで仕上がっているのかが鍵となる。

斤量は恵まれた55kgであればまだ楽しみ。
最強世代との呼び声高い明け4歳世代だけに、それを証明する形になるかどうか。

メイショウテッコン
≪牡4/青鹿 高橋義忠厩舎≫

【前走】菊花賞 14着
【父】マンハッタンカフェ
【母父】Lemon Drop Kid

ラジNIK賞を制して重賞勝ち馬の仲間入り。
福島の小回りのレースを制しているので、大きなコースが向いているのかは少し不安は残ります。

ただし、エタリオウやサトノワルキューレを下した梅花賞で、同条件で走っていて、コース適正は高いと見た。
この世代の中でも上位争いに顔を覗かせているので期待したいところ。

ムイトオブリガード
≪牡5/鹿 角田晃一厩舎≫

【前走】アル共杯 2着
【父】ルーラーシップ
【母父】サンデーサイレンス

昨年の春に一気に能力を開花させた馬で、条件戦を3連勝で一気にオープン入りを果たすと、アル共杯ではパフォーマプロミスの2着に入った。

京都実績には不安が残る部分もあるが、距離実績は前向きな評価。
芝2400Mは3戦3勝と活躍をしている距離だけに期待したい。

今回は乗り替りで川田騎手が騎乗する予定。
その点がどう響くのかが鍵となりそう。
乗り替りがあっても成績を残す時は残しているので、その点では不安は特にないものの…。

日経新春杯の予想参考情報とオススメ馬の理由

それでは日経新春杯の予想参考情報をまとめていきたいと思います。2019年の新コンテンツというべきか、強化していきたいポイントとして参考情報を出して行きたいと思います。

(いつまで続かは分かりませんがww)

さて、日経新春杯は京都2400Mで実施されます。
2400Mのビッグレースと言えば、ダービーとジャパンCの2つですが、このレースはあまり関連がないレースです。

もっとも、前走古馬限定G1となると、有馬記念組≪2.0.0.6≫で、その他G1≪0.0.1.7≫という状況です。
3歳馬限定G1になると≪3.0.0.3≫で好成績を残していますので、この点だけは要注目すべきポイントです。

JRA公式にもこのように書かれています。

有馬記念から臨んだ馬が2勝、3歳限定GⅠ(菊花賞、日本ダービー)から臨んだ馬が3勝を挙げている。

データ分析:日経新春杯 今週の注目レース JRA

その点では、穴人気しそうなジャパンCで8着のウインテンダネスはデータ的には厳しいか。

年齢に着目すると、明け4歳世代は昨年暮れから好成績を残していますが、このレースはそもそも明け4歳馬が好成績を残しています。

この点からも4歳馬を狙うべきだということでしょう。

その中でも狙うべきは【A】Aゴールドです。

人気している方の馬なので、強気に言えた注目馬ではないのは先に謝っておきます。

明け4歳馬の1頭で、前走は3歳G1レース。
京都実績も豊富で、条件戦ながらもこの距離で結果を残しているのが特徴です。

データ的にはもう1つ注目していおきたいのが前走脚質です。
前走先行した馬は≪3.1.0.5≫と、連対率44.4%ならば上々の成績。

今回の4歳馬のメンバーの中で前走先行したのはこの馬ともう1頭メイショウテッコンのみ。
枠次第という部分(内枠が有利なレース)はありますが、極端な外枠でなければ積極的に狙いたい1頭です。

正月明けのG2レースで、メンバーは毎年薄いですが、今年は楽しみなメンバーが揃いました。
大阪杯や天春を見据えて出走してきたメンバーがいますので、しっかりと振り返りも行っておきたいレースですね。