【新潟大賞典2016予想】好調馬の馬連とワイドの2点で!

こんばんは、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事は新潟大賞典の最終予想についてです。

新潟の2000Mで行われるハンデ戦だけに、きっかけ1つで浮上できます。そのきっかけには勿論、追い切りで見つけた調子の良し悪しもありますので、しっかりと追い切りをチェックしてから予想していきたいと思います。

その新潟大賞典の最終追い切りタイムや様子はこちらをご覧ください。

予想

さて、枠の傾向を見ていくと3枠が好走している枠となります。対して7枠が連対0、8枠が連対率10%と低い数字になっています。

ただ、1枠の成績も悪くなっていてこの辺りは考えようですね。最内だと包まれて何もできないまま終わってしまう事も考えられます。

新潟2000Mは、最初の直線も長く約1000M弱あり、最後の直線も外回りコースなので660M程度あります。その為、序盤からペースが上がりやすく後半もかなり持久力が求められるタフのコース。その為、コースの傾向から言えば最短距離を通る事ができる内枠が有利に働きます。

ただ、極端に外枠のコース成績が悪いということもないので、内枠がやや有利になっている程度で見ていくのがいいでしょう。

1頭目はアングライフェン

1頭目に選びたいのは最終追い切りでA評価を付けたアングライフェン。

今回内枠の2枠を引けたこともプラスに見ていいです。

最終リハではリラックスしていながらも【54.0-39.3-25.0-12.4】を坂路でマーク。もう少し時計が遅くても良さそうなところを、見た目以上にスピードが出ていた=余計な力が抜けてリラックスして走れていたという事になるので、ここでも通用するのではないかと見ています。

2頭目はフルーキー

2頭目に選びたいのはフルーキー。こちらも追い切りでは動けていた1頭。

中山記念から間隔が空いてはいるものの、状態は整っていると思える内容でしたよ。

問題は乗り替わりで藤岡佑騎手になっている点。

馬の力差で言えば上位は拮抗していると思っているので、テン乗りでどこまで特徴が掴めているのかが気になりますね。敗因があれば、その辺りもありそうですが、馬の仕上がり具合は問題ないと見ています。

最後に

今回はアングライフェンとフルーキーの馬連とワイドで。

想定馬連オッズは44倍前後、ワイドは12倍前後を見込んでいます。

先週の東京新聞杯は驚異の7847.5%達成!

重賞的中実績が凄い!
ここまで重賞は12鞍開催されましたがこの内11鞍を的中しています!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

★2月の重賞的中実績

◆2/9東京新聞杯
「3連単16点」4→6→5人気の決着。
1255.6倍×600円=753,360円7847.5%

◆2/2根岸S
「3連単24点」3→1→9人気の決着。
692.7倍×300円=207,810円2886.2%

◆2/2シルクロードS
「3連単16点」3→6→8人気の決着。
1058.6倍×500円=529,300円6616.2%

━━━━━━━━━━━━━━━━━

★1月の重賞的中実績

3連単もしくは3連複の6~24点での攻略はさすがですね!
今後も重賞特化予想『EMINENT-エミネント-』は要注目です!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここでは当週開催重賞予想が無料配信されます。今回は共同通信杯の予想が出てきます!

重賞も絶好調ですが無料予想の方も調子が良くシルクロードS、AJCCと直近で的中しています。2鞍の買い目配信画像はコチラ

ここのアツい予想は見ておいて損はないと思います!僕はもうトリコになっているサイトです。

\メールアドレスを登録するだけ/

無料の会員登録はコチラ

/簡単登録で利用できます\