新潟2歳ステークス2015の出走予定馬と騎手とオッズ

こんにちは、今日は今週末に行われる新潟2歳ステークスの出走予定馬と騎乗予定の騎手と推定オッズについて書いていきたいと思います。

今年の2歳戦は混戦模様。推定オッズを見ても、6頭が10倍を切るオッズとなっています。

それだけ、このレースへの出走馬のレベルが高いことの裏返しで、ここから来年のクラシックを賑わせる馬が現れるかもしれません。

しっかりと、出走予定馬から見ていきたいと思います。

出走予定馬

  • ウインファビラス 54.0 松岡 39.8
  • ウインミレーユ 54.0 内田 6.6
  • エポック 54.0 石橋 83.2
  • カネノイロ 54.0 吉田隼 38.1
  • カミノライデン 54.0 西田 148.1
  • キャプテンペリー 54.0 大野 79.6
  • シトロン 54.0 嘉藤 99.6
  • タニセンビクトリー 54.0 江田照 20.8
  • トウショウドラフタ 54.0 吉田豊 54.3
  • トモジャクール 54.0 田中勝 288.5
  • ノーフォロワー 54.0 丸山 482.8
  • ヒプノティスト 54.0 柴田善 9.7
  • ファド 54.0 津村 26.4
  • プリンシパルスター 54.0 – 6.2
  • ペルソナリテ 54.0 柴田大 4.8
  • マコトルーメン 54.0 勝浦 39.6
  • ルグランフリソン 54.0 北村宏 7.6
  • ロードクエスト 54.0 田辺 2.7

推定オッズはnetkeiba.com様参照。

有力馬考察

ペルソナリテは前走ダリア賞を優勝。2連勝で新潟2歳Sへ乗り込んできました。いずれのレースも自慢の末脚が炸裂しての勝利で、ここでも同様のレースに期待が持てそう。ここでは唯一の2勝馬で、好走に期待が持てる1頭です。

ロードクエストは前走新馬戦を圧勝。後続に2馬身をつける内容で、上りは33.2秒という内容でした。残り100m程は余裕のある走りを見せ、追い続ければもっと突き抜けていたと感じさせる走りでした。東京新馬戦を勝っているだけに、直線コース長い新潟に変わるのは歓迎と言えるでしょう。

ウインミレーユは前走新潟新馬戦を圧勝。後続に4馬身もつける内容でした。上手く流れに乗ると、最後は突き抜けるだけという内容でした。ただし、前走は減量騎手が騎乗していて、斤量的には有利に働いたはず。今回は内田騎手が騎乗予定で、その辺りがポイントになりそう。

ルグランフリソンは前走新潟新馬戦で完勝という内容。スタートで好位を追走すると、コーナー前では自らペースを握る展開。ペースが緩かったことも勝因の1つですが、勝ちタイムはウインミレーユとそれほど変わりなく、ここでも自分のレースに徹すれば好走は十分に可能と見るのが良さそう。

その他、1400mの新馬戦を勝ったプリンシパルスターや新馬戦は1800mを差し切ったヒプノティストなど、面白いメンバーが顔を揃えた格好となりました。

発走は8月30日15:45です。

以上、新潟2歳ステークスの出走予定馬と有力馬考察でした。

2020年だからこそ指数にチャレンジ!

”今年も好調期待”
◇コラボ指数◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
20年1月重賞
指数無料公開
ーーーーー
京都金杯
シンザン記念
日経新春杯
アメリカJCC
ーーーーー

無料公開指数上位的中レース
↓ ↓ ↓ ↓
阪神JF、有馬記念、ホープフル
ARG共和国杯、マイルCS、ジャパンC
毎日王冠、菊花賞、天皇賞
神戸新聞杯、スプリンターズ

好調は続くはずです。
指数上位6頭まで絞り込んでくれます。
各会場1~6Rも無料公開

\ 1分で登録完了! /

無料で会員登録をする

多くの方が登録しています