日本ダービー 2020 想定騎手入り出走予定馬|予想オッズ付きでまとめました

競馬の祭典日本ダービーの想定騎手入りの出走予定馬情報をまとめました。

推定オッズや有力馬考察や予想の参考情報などもまとめました。

今回の日本ダービーで最注目されているのは、無敗の皐月賞馬となったコントレイル。ホープフルSと皐月賞と世代のG1を2つも制しています。

逆転を目論むのが、朝日杯FSを制したサリオスで、世代のG1を勝った2頭が皐月賞でワンツーを決めました。

その他にも、弥生賞2着のワーケアや皐月賞では惜しくも5着に敗れたサトノフラッグなど、楽しみなメンバーが今年も勢揃いしました。

牝馬では無敗のクラシック二冠馬が誕生しましたが、コントレイルがそれに続けるのか楽しみですね。話題の中心は、コントレイルが二冠達成できるのかどうなのかという部分になりそうです。

それでは、まずは登録馬をチェックしていきます。

日本ダービー2020の出走予定馬(優先出走&賞金順)

馬名斤量想定
(優)コントレイル57福永
(優)サリオス57Dレーン
(優)ガロアクリーク57川田
(優)ウインカーネリアン57田辺
(優)サトノフラッグ57武豊
(優)ヴァルコス57三浦
(優)ビターエンダー57津村
ヴェルトライゼンデ57池添
ディープボンド57和田
サトノインプレッサ57坂井瑠
マイラプソディ57横山典
コルテジア57松山
ダーリントンホール57Mデム
ワーケア57ルメール
レクセランス57石橋脩
ブラックホール57石川裕
マンオブスピリット57北村友
アルジャンナ57浜中

日本ダービーの除外対象(賞金順)

馬名斤量想定
キメラヴェリテ57大野
ダノンファラオ57○○
ブラックマジック57○○
メイショウボサツ57吉田豊
エヒト57○○

アルジャンナの1750万円がボーダーラインとなっています。

除外1番手のキメラヴェリテは1650万円ですので、回避が発生した場合は、キメラヴェリテが出走可能となります。

日本ダービー2020推定オッズ

馬名予想オッズ
コントレイル1.7
サリオス4.4
サトノフラッグ6.8
ワーケア14.1
ガロアクリーク21.1
ヴェルトライゼンデ29.7
アルジャンナ37.5
ダーリントンホール40.0
ビターエンダー48.8
ディープボンド57.8
サトノインプレッサ75.0
ヴァルコス98.5
マイラプソディ120.5
コルテジア134.7
ウインカーネリアン178.8
マンオブスピリット228.2
レクセランス287.4
ブラックホール344.9

コントレイルは1倍台の人気を被る予想。

サリオスとサトノフラッグが1桁オッズで、それ以降は10倍台の人気になる予想としています。

上位4頭とそれ以外とではオッズが割れそうで、下位人気馬が馬券に絡むと、オッズが跳ねそうです。

有力馬考察

コントレイル
≪牡3/青鹿 矢作芳人厩舎≫

【前走】皐月賞 1着
【父】ディープインパクト
【母父】Unbridled’s Song

2020 皐月賞

無敗の皐月賞馬。

2着に朝日杯FSを制したサリオスがいたことも相まって、ハイレベルな皐月賞を制したと評しても良さそうです。

父ディープインパクト以来の無敗のダービー馬となれるのか。史上7頭目の快挙に期待したい1戦です。

前走は後方策となってしまいましたが、まくって先団に取りつくと、サリオスを振り切っての優勝を飾りました。

稍重の馬場を苦にせず、しっかりと伸びてきたことで、道悪もそこまで気にしなくて良さそう。良馬場じゃなければ伸びない馬も多い中、メンバー最速の34.9秒を繰り出しているのですから、向かうところ敵なし。

ただし、前走は前に行った馬が潰れています。

中身を見ると、サリオスの方がよく粘ったとも評することができるので、今回も後方からのスタートになるのであれば最後は苦しくなる可能性も。

特に、先週までの馬場状況、そして今週よりCコースということで、芝状況を考えると前が止まらない高速馬場ということも考えられます。

まずはスタートをしっかりと決めることができるのかどうかが鍵となりそうです。

サリオス
≪牡3/栗 堀宣行厩舎≫

【前走】皐月賞 2着
【父】ハーツクライ
【母父】Lomitas

前走は皐月賞の栄冠まであと一歩のところまで迫った馬。

前走で初めて土が付いたものの、それでも世代トップクラスの実力は示した形。

ただ、東京に場所替わりするのは前向きな評価ができるはず。サウジRCでは、レコードを出していますので、東京コースが合わないということはないでしょう。

そのときは展開が向いた印象も受けますが、それでもレコードを出して勝てたのは大きな収穫。

ハーツクライ産駒は仕上がりが早いので、2歳戦で活躍するものの、成長力には疑問が残る部分も。

リスグラシューやジャスタウェイなどいますが、多くは2歳の時から活躍してその後成績が下降線を辿る馬も多いです。

その点では、まだまだ未知数の部分もありますが、血統背景を考慮すると、そろそろ危ない可能性も。

サトノフラッグ
≪牡3/鹿 国枝栄厩舎≫

【前走】皐月賞 5着
【父】ディープインパクト
【母父】Not For Sale

皐月賞に出走するも、ルメール騎手が跨っても5着が限界となりました。

2走前の弥生賞のときの武豊騎手に戻るので、乗り替りといえば乗り替りですが、日本ダービーの勝ち方を知っている騎手になるのは前向きに評価していいはず。

ただ、陣営が敗因が分からないと言っているのが気になる部分。

『気持ちに波があるのかも』という発言からも、対策がなにもできていないという表れでもあります。

勿論、陣営インタビューを鵜呑みにするのは危険ですが、仮にも本当に敗因が不明なのであれば考えるべきでしょう。

昨年11月の未勝利戦で2000Mを1:59.5で駆け抜けレコード時計をマーク。

中山コースが合わない可能性や稍重が響いた可能性もあるだけに、敗因が分からない=切るに切れないと言えるかもしれません。

取捨選択に悩む1頭ですが、勝負の買い、勝負の消しをするならこの馬か。

日本ダービーの予想参考情報

日本ダービーの予想の参考になる情報をまとめました。

前走皐月賞組の取捨選択

ダービー馬の連対馬を見ると、皐月賞から挑んだ馬は8勝2着7回と圧倒的成績を残しています。他のローテーションから挑む馬よりも、好成績を残しています。

皐月賞上位7位くらいまでの馬は要チェックしておくべきで、それ以下になると成績が悪いのが気になるところ。

巻き返すにしても、1桁着順だった実力は欲しい。

狙い目としてはガロアクリーク。

皐月賞3着馬の実績を残しながらも、予想オッズでは21.1倍と低い評価まで。

皐月賞3着から巻き返した馬は、エイシンフラッシュとディープブリランテが勝利。2着にはサトノダイヤモンドとダノンキングリーと、後々のレースでも結果を残した馬が揃います。

スプリングSを制するなど、実力は十分。距離が伸びると血統的に苦しくなりそうなものの、母父キングマンボの方が目立つのであれば楽しみが広がる。

皐月賞以外の取捨選択

皐月賞以外のメンバーをチェックすると、日本ダービーのトライアルではないものの、京都新聞杯のローテーションだったメンバーが≪2.1.1.22≫と好成績。

青葉賞組≪0.2.3.20≫と比較しても、好成績を残していると評していいでしょう。

この10年では、NHKマイルC組は22頭走っていずれも馬券外。

少し詳しく見ると、京都新聞杯組で馬券になっているのは、前走1着馬≪1.1.1.6≫と2着馬≪1.0.0.8≫のみ。京都新聞杯で連対している実績が必要になる。

ディープボンドとマンオブスピリットの2頭にはそのまま警戒が必要。3着のファルコニアに0.3秒差と差を広げて走破しているのも侮れないポイントです。

青葉賞組は、今年は1着馬のオーソリティが怪我のため回避。18日に無事に手術が済んだとのニュースがありました。

青葉賞勝ち馬の成績は≪0.2.1.7≫と未勝利ながらも連には絡む活躍を見せています。

一方で、青葉賞2着馬は≪0.0.1.9≫と、連には絡めず。同じコースで重賞2着という成績でも、日本ダービーでは通用しないということなのかもしれません。

今年の別路線組で言えば、京都新聞杯のディープボンドとマンオブスピリットの2頭は狙ってみても面白いかもしれません。

日本ダービー出走予定馬まとめ

最大注目はコントレイル。ここまでの実績を考えると買わないという選択はなかなか難しいはず。逆張り予想でも、さすがにヒモでは買うべき1頭。

サリオスが距離延長でどうか。成長力では難しいハーツクライ産駒だけに、信用して買えるかどうか。

ただし、その他の伏兵馬にもチャンスがある東京2400だけに、ここは楽しみが広がります。

以上、日本ダービーの出走予定馬情報でした。