日本ダービー 2017 サイン|プレゼンターは松坂桃李ら4人。CMには木村カエラ。

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事では、日本ダービーのサインについて記載しています。
今年の日本ダービーのプレゼンターには、JRAプロモーションキャラクターの松坂桃李さん、柳楽優弥さん、高畑充希さん、土屋太鳳さんのプロモーションキャラクターの4人が登場。
CMは、競馬場で木村カエラさんが歌っています。

その他、ヘッドラインなどから、詳しくサインを探っていきたいと思います。

日本ダービーのプレゼンターは4名が登場

一昨年は瑛太さんと有村架純さん。
昨年は、CMキャラクターの3名、瑛太さん・有村架純さん・笑福亭鶴瓶さんの3名でした。

今年はどの方がプレゼンターをするのか注目していましたが、JRAから発表がありました。

今年はJRA年間プロモーションキャラクターである松坂桃李さん、柳楽優弥さん、高畑充希さん、土屋太鳳さんの4名が全員集合!表彰式に登場します!

2017年第2回東京競馬(後2週間)開催日イベント JRA

15:55頃から行われる表彰式に登場します。
正直なところ、昨年の有村架純さんほどのインパクト、チャンピオンズCの時の佐々木希さんほどのパンチ力はないですが、逆に今年は女性ファンが大挙として押し寄せるような気がします。
表彰式前は女性ファンで溢れそうですね。
特に、松坂桃李さんはファンがとても多い方ですから、松坂桃李さん目当ての女性客が多くなりそうです。

簡単に個人のプロフィールをチェックしていきます。

松坂 桃李(まつざか とおり、1988年10月17日 – )は、日本の俳優、モデル。利き手は左。
神奈川県茅ヶ崎市出身。トップコート所属。

参照:松坂桃李

柳楽 優弥(やぎら ゆうや、1990年3月26日 – )は、日本の俳優。東京都東大和市出身。スターダストプロモーション所属。

参照:柳楽優弥

高畑 充希(たかはた みつき、1991年12月14日 – )は、日本の女優・歌手である。歌手活動は一部の参加作品を除き、みつきまたは「高畑充希」名義[注 1]。
大阪府東大阪市出身。所属事務所はホリプロ。所属レコード会社はワーナーミュージック・ジャパン。2014年10月、公式ファンクラブ「MIKKAI」がスタート。

参照:高畑充希

土屋 太鳳(つちや たお 、1995年2月3日 – )は、日本の女優である。東京都出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。身長は155cm。血液型はO型。

参照:土屋太鳳

以上、4名のプロフィールを簡単にご紹介しました。

共通項を探してみたのですが、なかなか見つかりません。
ただ、共通ポイントとして考えられるポイントとしていくつかチェックしていきたいと思います。

4名共に大河ドラマに出演。また、朝の連続テレビ小説にも出演していた。

大河ドラマ

  • 松坂 桃李『大河ドラマ 軍師官兵衛』
  • 柳楽 優弥『大河ドラマ おんな城主 直虎』
  • 高畑 充希『大河ドラマ 軍師官兵衛 』
  • 土屋 太鳳『大河ドラマ 龍馬伝』

朝の連続テレビ小説

  • 松坂 桃李『梅ちゃん先生』『わろてんか』
  • 柳楽 優弥『まれ』
  • 高畑 充希『ごちそうさん 』『とと姉ちゃん』
  • 土屋 太鳳『おひさま』『花子とアン』『まれ』

『大河ドラマ』『朝の連続テレビ小説』とNHKの看板番組への出演で、NHKのサインか

4名共にNHKの看板番組への出演をされていました。
例えば、昨年の有村架純さんは大河ドラマの出演はありませんでした。
朝の連続テレビ小説は昨年の3人共に出演がありましたが、大河ドラマはありません。

そのことからも、NHKと深い関わりのある4名がキャンペーンキャラクターをしていることを考えると、今年は『NHK』が1つヒントになりそう。

NHKマイルCへ出走したメンバーへのサインが出ていると考えると面白い。
キョウヘイ・ジョーストリクトリ・トラストの3頭には要警戒です。
もしも、この3頭の中でどの馬でもいいので活躍すれば、今年の日本ダービーは荒れますね。

国歌斉唱は岡本知高さん

正直、プレゼンターのサインが弱かったことから、国歌斉唱を行う岡本知高さんのプロフィールも確認してみましょう。

岡本 知高(おかもと ともたか、1976年12月3日 – )は、高知県宿毛市出身のクラシック音楽歌手。ソプラニスタ(男性ソプラノ)。ホリプロ所属。

参照:岡本知高

始めてこの方をテレビで見た時、ものすごく衝撃だったことを覚えています。
大きな図体に、綺麗なソプラノ。
最初、失礼ながら、森公美子さんみたいな方なのかなと思っていたんですが、男性だと知ってさらに驚愕。
物凄く覚えています。

あまり岡本さんの歌声を聴く機会というのも限られますが、フィギアスケートファンの方は、よくご存じかもしれませんね。

世界フィギュアスケート選手権2011オープニング
世界フィギュア 2017 オープニング

2012年版には名前がありましたが、今年のはないみたいです。
もしも、2017年バージョンが、岡本さんではなかったらすいません。

2004年の日本ダービーの国歌独唱も担当

実は岡本知高さんのプロフィールを拝見していると、過去の日本ダービーも担当していたことが判明しました。

参考:プロフィール|ソプラニスタ 岡本知高 オフィシャルサイト

そこで、これがサインに繋がりそうなので、2004年の日本ダービーの結果を振り返ってみたいと思います。

2004 日本ダービー

優勝したのはキングカメハメハ。
2着ハーツクライ。3着ハイアーゲームです。

さて、優勝したキングカメハメハですが、前走はNHKマイルカップを優勝しての日本ダービーへの参戦。変則2冠馬です。
4名の共通項として上がった『NHK』というフレーズが、ここにも当てはまります。

もしくは、1着はキングカメハメハ産駒、2着にハーツクライ産駒が入るというのも現実的に考えられます。

キングカメハメハ産駒は、ダイワキャグニー・レイデオロの2頭。
ハーツクライ産駒は、サトノクロニクル・スワーヴリチャード・マイスタイルの3頭。

キングカメハメハ産駒からハーツクライ産駒に流せば的中する可能性は沢山ありそうです。

CMは木村カエラさんが出演

木村カエラが朝焼けを背に、無人の競馬場でアカペラ披露!JRA『第84回 日本ダービー』新CM

木村カエラが、日の出とともに無人の東京競馬場で、一人芝コース上に立ちCMソング『HOLIDAYS』を披露!松坂桃李、高畑充希、土屋太鳳、柳楽優弥らが、日本ダービー当日に抽選で貰えるダービーリボンを付け東京競馬場に集結。また、観客の中には競馬大好き芸人のカンニング竹山と競馬評論家の井崎脩五郎も!

参照:木村カエラが朝焼けを背に、無人の競馬場でアカペラ披露!JRA『第84回 日本ダービー』新CM

最初の日本ダービーの決着シーンは、直近の6年でした。

オルフェーブル(11年)・ディープブリランテ(12年)・キズナ(13年)・ワンアンドオンリー(14年)・ドゥラメンテ(15年)・マカヒキ(16年)

赤い服を身にまとった木村カエラさん歌い出します。

≪余談≫CMメーキングも公開されていましたが、ファンファーレを口ずさんでいます。
どこかで使われるのでしょうか?

今回の撮影は早朝4時から行われたそうで、日の出をバックに撮影することから、日の出と共に撮影スタートとなったみたいです。
まだ、寒い時期の撮影で大変な撮影だったと思いますが、さすがプロですね。

さて、CMからのサインですが、木村カエラさんが芝の上で歌う姿が赤色(3枠)ということしか見えてきませんでした。
仮にも、NHKマイルCを走った馬が3枠に入ったのであれば狙い目だとは思います。


ヘッドライン『一世一代に叫べ、すべての夢と情熱をここに捧げる。』

JRAのヘッドラインが更新されていました。
今年の日本ダービーのヘッドラインは、以下の通りとなっています。

一世一代に叫べ、すべての夢と情熱をここに捧げる。

GI ヘッドライン 2017年 JRA

さて、このヘッドライン、ヘッドラインらしくないというべきか、やや現実的なキャッチがついています。
JRAのヘッドラインは、もう少し分かりづらく目を引くものをつけますが、今回のヘッドラインは、『まさに日本ダービーのこと』だとわかるものがついています。

一世一代ということからも、過去にダービーを制したメンバーの仔が活躍するのか。
「すべての夢と情熱をここに捧げる」とは、誰に対して捧げるのか。

この辺りがヒントになる…のか。

私は、今回は特に暗示しているとは思えませんでした。

稼ぎたいという夢を掴む

吉成周蔵氏が発起人となり、これまでバラバラだった「うまコラボ」「Hit Make」「競馬の殿堂」のサービスを統合。
競馬ファンが夢を掴む場所を作りたいという思いに賛同したサイトが堂々集結して生まれたのが「うまとみらいと」です。

タダで会員登録を行う方はココから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。
メールマガジンはいつでも解除することができます。

うまコラボは多数のWEBサイト、そしてWEB広告でも取り上げられていたのでご存知の方も多いはず。
超大手ウェブサイト(Ya○oo!Japan)の広告にも出稿していましたので、サイトの安全性は折り紙付き。審査が厳しいのが今の広告業界ですから。

競馬の殿堂は、完全無料を貫くことで会員との間に信頼関係を築くことを念頭に運営。
Hit Makeは、城戸氏が穴一筋15年で運営されてきたサイトで、これまでも多くの会員に笑顔と多くの配当を提供してきました。

話題になるほどまでに成長した「うまとみらいと」の一体何が凄いのか?

その1つは、完全無料から使うことができるという点。

例えば「うまコラボ」は、うまとみらいとに無料登録するだけで、各開催競馬場の午前中レース+その週の無料対象重賞1つの指数が見放題。

「競馬の殿堂」は、的中率90%オーバーを誇り、「Hit Make」では穴馬探しもお手の物。

会員数10万人以上の圧倒的な会員数を誇る「うまとみらいと」だからこそできる、これまで積み上げてきた実績、そして信頼。
多くの会員様に賛同していただけることは誇りでもあります。

皆さんの疑問に思っているかもしれません。どうやって稼いでいるのかということです。
何も悪いことはしていません(笑)

ちゃんと有料サービスもあります。
月額定額のものや買い切りのもの、有料の部分がないと運営はできませんから。
しかし、有料サービスへの念押しがなくても、有料会員数も右肩上がりで伸びています。

それは、無料で満足できなくなった会員が多いということ。
裏返せば、無料会員だけで得られる利益だけでは満足できなくなったという証拠ではないでしょうか。

今始めなければ、きっとあなたは後悔する。

もちろん、うまとみらいとを知らないのであれば、後悔しようもないでしょう。
しかし、今、この瞬間、知ってしまった、うまとみらいとの存在を。

あなたの知らない競馬の世界、少しだけ勇気を出して広げてみませんか?

的中・利益の全てが詰まった情報がこのうまとみらいとにはあります。
競馬に未来への可能性を感じたい方は、今すぐ無料の会員登録をするところから始めましょう。

ちなみに、今週の無料対象レースは『菊花賞』
今登録すれば、今週末の指数公開に間に合う。だから今登録するのをお薦めします。

無料会員登録はコチラから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。メールマガジンはいつでも解除することができます。
仮登録メールが送られてくるので、本登録を済ませてご利用いただけます。

スポンサードリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク