日本ダービー 2017 予想|最終見解から馬連とワイド、2頭で勝負!

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事では、日本ダービーの最終見解と予想について書いています。
いよいよ、この春一番の注目レース、優駿がスタートします。
世代の頂点を決めるレースと言っても過言ではないでしょう。

馬券を買う側も、なんとか当てて終わりたい日本ダービーです。

注目は、青葉賞を圧倒的な競馬で勝ち上がってきたアドミラブル。
大外は不利。前走青葉賞馬は未勝利。
挙げればキリがないようにも思えるアドミラブルにとっての不利な状況。

皐月賞馬のアルアインやここまで重賞未勝利ながらも注目度の高いサトノアーサー、近年の出世レースの共同通信杯を制したスワーヴリチャードなど、注目馬が多数揃い、まさかに世代頂点を決めるに相応しい、そんなメンバーとなりました。

気持ちを引き締めて予想をしていきたいと思います。

日本ダービーの最終見解

まずは、最終追い切りを含めて、中間の動きについて考察を入れていきます。
[blogcard url=”https://bakuana.xyz/nihonnda-bi-2017-1weekoikiri/”][/blogcard]
[blogcard url=”https://bakuana.xyz/nihonnda-bi-2017-oikiri/”][/blogcard]

状態1つではありますけど、1週前と最終と好調気配を感じさせていたのは、カデナマイスタイルでした。
特に、マイスタイルに関しては、厩舎コメント通りだと思います。

「今週は併走馬に合わせただけ。現時点では間違いなく最高の状態」

【日本ダービー】マイスタイルの昆師「間違いなく最高の状態」

追い切りを見れば、マイスタイルの状態の良さに頷けるはずです。

ただし、どちらも皐月賞では掲示板にも載れなかった2頭だけに、ここで上昇気配を見せたとしても、そもそもの馬のレベルが足りていないことも考えなくてはいけません。
上昇して、尚且つ逆転できるだけの調教を積んできたのか。
さすがに、皐月賞からの短い期間で大きな成長は感じないものの、追い切りで上昇気配を見せていた中でも、続けて調子が良さそうだったのは、カデナとマイスタイルでした。
それは覚えておいていいでしょう。

その他、アドミラブルは最終追い切りでも好調な状態をキープ。
どころか、さらによくなっている印象。
[blogcard url=”https://bakuana.xyz/nihonnda-bi-2017batai/”][/blogcard]

馬体考察でも【A】評価。その馬体考察の中で、一番素晴らしい馬体をしていたのではないかと感じます。
それほど、状態はよく、前走の反動は特に気にしなくてもいいのでしょう。

それでは、色々な傾向を見ていきたいと思います。
日本ダービーというだけあって色々なブログでも述べられています。
見飽きたという方も多いかと思いますので、簡単に振り返ります。

8枠は断然不利

1着2着3着以下勝率連対率複勝率
15211225.0%35.0%40.0%
22031510.0%10.0%25.0%
3100195.0%5.0%5.0%
4032140.0%15.8%26.3%
5111175.0%10.0%15.0%
6021170.0%10.0%15.0%
7112263.3%6.7%13.3%
8010280.0%3.4%3.4%

一番言われているのが、枠順別の傾向。
どこのブログでも一度は触れられている印象ですww

8枠は未勝利で、過去29頭が走り14人気だったアサクサキングスが2着に入ったのみ。
決して弱い馬が入っていたわけではないですが、結果がついてきていないのはあまり前向きに見たい枠ではないのは確か。

一方で、好成績を挙げているのは1枠
単勝回収値259円 複勝回収値127円と、単勝と複勝のいずれもプラスなのは、この1枠だけとなります。

この傾向から言えるのは、大外アドミラブルは厳しいということ。
青葉賞を魅力的な時計で走破していますが、勝てるかどうかに関しては、データ上ではマイナスの要因が大きいように思います。

追い切りでも雰囲気はとても良かったのですが、データを優先させるのであれば買い要素は減り、追い切りを優先させるならば前走以上のパフォーマンスは発揮できそうなので買いとも言えます。
難しい判断となりますが、追い切りが終わった時点で、ある程度の答えは出しているので、今回は追い切りを中心に、ここは外せないという部分を軸に予想をしていきたいと思います。

その他、参考になりそうな記事まとめ

いつもお世話になっているブロガーさんたちの中で、有益な情報を書かれていますので、その辺りを少し触れてから、私の最終結論に移ります。

まずは、まだ日が浅いものの実績は抜群の音速の馬券師様が運営しているブログ、『音速で諭吉が飛んでくる競馬予想』から以下の記事のこの部分に着目。

買い材料

上り順位2位以内の馬
過去5年で4回連対しています。買い材料で〇評価です。

着順が3位以内もしくは3番人気以内の馬もしくは着順5着以内と人気5番人気以内を同時に満たす馬
皐月賞組で3着内に来た9頭全てが該当しています。買い材料で〇評価です。これに該当しない馬は×評価です。

1着馬のと着差が0.5秒以下
皐月賞組で3着内に来た9頭のうち8頭が満たしています。満たしていない1頭は0.7秒差で皐月賞1番人気でしかも前々走を重賞1着の馬でした。よっぽどの実績がないと大敗からの巻き返しは難しいです。0.5秒以内を満たす馬を〇評価にします。

参照:日本ダービー2017 過去データ 前走分析 穴馬は皐月組じゃない

今年のダービーの一番難解な部分は、前走皐月賞組をどう料理するかです。

今年のクラシック路線は、前哨戦の弥生賞を勝ってきたカデナが皐月賞9着。
スプリングSを勝ち上がってきたウインブライトが同8着。

その一方で、皐月賞を制したのは毎日杯を制したアルアイン。
2着のペルシアンナイトもアーリントンCを制した馬でしたので、皐月賞王道路線というよりも、やや地味なレースと見られていたレースで活躍した馬達でした。

上記の記事では、『上り順位2位以内の馬』に注目とあります。
皐月賞の上がり1位2位は、サトノアレス(11着)レイデオロ(5着)の2頭が該当しますが、サトノアレスは出走していませんので、レイデオロのみとなります。

また、『皐月賞で1着馬との着差が0.5秒以下』という条件を観ると、1桁着順の馬には全頭当てはまります。
これでは、対象が広くなりますが、逆に言えばトラストやマイスタイルやアメリカズカップの巻き返しは厳しいと言える。

そして、みなさんにはもうお馴染みかもしれませんが、Chigeton様が更新されている『アナコー【穴】馬を【攻】略するブログ』には、Cコースを利用して行われた日本ダービーに着目したデータもありました。

日本ダービーは2004年から現在と同じCコースを使用して行われるようになりました。Cコースを使用してのダービー馬番別成績は上記の表のとおり。

1番ゲートは【4.2.1.7】複勝率50%という数字を残していますが、本当に内が強くなったのは2008年あたりからで(といってもその2008年ディープスカイは大外からの強襲でしたけど)とりあえずその2008年以降に限ると1番ゲートは【4.2.1.2】でダメだったのは9番人気と11番人気と馬だけ・・・と無双状態となっています。

参照:日本ダービー 2017 枠順確定&展望記事まとめ

画像付きで考察を入れられていますが、過去14回を見ても、馬番18番の大外は3着止まり。
8枠で2着に入っているのは、馬番16番と、8枠の中で内だったのは、アドミラブルには厳しい傾向ですね。

さらには、色々な角度から分析されていますので、まだご覧になっていない方は、この記事を読んだ後でもいいので、ご覧いただければと思います。

最終結論

それでは、最終結論です。
色々と考えましたが、シンプルに追い切りを中心に、傾向を少し取り入れてでいきたいと思います。
あまり考えすぎると、良くない方向に出ますからね。

1頭目はカデナ

実は、追い切り考察を終えた時から、密かに狙っていた1頭。
ここまでずっとご覧になって来られた方は、まさか『カデナ』を選ぶとはと思うかもしれません。
その3文字をなかなか載せなかったからです。

地味で、前走も負け過ぎたと思います。
0.5秒差以内であるものの、結果はギリギリ1桁の9着。

しかし、レイデオロが0.4秒差の5着であれば、わずか0.1秒差で9着。
先頭から混雑した状況というのは見えてきます。

今回の追い切りで、1週前と最終と元気な姿を見せてくれていました。

できれば内枠が欲しかったのですが、8枠で無ければ問題ないと判断。
7枠13番ではあるものの、脚質を考えても折り合いさえつけばみたいなところがありますので、1頭目にカデナを選択したいと思います。

2頭目はもっとシンプルにアルアイン

皐月賞馬の日本ダービーでの成績はいつも上位争いをしています。
それこそ、8枠からスタートしたアンライバルドが大きく敗れていますが、目立った負けがありません。
昨年もディーマジェスティは3着に残っています。

追い切り評価では、【B】評価止まり。
ただ、皐月賞を勝ってからなのか、迫力のある動きを披露してくれていました。
G1馬のとしての風格すら感じる余裕があります。

前走の反動はこちらもないでしょう。

皐月賞馬にもかかわらず、人気が思ったより低いと感じましたし、このオッズであれば妙味は十分。
3歳春に大きく進化を遂げる馬も多い中、その馬こそアルアインである可能性は十分に考慮しなければなりません。

日本ダービーの予想まとめ

今回もいつも通りですが、カデナとアルアインの馬連とワイドの2点勝負を行います。
悩みに悩んだので、これでいいというか、これでダメなら仕方がないという気持ちです。
東京の天気と違い、なんだか晴れ晴れしいですねww

馬連とワイドの組み合わせは、1(馬連):10(ワイド)の買い方が理想です。
少なくても、1:5の割合での購入をお薦めしています。

以上、日本ダービーの予想でした。

稼ぎたいという夢を掴む

吉成周蔵氏が発起人となり、これまでバラバラだった「うまコラボ」「Hit Make」「競馬の殿堂」のサービスを統合。
競馬ファンが夢を掴む場所を作りたいという思いに賛同したサイトが堂々集結して生まれたのが「うまとみらいと」です。

タダで会員登録を行う方はココから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。
メールマガジンはいつでも解除することができます。

うまコラボは多数のWEBサイト、そしてWEB広告でも取り上げられていたのでご存知の方も多いはず。
超大手ウェブサイト(Ya○oo!Japan)の広告にも出稿していましたので、サイトの安全性は折り紙付き。審査が厳しいのが今の広告業界ですから。

競馬の殿堂は、完全無料を貫くことで会員との間に信頼関係を築くことを念頭に運営。
Hit Makeは、城戸氏が穴一筋15年で運営されてきたサイトで、これまでも多くの会員に笑顔と多くの配当を提供してきました。

話題になるほどまでに成長した「うまとみらいと」の一体何が凄いのか?

その1つは、完全無料から使うことができるという点。

例えば「うまコラボ」は、うまとみらいとに無料登録するだけで、各開催競馬場の午前中レース+その週の無料対象重賞1つの指数が見放題。

「競馬の殿堂」は、的中率90%オーバーを誇り、「Hit Make」では穴馬探しもお手の物。

会員数10万人以上の圧倒的な会員数を誇る「うまとみらいと」だからこそできる、これまで積み上げてきた実績、そして信頼。
多くの会員様に賛同していただけることは誇りでもあります。

皆さんの疑問に思っているかもしれません。どうやって稼いでいるのかということです。
何も悪いことはしていません(笑)

ちゃんと有料サービスもあります。
月額定額のものや買い切りのもの、有料の部分がないと運営はできませんから。
しかし、有料サービスへの念押しがなくても、有料会員数も右肩上がりで伸びています。

それは、無料で満足できなくなった会員が多いということ。
裏返せば、無料会員だけで得られる利益だけでは満足できなくなったという証拠ではないでしょうか。

今始めなければ、きっとあなたは後悔する。

もちろん、うまとみらいとを知らないのであれば、後悔しようもないでしょう。
しかし、今、この瞬間、知ってしまった、うまとみらいとの存在を。

あなたの知らない競馬の世界、少しだけ勇気を出して広げてみませんか?

的中・利益の全てが詰まった情報がこのうまとみらいとにはあります。
競馬に未来への可能性を感じたい方は、今すぐ無料の会員登録をするところから始めましょう。

ちなみに、今週の無料対象レースは『菊花賞』
今登録すれば、今週末の指数公開に間に合う。だから今登録するのをお薦めします。

無料会員登録はコチラから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。メールマガジンはいつでも解除することができます。
仮登録メールが送られてくるので、本登録を済ませてご利用いただけます。

スポンサードリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク