NHKマイルカップ 2019 予想|最終見解と馬連とワイドの2点勝負

クリック応援をよろしくお願いします!
 最強人気ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
リッキー
どうも、リッキーです。ご覧いただきありがとうございます。

3歳マイル王を決めるレースであるNHKマイルCがいよいよ迫ってきました。

昨日の東京は雹が降って10R以降のレースが中止となりました。
その影響がどのくらい残るのかが予想の鍵となりそうです。

皐月賞の雪辱を晴らす舞台として挑んできたアドマイヤマーズですが、8枠17番と外枠への配置となりました。
一方で、圧倒的人気のグランアレグリアは4枠7番からのスタート。

スタート前の状況では、グランアレグリアの方が有利にスタートが切れそうだと判断しています。

そうそう、ちょっとしたコマーシャルですが、爆穴ブログのLINE@を始めました。

友だち追加

メールマガジンを1年でスパッと止めてしまうなど、何事も続かない僕の性格。
LINEもどこまで続けられるのかわかりませんが、少しでも皆様のお役に立てる情報を流せたらいいなと思います。

今のところは更新情報を流すだけとなりそうですが、もしよろしければ登録をお待ちしております。
なお、あまりスマートフォンの使い方とかLINEの使い方には疎い方なので、変なものを送らないようにしなくちゃと不安になっています。
Twitterの使い方もよく理解してないので、LINEを増やすのはどうかと思いましたが、時代はLINEということで、皆様よろしくお願いします。

それでは予想を行っていきます。

NHKマイルCの予想参考

NHKマイルCの狙い目としては、1600Mでの実績がちゃんとあること。
特に重賞未連対の馬はなかなか好走歴が少なく、ここで買うのは難しいと考えていい。

その点では、比較的人気ですが、伏兵扱いのファンタジストは買いづらい。今年好調な武豊騎手の手腕に掛かるところが大きいとも言えそうです。

また、マイル実績で言えば、前走が1600Mのレースに出走した場合の馬は≪8.2.4.80≫で勝率8.5%・連対率10.6%・複勝率14.9%。
1600M越え≪2.6.5.30≫で、勝率4.7%・連対率18.6%・複勝率30.2%と優秀。

一方で、前走1600M未満は≪0.2.1.40≫と未勝利である点は大きな減点ポイント。

前走1600M以上のレースに出走している馬を中心に狙うべきだということは、ここ数年ずっと言われています。

上記のことは頭に入れて馬券に繋げて行きたいと思います。

あとは、追い切りで動いた馬を中心にチェックしていきます。

NHKマイルCの最終追い切り評価について詳しく記載しています。前走の映像やタイムと比較して、今回の調子の良し悪しについて多段階にて評価考察をしています。イベリスが上昇度の高い追い切りを消化しています。グランアレグリアは木曜追い切りに回りました。

予想は馬連とワイドの2点勝負

それでは今回も、馬連とワイドの馬券を買いたいと思います。
ただし、イベリスのオッズが美味しいので、追い切りでオススメしたイベリスの単勝と複勝も、今回は同時に購入しておきます。これは保険ですww

枠順を見て、決めていきたいと思います。

1頭目はグランアレグリア

前日オッズ1.6倍と人気筆頭となっています。
朝日杯FSのリベンジに燃える舞台ですが、追い切りは落ち着いていて走れていました。

最終追い切り考察で書いたように、この落ち着きが逆に不安要素。
少し掛かるくらいの元気さが欲しかったところもありますが、精神面の成長があったという形で見ておきたいと思います。

しっかりと走れていましたので、ここは好走が見込める舞台。楽しみにしています。

2頭目は追い切りで動けていたアノ馬

2頭目はダノンチェイサーにしました。

前走はきさらぎ賞を優勝。その前のこうやまき賞を優勝と、マイル実績と前走からの距離短縮と、楽しみが広がるローテでした。

追い切りで3番手評価としていましたが、追い切り筆頭のイベリスは単勝と複勝で買うのでパス。
ケイデンスコールは大外でさすがに厳しいだろうということで、追い切りオススメ馬の中でダノンチェイサーを選択しました。

令和最初のG1を目指して頑張りたいと思います。

予想まとめ

今回は、グランアレグリアとダノンチェイサーの2頭を選択。

馬連とワイドという買い方は、馬連が本命で、ワイドはフォローしておくという買い方です。

今回は馬連を当てに行くという形で組ませていただきました。

馬連とワイドは、1:10の買い方が理想です。
同じ金額は避けた方が無難です。

以上、NHKマイルCの予想でした。