NHKマイルカップ 2019 サイン|プレゼンターは中村勘九郎。CMはなし。

リッキー
ども、リッキーです。ご覧いただきありがとうございます。

NHKマイルCのサイン考察を行いましたのでご覧ください。

プレゼンターは中村勘九郎さん。NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の金栗四三役を演じている方です。

CM放映はなし。
NHKということで、CMも作られないということなのでしょう。(わかりませんが)

ポスターは、Umabiではありませんでした。
昨年の勝ち馬バージョンは、ケイアイノーテックが映っていて、『青春は、90秒だ。』のワンフレーズが載せられていました。

その他、木曜日に公開されるヘッドライン情報などからチェックしていきたいと思います。

プレゼンターは歌舞伎役者の中村勘九郎さん

今年のプレゼンターには、歌舞伎役者でNHK大河ドラマに出演中の中村勘九郎さん。

六代目 中村勘九郎(ろくだいめ なかむら かんくろう、1981年10月31日 – )は、歌舞伎役者、俳優。屋号は中村屋。定紋は角切銀杏、替紋は丸に舞鶴。歌舞伎名跡「中村勘九郎」の当代。本名は波野 雅行(なみの まさゆき)。

東京都出身。ファーンウッド所属。身長174cm、血液型O型。

父は十八代目中村勘三郎、弟は二代目中村七之助。父方の祖父は十七代目中村勘三郎で、母方の祖父は七代目中村芝翫。父方の伯母は女優の波乃久里子。六代目 尾上菊五郎は曽祖父で、二代目 尾上右近は再従弟にあたる。

妻は女優の前田愛。義妹は女優の前田亜季。

2019年、NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』で金栗四三役として主演、父・中村勘三郎が5代目中村勘九郎時代の1999年に『元禄繚乱』で主役を演じており、親子二代での主演となった。親子での大河ドラマ主演は、緒形拳(太閤記・峠の群像)と緒形直人(信長 KING OF ZIPANGU)以来2組目である。

Wikipedia

サインの鉄板、プレゼンターの誕生日ですが、NHKマイルCに騎乗する馬の関係者では不在となりました。
先週100勝を達成した杉原誠人騎手が10月31日生まれですが、騎乗予定に名前はありません。

関係がありそうな数字で言えば、今の中村勘九郎さんが6代目ということで、数字の6には要注意。
勘九郎の9という数字を合わせて、6-9の組み合わせの登場に警戒したい。

ポスターは競走馬の方だけ

※当ブログは、Twitterの利用規約を守って掲載しております。

『青春は、90秒だ。』

ということからも、ここでも9という数字が出てきました。

ここまで9推しということからも、やはり今年のNHKマイルCは9という数字に注目するべきかもしれません。

ヘッドラインは『完成への過程は未来を切り拓く情熱の宝庫だ。』

今年のNHKマイルCのヘッドラインが更新されていました。

『完成への過程は未来を切り拓く情熱の宝庫だ。』です。

完成への過程は、というのはまだ未完成であるということ。

未完成と言えば、連想されるものと言えば、アントニオ・ガウディの建築物であるサグラダファミリアです。
完成まで後200年は掛かると言われていましたが、2026年には完成できそうだということですが、今現在では未完成となっています。

スペインは情熱の国であることからも、今回はクリノガウディーにサインが出ていると判断していいでしょう。

サインまとめ

クリノガウディが、馬番6番、もしくは9番であれば非常に楽しみだったのですが、今回は1枠1番となりました。

ただ、今回は6代目や9という数字以上に、クリノガウディを推すヘッドラインでしたので、サインとしてはクリノガウディとしておきます。

皆様の参考になれば幸いです。