NHKマイルカップ 2019 1週前追い切り|ワイドファラオが豪快な動きを披露

クリック応援をよろしくお願いします!
 最強人気ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
リッキー
どうも、リッキーです。ご覧いただきありがとうございます!

NHKマイルCの1週前追い切り考察を行いました。
前走時の雰囲気やタイムと比較して、今回の調子の良し悪しを判断しています。

今回は4月のレースに出走したメンバーが多いので、1週前は軽めの調整の馬が多く評価が難しく思います。

そんな中で動きが良かったのは、タイトルにも書いているようにワイドファラオ。
ゴール後に一杯に負荷を掛けられますが、豪快な動きを披露して順調さを感じさせてくれました。

それでは各馬の考察をご覧ください。

NHKMCの1週前追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

アドマイヤマーズ【A-B】

4月25日(木)栗東 坂路(良)
【52.0-38.4-25.2-12.5】

単走馬なり。

皐月賞の1週前はCWを選択しましたが、今回は1週前から坂路を選択して負荷を掛けている状況です。

仕上がり的には皐月賞の時と比較しても変わりないと思います。

坂路の時計では自己ベストをマーク。
その為、勝負度合いは高いはず。
朝日杯FSを勝った逸材ですので、今年これまでの2戦は不満に思っているのでは。

最終追い切り次第ではものすごく楽しみにしていい存在です。
現時点では雰囲気上々です。

インテンスライト【B】

4月25日(木)美浦 南W(稍重)
【4F53.0-38.7-1F12.9】

2頭併せ内強め半馬身遅れ。
舌を出した状態で走っていましたので集中力には疑問が残るものとなりました。

ただ、3馬身ほど後方を追走して、最後は強めに追われて半馬身前に出たところがゴールでした。
しっかりと走れていたのは前向きに評価したいと思います。

舌を出したのが気になりますが、それ以外は悪くはないと思いましたので、最終リハを見ての楽しみにしたいと思います。

ヴァルディゼール【B】

4月25日(木)栗東 CW(良)
【6F83.2-67.0-51.7-37.5-1F11.8】

2頭併せ内強め半馬身先着。

2馬身後方を追走して直線へ。
走りは良かったと思いますが、追われたタイミングで頭を上げるなど、少し難がある感じでした。

地味だと思ったのが、ゴール後にすぐに交わされた点。
手綱を緩められてもそのままの勢いで走ってほしかったのですが、失速が早かったです。

グランアレグリア【B】

4月24日(水)美浦 南W(良)
【5F72.7-56.6-42.2-1F13.5】

単走馬なり。

淡々と走れています。
掛かる仕草などがないのはプラスに見ていいのではないでしょうか。

時計は悪くはないと思います。
馬なりであれば、このくらいの時計で問題ないはずです。

この馬の場合は、掛かるかどうかというのが気になりますので、これだけ落ち着いているのは逆に不安にも思います。
悪くはないので、変則二冠達成も現実的では。

ただ、前走は【B-C】評価で勝たれているので、あまり大きな声では言えないですけど、あまり変わらない範囲まで。

グルーヴィット【B】

4月14日(水)栗東 坂路(良)
【54.3-39.2-25.2-12.2】

2頭併せ強め3馬身先着。

1週前にしては上々ではないでしょうか。

時計判断では2レース前の500万下条件の時の追い切り時計は良かったと思います。
その時と比べると、馬場差を考慮してもちょっと時計が悪いような気がします。

もう少しテンから飛ばして、尚且つ加速ラップを刻めることができるので、最終リハ次第で評価を確定したいと思います。

ケイデンスコール【B】

4月24日(水)栗東 CW(良)
【6F81.5-65.9-51.4-37.5-1F12.7】

2頭併せ強め半馬身遅れ。

1週前の段階ではやや見た目が地味。
全体時計は81.5秒で、末は12.7秒なので、その点では負荷はしっかりと掛かっています。

この追い切りでどう変わってくるのか気にしておきたいと思います。

最終リハは恐らくCW4ハロン追いをしてくると思います。
1週前の段階ではデキは平行線だと思いますが、最終リハが地味であればマイナスでいいと思います。

ダノンチェイサー【B】

4月24日(水)栗東 CW(良)
【6F82.4-67.6-53.7-38.9-1F11.6】

3頭併せ内強め1頭1馬身先着、1頭3馬身程先着。

外を走る僚馬は画面から消えてしまったので、約3馬身程離れているという見立てで組み立てています。

きさらぎ賞を勝つだけの実力はあると感じる内容でした。

ただ、やや地味だと感じたのは、最後の100Mで僚馬の方が巻き返してきました。

突き抜けて3馬身くらいは前に出ても良かったと思います。
それが1馬身までとなったのは逆に地味に見えてしまいます。

時計は優秀ですので、最終リハ次第でいいと思います。
ある程度前向きにみたい1頭です。

ハッピーアワー【B】

4月24日(水)栗東 CW(良)
【6F82.9-65.3-50.5-36.9-1F12.1】

単走強め。

最後のところで首が立ってしまいましたが、いつもこういう動きなので気にする範囲ではないと思います。

時計も上々ですので、悪くはないでしょう。

最終リハで同じように単走で追ってくると思いますが、全体82秒台、末12秒台前半であれば概ね問題ないでしょう。
今回と同じような負荷を掛けてくると思いますので、上記の通りであれば問題ないでしょう。

ファンタジスト【B】

4月25日(水)栗東 坂路(良)
【56.4-40.8-27.0-13.3】

単走馬なり。

時計的にはこの馬らしくないですが、前走からまだ日が浅いですので、この程度で問題ないでしょう。
動き自体は特に悪くはないと思います。

ここまでは順調に疲労は抜けていると思います。
最終リハで猛時計を刻んできたら問題ないでしょう。

プールヴィル【A-B】

4月24日(水)栗東 坂路(良)
【52.7-38.1-25.3-12.6】

単走馬なり。

前走は【B-C】評価のところでしたが、今回の方が雰囲気は良かったです。
Fレビューが良い時計で、内容も良かったです。

今回はその時と変わらないほどの内容で、意外と好感度が高いものとなりました。

最終リハ次第ではオススメ上位馬に指名してもおかしくないです。

マイネルフラップ【B】

4月25日(水)栗東 CW(良)
【6F81.0-64.6-50.3-37.1-1F11.9】

3頭併せ強め1頭1馬身先着、1頭3馬身先着。

時計は悪くなく良かったです。
ただし、掛かっている状態でコーナーを回っているので、見た目はやや地味でした。

最終リハは坂路を走ってくると思います。
全体時計で53秒台前半なら状態整ったと判断していいと思います。

ミッキーブラック【B】

4月24日(水)栗東 坂路(良)
【55.1-39.7-25.7-12.9】

単走強め。

時計的には地味な動きでした。
52秒台の時計を刻める馬ですので、その点では今回の時計は見た目は地味。

ただ、NZTに出走した後の1週前ですので、その点ではこのくらいでいいと思います。

走りの雰囲気は悪くはないです。
時計を刻めたところで成績が良かったことがないので、なんとも言えませんが、52秒台を刻めて来たら状態は良さそうだと判断していいと思います。

ロードグラディオ【B】

4月24日(水)栗東 坂路(良)
【58.3-43.0-28.3-14.4】

単走馬なり。

時計を見ての通りで、評価することが難しいものとなりました。
疲労を抜くことが優先ですので、これはこれでいいのかと思います。

最終リハで判断したいと思います。

ワイドファラオ【B】

4月24日(水)栗東 CW(良)
【6F85.8-68.7-53.4-39.0-1F12.2】

3頭併せ内強め1頭3馬身遅れ、1頭2馬身遅れ。

内容がやや難しくて、ゴールの地点では上記の通りでした。

ただし、ゴール後に鞭を一杯に入れて、先に行かせた僚馬を目標にという形で追われていました。
外を走った僚馬が3馬身から4馬身前にいましたが、コーナー部分で追いつくように走っていましたので、最初からゴール部分までは強めに追って、そこからという形で作っているものと思います。

最終リハは坂路で軽めの内容までとなりそうですが、1週前にしっかりと追われているのを確認できたので前向きに評価していいはずです。
状態は良さそうです。

NHKマイルCの追い切り考察まとめ

今回の追い切りで上昇気配を示したのは、【A-B】評価のアドマイヤマーズプールヴィルの2頭でした。

【B】評価の中では、ダノンチェイサーは大物を感じさせるだけの迫力を見せてくれました。

その他、ハッピーアワーワイドファラオの2頭も上々の動きを披露してくました。

グランアレグリアも悪くはないと判断できますが、成長したのかどうかわからないほど落ち着いていました。
最終リハでは、少し行きたがる側面も見せてくれると、そっちの方が安心して見ることができます。

こういう馬は、掛かっている素振りを見せたりする時の方が走ったりするので、落ち着きがある方が怖い部分があります。

ただ、悪くはないと思います。

それではオススメ馬です。1週前ですので、最終リハで当然変わるものだと思ってください。

  • ワイドファラオ
  • 【NB】ダノンチェイサー
  • アドマイヤマーズ
  • グランアレグリア

今回は上記の4頭をオススメしておきます。