NHKマイルカップ 2018 1週前追い切り評価|カツジは52.6秒で好調さをアピール

こんにちは、リッキーです。
いつもご覧いただきましてありがとうございます。

NHKマイルCの1週前追い切りについて記載しています。
前走の追い切り映像からの良し悪しやタイムの比較を行って多段階にて評価を行っています。

今年は近年稀に見る拮抗した力関係だと見ています。
非常に楽しみなメンバーが揃いましたので、追い切りから好調不調を見ていきたいと思います。

NHKマイルCの1週前追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

カシアス【B】

4月25日(水)栗東 CW(不良)
【6F83.6-68.3-54.0-39.9-1F12.1】

2頭併せ外馬なり4馬身程先着。
少々促されたような形にはなりましたが、概ね馬なりの範疇です。
時計は悪くはないですが、どちらかというと僚馬の動きが悪かったと判断する方が妥当でしょう。

前走時の最終リハでは坂路を馬なりで流して出走して7着に沈みました。

前走時の1週前の時計の方が優秀ですし、ラップ的にも前走の方が良かったのではないかと見ています。
その点では、いつも通りの調整とも見れますので、これで状態は整った程度で判断したい1頭です。
今回は1秒以上時計が遅れて、尚且つ、ラストの時計も前走の方が良かったです。
上昇したとまでは言い切れない内容でしたので、前走のデキキープ程度で考えています。

カツジ【B】

4月26日(木)栗東 坂路(重)
【52.6-38.2-24.8-12.1】

単走強め。
馬場が綺麗な時間帯の為、時計は参考程度と見ていいでしょう。
走りやすい時間帯と言えるので、時計はこの程度で見ておきたい。

ただ、動きにメリハリがあり、躍動感もありました。
詳しく見ると頭の位置がやや高いようにも感じましたが、前走の最終リハの映像を観てもやや高いのが特徴とも言える走りでしたので問題ないでしょう。

力強い走りも含めて前向きに評価したい1頭です。
1週前の時点では、デキは上々です。

最終リハは恐らくCWを使ってくるはず。
最後に反応を確かめる程度だと思いますが、全体的にはそれで完成していると判断していいのでは。
これでデキ落ちは考えなくていいです。

ギベオン【A】

4月25日(水)栗東 CW(不良)
【6F82.5-67.1-53.4-39.7-1F12.0】

2頭併せ内強め1馬身程先着。
強め以上一杯未満といったところでしょうか。強め表記だけではちょっと違う印象を受けます。
どちらにしても、しっかりと負荷を掛けられた追い切りでした。

前走時の最終リハは芝を走って全体89.1秒で、尚且つ内々を回ってのものでした。
ブログの更新はしませんでしたが、デキは悪いのかなと思っていましたが、本番では2着に好走を見せました。

あまり追い切りが直結しないタイプと考えることもできますが、可動域や首の上下運動などをみると、今回の方がデキが良さそうです。
初距離が心配されますが、追い切りだけなら今回の方が調子が良いのでは。

ケイアイノーテック【B】

4月25日(水)栗東 坂路(不良)
【56.8-42.1-27.7-13.6】

単走馬なり。
デキに疑問が残るような走りをしています。
不用意な力が入っているというべきか、少々掛かっているようにも見受けられ、見た目的にはマイナス印象です。

最終追い切りで2頭併せを敢行してくると見ていますが、末強めに追われて12秒台で伸びれば問題ない印象も。

前走からデキが良くなったとは感じない範囲のものでした。
最終リハの様子を見て今回と同じような動きをしていた場合は、評価を落としても良いかもしれません。

ダノンスマッシュ【B】

4月25日(水)栗東 CW(重)
【6F87.9-70.2-54.1-39.8-1F12.0】

3頭併せ外馬なり1頭半馬身先着、1頭1馬身先着。
全体時計は遅い方なので評価できるものではないのですが、僚馬は強めに追われる中で先着出来たのは好感が持てます。

ただ、全体的にはこれまで通りと言えばこれまで通り。
恐らく最終リハでは坂路で馬なり調整で出走してくると見ています。

タワーオブロンドン【B】

4月25日(水)美浦 坂路(不良)
【60.7-45.4-30.1-14.9】

単走馬なり。
前走が4月14日のアーリントンCでしたので、それから時計を出しているのは29日の2本目の時計です。
1週前はまだ調整程度の走りというべきか、藤沢厩舎らしい追い切りと言えば追い切りでした。

最終リハで判断したいと思います。
現時点では疲労が色濃く残っているとも言える内容でしたので、その点では不安も感じます。
最終リハで前走程度走れれば、前走使われた点も含めて雰囲気が良く感じるのではないでしょうか。

テトラドラクマ【A-B】

4月25日(水)美浦 坂路(不良)
【54.7-39.6-25.6-12.2】

単走強め。
集中力はありそうな走りをしています。

1週前の追い切りは基本的にはそこまで時計を出す追い切りパターンを消化してきていませんが、今回の54.7秒は、この馬の1週前にしてはそこそこ時計が良いです。

最終追い切りで猛時計を刻むことが出来れば、全体的に上々と言えるのではないでしょうか。
現時点では、やや上昇気配としておきます。

パクスアメリカーナ【B】

4月25日(水)栗東 CW(重)
【5F71.9-54.4-39.2-1F11.4】

2頭併せ外一杯半馬身遅れ。
僚馬は強めに追われていましたので、この着差が悪いとは思いませんが、1馬身程先行して4角から直線へ入ると2馬身程突き放されます。

それを最後は差し返すような動きを見せて、ゴール後の余力部分で一気に抜き去っています。
トップスピードは確かなものを持っているなとは感じますが、遅れたのは地味。
これが条件戦であれば悪くはない追い切りですが、今回はG1レース。

デキは前走程度だと見ていますが、この馬の脚質から考えて、これが順調な調整かどうかは少々疑問も残りました。
最終リハの様子を見て確定しますが、現時点では上昇気配とは言い難い内容と捉えています。

ミスターメロディ【B】

4月25日(水)栗東 CW(不良)
【5F70.2-53.8-39.3-1F12.5】

単走末強め。
コーナー部分では掛かるような素振りも見せていましたが、ギリギリのところで耐えていたとも見ることができます。
時計的にはこれくらい出せる馬ですので、順調に来ている程度で見ていいでしょう。

前走の最終リハは芝を選択。
時計的にはあまり良い時計とも言えず、途中でフラフラしてしまうなど見た目も地味でした。
それでもファルコンSを制していますので、そこは気を付けて見なければなりません。
前走の上記同様の動きを見せたとしても、それがデキ落ちには直結しないということです。

リョーノテソーロ【B】

4月25日(水)美浦 南W(重)
【5F70.1-53.5-38.9-1F12.6】

単走強め。
ゴール後もしっかりと負荷を掛けられる内容で、上記以上の距離を走っています。

前走のNZTでは、4ハロンを2頭併せで今回の同じようなラップを刻みました。
併入までとなりましたが、動き自体は悪くありませんでした。

今回も動きは軽快で、前走からデキ落ちと考えなくていいでしょう。
前走の追い切りも悪くなかったですので、調子が悪いということではなかったと見ています。

ルーカス【B】

4月26日(木)美浦 南W(重)
【5F71.3-55.3-40.4-1F13.7】

3頭併せ内馬なり併入。
若干遅れているようにも感じましたが、終始手綱を引いたままですので着差は気にしてないという感じでしょう。

それよりも、行きたい素振りを見せてしまうなど、ややチグハグな追い切り。
ゴール付近ではジェットスキーのような形になっていますので、我慢の競馬ができない可能性は高いでしょう。

追えば時計は出そうなものの、掛かるのをなんとかならないと厳しい印象は受けます。

ロックディスタウン【時計ナシ】

4月25日(水)美浦 坂路(不良)
【測定不能】

単走強め。
自動計測の時計が出ていないので、判断が難しいです。

それでも雰囲気的には悪くないものでした。
最終リハで時計が出て、雰囲気も良ければ状態はいいのではないでしょうか。


[blogcard url=”https://bakuana.xyz/nhkmairukappu-2018-yosou/”][/blogcard]


NHKマイルCの1週前追い切りまとめとオススメ馬

1週前の段階の仕上がりを、映像配信のあった12頭の評価をしていきました。

今回の1週前の段階で上昇気配だと感じるのは、【A】評価のギベオンに、【A-B】評価のテトラドラクマの2頭でした。

ただ、今回の追い切りで最も良かったと感じたのは、タイトルにも記載しているカツジでした。
時計を含めても前走の走りに期待は持てるものでした。

簡素にまとめると、今回は3頭の追い切りを好印象だと見ていますので、この3頭をそのままオススメします。

  • カツジ
  • ギベオン
  • テトラドラクマ

有力馬のタワーオブロンドンは、今年初出走後なので、疲れが溜まっているとは考えにくいのですが、2走ボケの可能性は否めなくもないのかなと感じます。
もう少しキリッとした動きを見せてくれると判断し易いのですが、最終リハ次第ではデキ落ち評価でもと思う部分は感じる1週前でした。

前走のデキはキープしておいて欲しいという願望はあるものの、今回の追い切りを見てデキが良かったとは言い難いものでした。
タワーオブロンドンがデキ落ちとなれば、それはそれで面白いかもしれませんけど。

最終追い切りを更新しましたNHKマイルCの最終追い切り考察を行っています。
タワーオブロンドンは勝負度合いが高い追い切りを最後に消化してきたと判断。
おススメの1頭目に指名しています。

その他の情報は以下をご覧ください。

[blogcard url=”https://bakuana.xyz/nhkmairukappu-2018-oikiri/”][/blogcard]

昨年20万馬券の札幌記念は夏競馬も絶好調の指数で読み解く!

来週は8月唯一のG2そして高額賞金のレース「札幌記念」が行われます。
昨年は20万間馬券となった札幌記念。
出走予定の馬を見ると逃げ先行の馬が多い中、スタートから最初のコーナーまでの直線が長めの札幌でどんなレースが展開されるか注目です。

その難しいレースを読むのに役立つ「指数」があります。
「うまとみらいと」の「コラボ@指数」です。
先週は指数上位4頭でエルムステークスを的中させました!

8月11日(土)は3連単の的中率が「41.7%」!!

単勝:86.1%
複勝:97.2%
馬連:63.9%
ワイド:77.8%
馬単:63.9%
三連複:41.7%
三連単:41.7%

難しいと言われている夏競馬の土曜日のレースで叩き出した数値です。
毎週発表される的中率は見るたびに驚かされます。

全会場1R~6Rと重賞1レースが無料で見れる「コラボ@指数」。
今週末の重賞無料提供はもちろん「札幌記念」です!

無料で登録できるので、悩んだらまず指数をチェックしてみてください。
メールアドレスを登録して返信メール内URLをクリックすれば登録完了です!

「札幌記念」の指数は土曜日に公開です。
それまで過去データを検証することをおススメします。

夏競馬、勝ってますか?
週末に10万人が利用している指数をチェックしていなかったら…勿体ない!

札幌記念の指数を見に行く

タダで登録して利用する方はコチラ

スポンサードリンク
ブログランキングに参加しています

もしよろしければ、1日1クリックの応援をよろしくお願いします。

  • 競馬ランキング
  • にほんブログ村 競馬ブログへ

シェアする

フォローする

スポンサードリンク