エプソムカップ 2020 最終追い切り評価|レイエンダの動き良好!

秋の大舞台を目指すメンバーが揃ったエプソムカップ。この記事では、エプソムカップに出走するメンバーの追い切り考察を行いました。追い切り情報を無料で探されている方は、ぜひこの追い切り考察をヒントに的中していただければ幸いです。レイエンダの動きが良好でした。

エプソムカップ 2020 出走予定|想定騎手と推定オッズに有力馬考察

6月14日第37回エプソムCの出走予定馬情報をまとめました。注目馬にはレイエンダやサトノアーサーやアイスストームなどがいます。推定オッズではレイエンダが3.2倍で1人気に支持される見込み。穴馬としては梅雨時期のレースらしく、重馬場適正のあるアノ馬を選びました。

鳴尾記念 2020 追い切り評価|ラヴズ1F11.5秒と好時計をマーク!

6月6日の鳴尾記念の追い切り考察を行いました。注目のラヴズオンリーユーはしっかりと仕上がっている印象。前走以上ということはなさそうですが、このメンバーであれば上昇気配がなくても好走可能。もう1頭はレッドジェニアルにしました。今回は2頭のみのオススメとなります。

安田記念 2020 追い切り評価|アーモンドアイは南W馬也で1F12.4秒!

今年の安田記念の追い切り考察が終わりましたので公開いたします。多段階にて各馬の追い切りを評価後に、最後にオススメの馬を3頭出しています。注目はアーモンドアイ。1週前はクロス鼻革を利用してテンションを上げないようにしていました。インディチャンプは順調さを伺わせる内容。

鳴尾記念 2020 出走予定|想定騎手と有力馬考察|ラヴズオンリーユーが登場!

6月6日の鳴尾記念の出走予定馬情報をまとめています。想定騎手と有力馬考察を行いました。最後に穴馬の存在なども考察していますので、最後までご覧いただければ幸いです。オークス馬のラヴズオンリーユーが登場。菊花賞2着のサトノルークスも出走を決め、楽しみなレースとなりました。

NO IMAGE

安田記念 2020 出走予定|予想オッズと推定オッズと有力馬考察|超豪華メンバーが登場!

6月7日の安田記念の出走予定馬情報をまとめました。想定騎手入りの登録馬情報と予想オッズ、有力馬考察や今気になる穴馬の存在なども書いています。アーモンドアイがG1レース8勝へ向けて安田記念に参戦。迎え撃つ昨年のチャンピオンであるインディチャンプら、豪華なメンバーが揃いました。

日本ダービー 2020 サイン|CMは懐かしさも感じる内容。プレゼンターはなし。国歌斉唱に平原綾香さん。

日本ダービーのサインについてチェックしました。CMは俳優さんたちではなく、過去のCMの使い回しでした。プレゼンターは無観客競馬のため不在。ポスターは、本来であればリボンを配る予定だったのかもしれませんが、リボンを身に着けた俳優たちが登場しています。木曜日に更新されるヘッドライン情報などからチェックしていきます。

日本ダービー 2020 想定騎手入り出走予定馬|予想オッズ付きでまとめました

今年は5月31日に行われる日本ダービー。その日本ダービーの出走予定馬情報をまとめました。想定騎手入り、推定オッズも掲載中。コントレイルが父ディープインパクトに並ぶ無敗の二冠達成となるかどうか。史上7頭目の快挙に挑みます。巻き返しを狙うサリオスにもチャンス。2400Mという距離をどう乗りこなすのか。

ヴィクトリアマイル 2020 出走予定|想定騎手と推定オッズ|アーモンドアイが登場!

5月17日のヴィクトリアマイルの想定騎手入りの出走予定馬情報です。注目は有馬記念6着と敗走してしまったアーモンドアイ。そのアーモンドアイの牙城を崩すのはサウンドキアラかラヴズオンリーユーの2頭か、昨年の覇者ノームコアか。そんな中で僕の注目馬はダノンファンタジー。

NHKマイルカップ 2020 最終追い切り評価|レシステンシアは軽めの調教で?

NHKマイルCの追い切り考察をまとめました。最注目のレシステンシアは、1週前と最終リハと軽めの調整に終わりました。輸送を考えても軽すぎる内容に、状態面で心配になってしまいます。追い切り注目馬はタイセイビジョンなど数頭いました。穴馬としてはプリンスリターンが面白いか。

かしわ記念 2020 追い切り評価予想|ルヴァンスレーヴの状態は微妙か!?

5月5日のかしわ記念の追い切り考察をまとめました。各馬のタイムを無料でご覧いただけます。今年のかしわ記念はルヴァンスレーヴが最大の注目。1年半ぶりの実戦に登場してきました。調教の内容を見ると、まだ本調子ではないようにも感じます。今回はルヴァンスレーヴを切った2頭の馬連とワイドで勝負します。

天皇賞春 2020 最終追い切り予想|フィエールマンは美浦南W65.2秒!

天皇賞春の追い切り評価予想を行っています。今回の追い切りで上昇気配を示したのは、ミライヘノツバサとメロディーレーンの2頭でした。今回は、メロディーレーンを1番手に追い切りオススメ馬とします。調教でも抜群の動きを披露してくれました。小柄な体系ですが、長距離適正も高いですから楽しみです。

マイラーズカップ 2020 追い切り評価|インディチャンプ50.8秒で駆け抜けるも

マイラーズCの追い切り考察を行いました。有力馬のインディチャンプは、坂路を50.8秒の猛時計をマークして駆け抜けました。ただ、動きは前走の方が良かったと判断しています。有力馬の中ではヴァンドギャルドは上積みを感じる内容。競馬に行ってもちゃんとやれるはずです。