菊花賞 1週前追い切り評価|ワールドプレミアのデキが上々で楽しみ!

牡馬クラシック最終戦である菊花賞の1週前追い切りを考察していきます。今回の追い切りを見た上では、やはりワールドプレミアの動きの良さを無視することはできない内容でした。仕上がりの良し悪しで言えばメンバーの中でも上位だと思います。有力馬のヴェロックスですが、個人的には1週前の段階では、神戸新聞杯の方が良かったのではないかと思っています。

菊花賞 2019 出走予定馬と予想参考情報|想定騎手と推定オッズ、有力馬考察

菊花賞は、距離3000Mで行われるマラソンレースで、牡馬クラシック最終戦という位置づけです。今年の皐月賞はサートゥルナーリアが優勝。日本ダービーはロジャーバローズが優勝して驚きました。今回は、皐月賞馬も日本ダービー馬も出走しない菊花賞ですが、最後の栄冠を掴むのはどの馬なのか、今から楽しみですね。最も強い馬が勝つと言われている菊花賞だけに目が離せません。

秋華賞2019予想と最終見解|馬連とワイドの2点勝負で的中を目指す

10月13日に京都で行われる秋華賞の最終見解と予想を行っています。いつものように馬連とワイドの2点勝負で的中を目指します。1頭目は追い切り好調馬のフェアリーポルカ。重馬場適正も高そうな走りをしていますし、右回りも問題ないでしょう。楽しみな1頭だと思っています。

府中牝馬ステークス 2019 最終追い切り評価|プリモシーン54.9秒でまとめる

10月14日に東京で行われるアイルランドトロフィー府中牝馬Sの最終追い切りの考察を行っています。前走時のタイムや映像をチェックして、多段階にて評価を行っています。エリ女の前哨戦で、有力なローテーションとなっているので、本番前ではあるものの有力馬が激突します。前哨戦から注目度の高いレースとなっています。

秋華賞 2019 追い切り評価|1週前と最終をチェックしたらやっぱりあの馬!

10月13日に行われる秋華賞の追い切り考察を行っていきます。今回は1週前記事を書くことができずに、最終リハの様子と同時に1週前の様子もお伝えします。前走時の追い切り時計やタイムと比較して、今回の調子の良し悪しを判断しています。ダノンファンタジーは動き良かったですが、オススメ馬としては弱いか。

秋華賞 2019 サイン|CMもプレゼンターもなし。ゲストはお笑い芸人のミキ

10月13日に行われる秋華賞のサイン考察をお伝えします。CMとプレゼンターはいませんでした。サインの材料としては乏しいレースとなりました。ポスターは葵わかなさん。紅葉を片手に、色っぽい表情を見せています。可愛いですね。ヘッドライン情報などからサイン考察をまとめたいと思います。

秋華賞 2019 出走予定|想定騎手と推定オッズ|ダノンファンタジーら19頭が登録

秋華賞の出走予定馬情報をチェックしていきます。牝馬三冠の最後のレース秋華賞。唯一のG1馬であるダノンファンタジーが出走している以外は、桜花賞やオークスで跳ね返されたメンバーですので、寂しい印象は受けてしまいますね。今回の記事では、想定騎手入りの出走予定馬と有力馬考察を行い、現時点で注目している馬についても記載しています。

京都大賞典 2019 最終追い切り評価|グローリーヴェイズ5F66.4秒!

10月6日の京都メイン『京都大賞典』の展開から導く競馬予想を行います。前走時のタイムや映像と比較して、今回の調子の良し悪しを判断しています。調教で上昇気配を示したのはグローリーヴェイズのみでした。寂しい印象を受けますが前哨戦をきっちりと勝ち上がれると思います。

サウジアラビアロイヤルC 2019 最終追い切り評価|サリオスまさかの計測不能

今週土曜日の東京メイン『サウジアラビアロイヤルカップ』の最終追い切り評価を行っています。アブソルティスモ・クラヴァシュドールの2頭ともう1頭が調教で動けていました。もう1頭は記事内にて。濃霧の影響で考察が難しい馬もいました。精度は低いかもしれません。

毎日王冠 2019 出走予定|キングリーは前哨戦仕上げの様子で買いづらい

毎日王冠の最終追い切りをチェックしていきます。前哨戦仕上げの馬と、ここを獲りに来た馬とで、どうしても仕上がりに差が出てしまいますので、しっかりとチェックして、穴馬の存在などを見つけていきます。有力馬の1頭ダノンキングリーは、前哨戦仕上げまで。ここを使って良くなりそう。

毎日王冠 2019 出走予定馬|想定騎手と有力馬考察|安田記念馬が登場!

天皇賞秋の前哨戦『毎日王冠』の出走予定馬情報をチェックしていきます。想定騎手入りで、有力馬考察や現時点での注目馬についてもご紹介しています。安田記念を制したインディチャンプが登場。2着のアエロリットも登場し、前哨戦ながらメンバーが揃いました。3歳馬のダノンキングリーも登場してきました。皐月賞で3着、日本ダービーで2着とクラシックで好走を見せました。

スプリンターズステークス 2019 最終見解|予想|馬連とワイドの2点勝負

スプリンターズステークスの予想を行いました。今回も、馬連とワイドを各1点ずつ、2点勝負で行いたいと思います。どちらも追い切りで動いた2頭を選びましたが、過去のデータなどから絞り込みました。1頭目は追い切りオススメ1頭目のアノ馬。ここは必勝態勢で挑んできたと高評価していました。

シリウスステークス 2019 最終追い切り|タイムフライヤー6F82.1秒!

秋の大舞台を目指してメンバーが揃った今年のシリウスステークス。この記事では最終追い切り評価を行いました。前走時のタイムや動画と比較して、今回の調子の良し悪しを判断しています。デキが良かったのは、前走中勝ちを収めたあの馬。タイムフライヤーもデキは良さそう。