日本ダービー 2020 サイン|CMは懐かしさも感じる内容。プレゼンターはなし。国歌斉唱に平原綾香さん。

日本ダービーのサインについてチェックしました。CMは俳優さんたちではなく、過去のCMの使い回しでした。プレゼンターは無観客競馬のため不在。ポスターは、本来であればリボンを配る予定だったのかもしれませんが、リボンを身に着けた俳優たちが登場しています。木曜日に更新されるヘッドライン情報などからチェックしていきます。

日本ダービー 2020 想定騎手入り出走予定馬|予想オッズ付きでまとめました

今年は5月31日に行われる日本ダービー。その日本ダービーの出走予定馬情報をまとめました。想定騎手入り、推定オッズも掲載中。コントレイルが父ディープインパクトに並ぶ無敗の二冠達成となるかどうか。史上7頭目の快挙に挑みます。巻き返しを狙うサリオスにもチャンス。2400Mという距離をどう乗りこなすのか。

ヴィクトリアマイル 2020 出走予定|想定騎手と推定オッズ|アーモンドアイが登場!

5月17日のヴィクトリアマイルの想定騎手入りの出走予定馬情報です。注目は有馬記念6着と敗走してしまったアーモンドアイ。そのアーモンドアイの牙城を崩すのはサウンドキアラかラヴズオンリーユーの2頭か、昨年の覇者ノームコアか。そんな中で僕の注目馬はダノンファンタジー。

NHKマイルカップ 2020 最終追い切り評価|レシステンシアは軽めの調教で?

NHKマイルCの追い切り考察をまとめました。最注目のレシステンシアは、1週前と最終リハと軽めの調整に終わりました。輸送を考えても軽すぎる内容に、状態面で心配になってしまいます。追い切り注目馬はタイセイビジョンなど数頭いました。穴馬としてはプリンスリターンが面白いか。

かしわ記念 2020 追い切り評価予想|ルヴァンスレーヴの状態は微妙か!?

5月5日のかしわ記念の追い切り考察をまとめました。各馬のタイムを無料でご覧いただけます。今年のかしわ記念はルヴァンスレーヴが最大の注目。1年半ぶりの実戦に登場してきました。調教の内容を見ると、まだ本調子ではないようにも感じます。今回はルヴァンスレーヴを切った2頭の馬連とワイドで勝負します。

天皇賞春 2020 最終追い切り予想|フィエールマンは美浦南W65.2秒!

天皇賞春の追い切り評価予想を行っています。今回の追い切りで上昇気配を示したのは、ミライヘノツバサとメロディーレーンの2頭でした。今回は、メロディーレーンを1番手に追い切りオススメ馬とします。調教でも抜群の動きを披露してくれました。小柄な体系ですが、長距離適正も高いですから楽しみです。

マイラーズカップ 2020 追い切り評価|インディチャンプ50.8秒で駆け抜けるも

マイラーズCの追い切り考察を行いました。有力馬のインディチャンプは、坂路を50.8秒の猛時計をマークして駆け抜けました。ただ、動きは前走の方が良かったと判断しています。有力馬の中ではヴァンドギャルドは上積みを感じる内容。競馬に行ってもちゃんとやれるはずです。

桜花賞 2020 サイン|CMはフェブラリーSと同じ。プレゼンターは不在。ポスターの白馬がヒント?

2020桜花賞のサインを考えました。CMはまさかのフェブラリーSと同じものを利用。プレゼンターも無観客のためありません。ポスターには土屋太鳳さんが登場。白馬が気になる作りに。ヘッドラインは『誰よりも輝け、笑顔の行方は憧れの桜冠へ。』となっていました。

阪神大賞典 2020 最終追い切り評価|キセキは67.5秒で駆け抜け好調アピール

阪神大賞典の追い切り考察を行いました。キセキやボスジラなど各馬の考察のあとに、追い切りオススメの馬を今回は少頭数ながら4頭挙げています。もう少し絞りたかったですが、好調馬がいたのは事実で、これ以上は削れませんでした。阪神大賞典を買って天春で活躍する馬を見つけたいと思います!

中山記念2020 最終追い切り評価|インディチャンプは微妙な印象を受けました

中山記念の追い切り調教の様子を考察しています。各馬の評価を多段階にて行いました。今回の追い切りで上昇気配を示した馬こそいませんでしたが、ダノンキングリーとウインブライトの2頭に、もう1頭上々の動きを見せた馬がいました。今回は3頭をオススメして追い切り考察を終わります。

NO IMAGE

ダイヤモンドステークス2020 最終追い切り評価|タガノ6F83.0秒で駆け抜ける

天皇賞春へと続くマラソンレース「ダイヤモンドステークス」の最終追い切りの様子をチェックして、各馬を多段階に評価しています。タガノディアマンテが上々の動きを披露。全体を6F83.0で駆け抜けていきました。上昇気配を見せたのはミライヘノツバサ1頭のみ。

フェブラリーステークス 2020 追い切りの評価!|モズアスコット51.4秒で駆け抜ける

2月23日のフェブラリーステークスの追い切り考察を行いましたのでご覧ください。ライバルと目されるインティは、51.1秒で坂路を駆け抜けるも、いつもの動きとはやや違う印象を受けただけに、もしかしたら本調子ではない可能性も...!?各馬の追い切り評価のあとに、オススメ馬を記載しています。

フェブラリーステークス 2020 サイン|プレゼンターは川口春奈!CMは競走馬って…

フェブラリーステークスのサイン考察を行いました。サインといえば、CMからの考察とプレゼンター情報からのサインが有名。プレゼンターには女優の川口春奈さんが登場!NHK大河ドラマ麒麟がくるにて代役にて登場ことで有名になりました。CMは葵わかなさんと柳楽優弥さんが登場。そのほか、ヘッドライン情報や天皇誕生日絡みのサインも。