根岸ステークス 2017 予想|穴馬タールタンを1頭目に選択して

シェアする

こんばんは、リッキーです^^

今回は、根岸ステークスの予想について書いていきたいと思います。

ダート1400Mで行われるG3です。フェブラリーSへ続く大事な前哨戦となっていますね。

今回も、追い切り内容を精査して、馬連とワイドでの的中を目指したいと思います。

ついに1月の回収率が200%を切ってしまったので、この辺りで的中をと目論んでいます。

上手い具合に行くのか、それとも回収率が下がってしまうのか、上がって欲しいですね。

スポンサードリンク

根岸Sの最終見解と予想について

前日オッズを見ると、チャンピオンズCで4着と善戦を見せたカフジテイクが1人気になっています。

9人気のノボバカラが19倍台となっていることからも、実力以上にオッズが拮抗している様相となっています。

さて、根岸ステークスの追い切りなんですが、1番目にオススメしたのはブルミラコロでした。

[blogcard url=”https://bakuana.xyz/negisisute-kusu-2017-oikiri/”] [/blogcard]

時点で、ラストダンサーを選んでいましたが、今回、追い切りでオススメした2頭が1枠に入ることになりました。

どちらも2連勝で勢いがある馬で、ラストダンサーは前走OPを勝っているにも関わらず7人気と低評価です。

もちろん、カフジテイクやベストウォーリアなど、結果を残してきた馬も多い中、いずれにしても有力馬が内枠に入ったことで、荒れることがあるとすれば枠の不利がある場合。

そこで、内外の有利不利を少し振り返って結論を出したいと思います。

いつものように、KLAN様のデータをチェックしたいと思います。

[blogcard url=”https://bakuana.xyz/arima-2016-data-klan/”] [/blogcard]

有馬記念と書いていますが、いずれの重賞の過去のデータをチェックできますので、興味がある方はチェックしてみてください。

オススメポイントを3つ紹介しています。

根岸Sの過去の枠の傾向はやや中枠有利

1着2着3着以下勝率連対率複勝率
1102175.0%5.0%15.0%
2121165.0%15.0%20.0%
32201610.0%20.0%20.0%
42101710.0%15.0%15.0%
52201610.0%20.0%20.0%
6112165.0%10.0%20.0%
7015140.0%5.0%30.0%
8110185.0%10.0%10.0%

根岸Sの枠の傾向から見えてきたのは、

  • 2勝ずつ勝ち星をあげているのは3枠・4枠・5枠
  • 複勝率では7枠が有利
  • 内枠は1勝を挙げているものの2着は0回で連対率は低い

ということが見えてきました。

ここで迷うのが、追い切りでオススメした2頭の扱いです。

いずれも今回は1枠に入ったことで、この傾向から買いにくいのは正直なところです。

特に、7枠は複勝回収率でプラスを出していて、なぜか7枠は3着によく来てしまうと見ることができます。

また、1枠は平均人気が7.0人気にも関わらず、平均着順は8.0着と、人気以上に負けてしまっています。

過去1人気のバンブーエールが5着に敗れたり、2人気エーシンウェズンが5着、ビクトリーテツニーは6着と今一つの成績を残しています。

ただ、昨年は10人気のグレープブランデーが3着に、13年にはセイクリムズンが同じく10人気から3着に入ることもありました。

ただ、セイクリムズンは根岸ステークスで買った経験のある馬で、グレープブランデーも重賞で成績を残していました。

その点から考えると、今回はさすがにこの1枠の2頭をオススメするのは避けた方がいいという結論になります。

1頭目には穴人気の1頭を選択

1頭目に選択したのはタールタンにしました。

今年9歳になりましたが、追い切りでは迫力ある動きを披露していました。

12人気という低評価ですが、前走はカペラSで5着の結果でした。

今回は逃げ馬もしっかりといることで、ペースが読みやすいレースです。

距離延長もこの馬にしたらプラス材料と言えるでしょう。

2頭目には人気ではありますが…

2頭目に選択したのはベストウォーリアにしました。

今回は上昇気配とはいきませんでしたが、それでもこれまでの成績を考えた時に、このメンバーであればという思いは確かにあります。

2勝を挙げている3枠に入れたことで、内枠の不利はないでしょう。

久々のJRA重賞ですが、十分に通用するとみるべきです。

まとめ

今回は、タールタンとベストウォーリアの馬連とワイドでいきたいと思います。

想定オッズでは、馬連75倍前後、ワイドは19倍前後と考えています。

すんなりと決まると嬉しいですが、出来れば回収率200%に乗せてから1月を終わりたいと思うんですが…勝ちたいです!!

以上、根岸ステークスの予想についてでした。

夏競馬を絶好調の予想サイトで狙う。

7月になりました。
最も競馬で稼げる夏競馬のシーズンです。

夏競馬は「差」が出やすいので競馬予想サイトの実力差がはっきりします。

そんな中で今日は先月から絶好調を維持している競馬予想サイトを紹介たいと思います。

APLI(アプリ)という競馬予想サイトです。

まず、7/1の函館2R。

7/1 函館2R
3歳未勝利
三連単12点✕1000円
的中 1,956,400円

8-9-12(9番人気-8番人気-3番人気)での決着でした。
この荒れたレースをたったの12点で的中しています。

間違いなく普通では買えない馬券です。
この展開を読み切ったのは流石です。

そして、CBC賞も・・・

7/1 中京11R
CBC賞(G3)
三連単30点✕1000円
的中 1,660,900円

4番人気-9番人気-8番人気での決着でした。
こちらは広めに30点買いで的中です。

自信があれば絞って勝負、怪しいときは広く買って勝負。
このバランス感覚は多くの競馬予想サイトの中でもAPLIがトップでしょう。
予想の精度は間違いなく業界トップクラスですし、
APLIで勝負していけば安定してプラス収支を維持していけるでしょう。

堅いレースも荒れたレースも的中しているのはオッズに流されることなく、
本当に走れる馬をしっかりと見抜いている何よりの証拠です。

もちろん、APLIはこれ以外のレースでも的中しています。
平均して土日で10〜15本は的中しているイメージです。

固く数万円の的中を拾う時もあれば、大きく100万超の的中を叩き出す時もあります。

無理をして高配当狙いをするのではなく、的中最優先な姿勢は好印象です。

「走る馬を見抜く」

基本的なことですが、それをしっかり実践しているAPLIは利用していてとても安心できます。
オッズで予想をするのではなく、後からオッズはついてくるものです。

無料予想も充実していますし、抑えておいて損はありません。
是非、チェックしてみてください。

APLI(アプリ)に登録する方はコチラ

※メールアドレスだけで登録可能です

スポンサードリンク

シェアする

フォローする