フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから

鳴尾記念 2018 出走予定|想定騎手と推定オッズに有力馬考察まで

2018/5/29/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

いつもご覧いただきありがとうございます、リッキーです。

この記事では、鳴尾記念の出走予定馬情報を中心に書いています。
想定騎手と推定オッズをまとめたものと、有力馬考察、そして最後に現時点で注目している馬についても記載しています。

鳴尾記念は宝塚記念の前哨戦。
G3のレースではありますが、安定してここの好走馬は宝塚記念でも好走を見せているので、軽視するのは危険です。
しっかりと振り返りも必要な1戦だということは覚えておかなければなりません。

それでは登録馬をチェックしていきます。

鳴尾記念の登録馬12頭

馬名斤量想定推オッズ
アメリカズカップ56松若31.5
サトノノブレス56川田6.2
ストレンジクォーク56浜中41.5
ストロングタイタン56Mデムーロ14.7
タツゴウゲキ56秋山5.6
テイエムイナズマ56酒井344.5
トリオンフ56ルメール3.1
トリコロールブルー56岩田3.5
ナスノセイカン56丸山51.8
マルターズアポジー56武豊5.1
モンドインテロ56石川裕84.9
ヤマカツライデン56松山48.4

有力馬考察

トリコロールブルー
≪牡4/青鹿 友道康夫厩舎≫

【前走】大阪城S 1着
【父】ステイゴールド
【母父】Pivotal

前走の大阪城Sではメンバー最速となる33.3秒の末脚を繰り出しての勝利。
今回のメンバーでは、唯一前走上がり最速をマークしている馬ですので、上り勝負になれば注意が必要と言えるでしょう。

今回のメンバーは先行勢が多く、中団での競馬を強いられそうです。
そこで気になるのは開幕週の馬場状態。
開幕週の前残り馬場になれば最速をマークしたとしても厳しい見立てとなります。

当日の馬場状況に左右されるだけに、前半レースの結果で芝の状態を確かめるのは大事な作業となってくるでしょう。

トリオンフ
≪せん4/黒鹿 須貝尚介厩舎≫

【前走】新潟大賞典 4着
【父】タートルボウル
【母父】ダンスインザダーク

新潟大賞典では1人気に支持されるも、終わってみれば4着までとなりました。
調が付くほどのスローの流れを攻略できずに終わってしまったという見方もできますが、展開は比較的向いたはず。

残り400mのところで必死に追われるも、結局、早めに前に出たスズカデヴィアスがそのまま押し切る形。
新潟特有の外々へ持ち出すレースで、外目追走のトリオンフは影響を受けたと見ることができるので、その点では見直せるポイントもあります。

内へ入れることができていればまた違った形になった可能性もあるので、前走で見切るのは早計と言えそうです。

前走の追い切り考察ではトリオンフが下降線を辿る内容を消化していたので、その点も影響があったでしょう。
追い切りは【C】評価としていましたので、今回は【A】評価以上は付けられる内容として欲しいところです。

マルターズアポジー
≪牡6/鹿 堀井雅広厩舎≫

【前走】ダービーCT 9着
【父】ゴスホークケン
【母父】Old Trieste

開幕週の前残り馬場になっているのであれば、十分に活躍は見込めるはず。
今回は逃げの名手である武豊騎手が騎乗するとなれば、鬼に金棒と見ることもできます。

ただし、今回はヤマカツライデンが同型としていますので、前で競るようなことになればどうなるか。
また、適正距離が見えて来ない1頭ですが、近走は1600Mから2000Mで結果を残しているものの、2000Mは守備範囲程度で、レース内容を精査すると1800Mがこの馬もベストな舞台と見ることもできます。

ここまでずっと逃げ続けているので、逃げに拘ってくるはず。
あとはヤマカツライデンがどういう競馬を見せるのかによって、レース展開そのものも変わってくるでしょう。

鳴尾記念の出走予定馬まとめと現時点での注目馬

その他にも久々の登場となるタツゴウゲキや新潟大賞典で複穴となったナスノセイカンなど、メンバーは小粒ながらもこのクラスの常連が揃い楽しみな1戦となりました。

その中で注目している馬は、サトノノブレスです。
比較的人気すると予測していますが、金鯱賞2着など実績は豊富。
前走の大阪杯では15着に敗れるも、G3のメンバーであればまだまだやれるでしょう。

注目馬らしい注目馬は不在ですが、メンバーは揃った1戦。
鳴尾記念の追い切りは、今週木曜日頃にお届けできる見込みです。

総合競馬情報サイト『シンジゲート』を使って、あなたも走る馬を見つけよう。
ダービー2冠馬を育てた元調教助手「田端正照」氏が監修。現役の相馬眼が導き出した激走馬に、あなたも驚く。そして湧き上がる興奮を我慢することはできない。
手に汗握るゴール前。だけど、あなたに導き出された答えは1つ。
手に汗握る人を横目に、冷えたビールを飲みながら涼しい顔でレースを見届けよう。
毎レース呑んでたら最終レースまでもたないです、体の方が。
重たくなる財布を片手に、一緒に乾杯しましょう。

無料のメルマガ登録はコチラ

-出走予定馬
-