鳴尾記念 2017 予想|最終追い切り評価から一気に買い目までをご紹介

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事では、鳴尾記念の最終追い切り評価から、最終見解と予想までを1つの記事で行っています。
時間の都合上、今回は一緒に更新させていただきます。

宝塚記念の前哨戦とは言え、少々寂しい鳴尾記念のメンバーですが、追い切りを見る限りでは波乱があっても不思議ではない印象も受ける今回の鳴尾記念。
全力でここを勝ちに来たメンバーと、通過点と捉えるメンバーとで波乱や紛れも多い重賞とも言えます。

それでは、追い切り考察から行っていきたいと思います。

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

スズカデヴィアス【B-C】

5月31日(水)栗東 CW(良)
【5F69.9-53.1-38.1-1F11.6】

単走強め。
上体が立ち上がってしまうなど、やや走りに疑問を抱く場面がありました。
もう少しスムーズに走れていたら評価を上げていたかもしれませんが、現状では厳しいのではないでしょうか。

ステイインシアトル【B】

5月31日(水)栗東 CW(良)
【5F67.8-51.9-38.1-1F11.6】

2頭併せ内強め2馬身先着。
単走の馬と重なり、3頭併せのような形になりましたので、実質的には3頭併せです。
もしかすると、元々3頭併せなのかもしれませんが、表記では2頭併せとなっています。

ゴール後も緩められることなく走っているので、上記以上には走っています。

ただ、一番外を回った単走の馬とは2馬身差負け。
その点では地味に見えてしまいますが、しっかりと時計は出ているので問題ない範囲でしょう。
久々でもしっかりと動ける状態だと見ています。

スピリッツミノル【A-B】

5月31日(水)栗東 CW(良)
【6F82.4-65.8-51.6-38.3-1F12.1】

3頭併せ外強め1頭1馬身遅れ、1頭大差先着。

しっかりと負荷は掛けられていますが、遅れたのは地味に見えてしまいます。
ただ、しっかりと時計は伸びているので、問題ない範囲だと思います。
前走も3頭併せで、1頭には1馬身遅れという内容でしたが、その時よりも時計は良化しています。

併入辺りで持ち堪えていれば高評価しても良かったかもしれませんが、現状では時計判断で上昇気配としておきたいと思います。

スマートレイアー【B】

5月31日(水)栗東 坂路(良)
【53.7-38.6-24.8-12.2】

2頭併せ強め併入。
前走時は2馬身先着だったものの、時計は特に変わりなく、併入となっています。
時計判断であれば特に変化なく【B】評価で良いと思うんですが、併入という点ではやはり地味に見えてしまいます。
あまり坂路を苦にするタイプではないのは確かですので、現状では、前走の方がデキがいいのかなという気もします。

今回は時計を優先して【B】としますが、最後に迷う1頭であれば、追い切り的にはあまり積極的に買える材料はなかったと言えるのではないでしょうか。

デニムアンドルビー【A-B】

5月31日(水)栗東 坂路(良)
【53.1-38.0-24.5-12.3】

単走馬なり。
少々追われていますが、馬なりの範疇という評価でいいと思います。

前走時から時計の伸びはありますが、前走時は2頭併せでした。
今回は単走を選択しているのが気になります。

ただ、しっかりとした脚取りで走れていますので、特に気にする変化はないかなと思います。
時計は今回の方がいいので、上昇気配と見ていいのではないでしょうか。

バンドワゴン【B】

5月31日(水)栗東 坂路(良)
【51.6-37.6-24.8-12.4】

単走強め。
全体時計が速いため、最後は体が重たそうな走りをしていますが、現状としてはそこまで悪くはないのかなと思う内容でした。

可もなく不可もなくと言える内容で、それ以上のことはあまり評価できませんでした。

マイネルフロスト【B】

5月31日(水)美浦 南W(良)
【5F68.4-53.2-38.4-1F13.1】

単走強め。
一杯に近いところでの追い切りでした。

前走は美浦坂路を選択していますが、今回は南Wを選択しています。
追い切りで派手な動きをする馬ではありませんし、前走も僚馬に待ってもらいながらも1馬身半程度の遅れでした。

今回は単走ですが、しっかりと負荷を掛けられている方を評価するべきかなと思います。

ミュゼエイリアン【B】

5月31日(水)美浦 南W(良)
【4F52.2-38.4-1F12.6】

2頭併せ外馬なり半馬身先着。
ややカメラが寄り過ぎていて、全体的な雰囲気が掴みにくいものでした。

時計もしっかりと出ていますので、状態はいいのではないでしょうか。
それでも、近走と変わらない動きだと思いますので、デキキープくらいで見ておきたい1頭だと思います。

ラストインパクト【B】

5月31日(水)栗東 CW(良)
【5F68.8-52.7-38.0-1F11.9】

単走馬なり。
動き自体は、時計も出ている通りしっかりとしています。
悪いところが見当たらないという動きをしていました。

前走ダートを使われていますが、ただし、今年初めの東海Sの動きが一番良かったのかなと感じる部分はあります。

追い切りでも雰囲気ある動きをしていますが、善戦止まりの現状、今回も地力は発揮できますが、それが通用するかどうかは微妙です。

レッドソロモン【B-C】

5月31日(水)栗東 坂路(良)
【54.0-38.9-24.8-12.2】

2頭併せ強め1馬身先着。
全体時計はやや微妙に感じますが、最後はしっかりと時計を刻めているので、現状としては悪くない動きをしていると思います。

ただ、全体的にやや無駄が多い動きをしているようにも感じられ、その点がやや微妙に感じます。
前走の方がしっかりと集中して走れていたのは感じる部分で、今回は芯がぐらついているという感じの印象を受けます。
もう少ししっかりと走れるといいのかなと思います。

最終見解と予想

以上、10頭の追い切りを見ていきました。

今回の追い切りで上昇気配を感じさせてくれるのは、スピリッツミノルデニムアンドルビーの2頭でした。

ただ、【B】評価の中でも、スマートレイアー・バンドワゴン・ラストインパクトは決して悪い追い切りを消化しているわけではないので、前向きに見たいです。
また、ミュゼエイリアンも、現状では悪くない動きをしていましたが、OPで善戦止まりではやや地力不足か。

追い切りを見る限りでは、名前を挙げた6頭辺りで決まりそうです。

それでは予想を行っていきます。

1頭目は内枠に入れたデニムアンドルビー

追い切りでは上昇気配を見せていた1頭。
今年は順調に使われていて、ここまでの消耗度が気になりますが、前走はレースをしたという感じではなく疲労はそこまで蓄積された印象は受けません。
それが追い切りの動きに繋がっていると思います。

今回は少頭数の6枠だけに、内も外もあまり関係がないと思っています。
そのため、どちらの枠がいいということはないと思います。

まだ開幕して間もない馬場ですが、昨日は雨が天気でしたが、現時点で稍重。
稍重や重馬場でも結果を残している1頭ですので、クリアできると見ています。
人気も極端にはならないでしょうし、狙い目。

2頭目にはラストインパクト

こちらは追い切りでは【B】評価止まりも、動き自体はとても良かったです。
7歳馬となっても、元気の良さを感じます。

近走はダートを走っていましたが、久々の芝替わりでの、変わり身に期待したい1戦です。


今回は、デニムアンドルビーとラストインパクトの2頭の馬連とワイドで勝負したいと思います。
以上、鳴尾記念の最終追い切り評価から予想まででした。

出た!土曜日3連単476.780円馬券!

毎週土日6鞍ずつ計12鞍配信の「利益直結馬」

今週も土曜日に3連単476,780円馬券を早速当ててました!

阪神10R芦屋川特別で、本命に10番キャスパリーグ(4人気)を本命指名。
1着に12人気のブリッツアウェイが入り、本命のキャスパリーグが2着、3着にこれまた穴馬14番ワールドフォーラブが入りました。

日曜日は的中RUSH!純増8枚のRe●ロをも超える時短でしたよww


情報を参考に、3連単は難しくても馬連に変更して購入された方やワイドで大穴を狙われた方、おめでとうございます!!

無料情報の中では、阪神ジャンプSや中山11RレインボーSの3連単も見事に的中していましたよ!参考にされた方、今夜はズバリお肉ですね!

9月16日(月祝)の利益直結馬も既に更新されていました。『今週の利益直結馬』を、無料登録後にご覧ください。メールアドレスを登録するだけの簡単操作でご覧になれます。

大体、利益本命馬が1頭、利益相手馬に4頭、利益穴馬に3頭から4頭が選ばれています。そんだけ選べば当たるさ!と思われる方は合わないと思うのでチェックすらしなくていいと思います。

なんだか面白そうな企画があるんだなと思われる方は、毎週無料で更新されるコンテンツなので、今週の利益直結馬をぜひチェックしてください。

無料の会員登録はコチラから

メールアドレスのみご用意ください