【マイルCS南部杯2016】追い切りから危険な人気馬を当てる予想!

リッキーです。ご覧いただきありがとうございます。

いつもは地方のレースは行わないんですが、今日は気になった人気馬がいましたので少しだけ書き記しておきます。

交流重賞の追い切り需要はあるんですが、如何せん情報が少ないのでパスしています。

個人的には楽天競馬でポイントを貯めるためにちまちまと購入していますが、配当が安い分、しっかりと絞って買い方勝負ですよね。

中央のレースでは馬連とワイドを基本ベースにしていますが、地方で馬連とワイドという買い方は損することが多いなと思います。

なので、地方は3連単を主に購入しています。

このマイルCS南部杯も、楽天競馬にて購入する予定です。

馬券を買うついでに楽天ポイントも貯まりますので、大変お得だと思います。期限付きポイントなんで、早めに使わないと損をしてしまいますけどね。

ネットショッピングではAmazonしか使わないという方は、楽天に拘る必要もないので、金沢競馬を買うならオッズパークがいいのかなと思います。

ただ、オッズパークは長らく使っていないので最近がどうなのか分かりません。サイトが重たかった時代に利用していたので、使いづらいという印象しかありませんね。

まだ登録がお済ではない方で、南部杯の馬券を買うならどちらかを使われるといいかもしれません。

南部杯の危険な人気馬

それでは、南部杯で危険な人気馬になりそうな馬を1頭あげておきます。

その馬は、ホッコータルマエ

10月6日(木)栗東 坂路
【52.5-38.8-25.3-12.8】

この時計を見た時に、調子が良さそうなのかなと思ったんですが、1週前の追い切りでは、

9月29日(木)栗東 坂路
【53.5-38.8-25.2-12.8】

という時計を刻んでいました。

この2週間に渡り、加速ラップを刻めていないのが気になりました。

最終のラップ時計は【13.7-13.5-12.5-12.8】という時計の刻み方をしています。0.3秒ですが、最後は遅れてしまっている時計です。1週前は【14.7-13.6-12.4-12.8】と、こちらも最後に0.4秒時計を落としています。

今回の中間の追い切りを見ると、2週前には加速ラップを刻めていますが、9月上旬に帰厩してから2週前のたった1度しか加速ラップを刻めていません。

ちなみに、ホッコータルマエの以前のデータを引っ張ってくると、恐らく全盛期の強さを発揮していた2014年のチャンピオンズCと東京大賞典の時の追い切り時計です。

◆チャンピオンズC最終

2014年12月3日(水)栗東 坂路
【55.1-40.0-26.0-12.8】

◆東京大賞典

2014年12月24日(水)栗東 坂路
【56.0-40.5-25.3-12.2】

この2つと、今回の最終を比べればわかりますが、いずれも全体時計は遅いものの、最後にしっかりと負荷をかける加速ラップを刻んでいると判断できます。

時計だけじゃない!僚馬に遅れる内容も疑問視

そして、もう1つ今回の追い切りで気にしたいのが、アルマワイオリに2馬身遅れた点。

相手はOP馬なので遅れても気にする内容ではないように感じますが、さすがに2馬身も遅れるのは調整の遅れか衰えを隠しきれなくなってきたと言えるでしょう。

近走の成績を見ると、衰えてきたのが追い切りでも見えるようになってきたとも言えますね。

ホッコータルマエの復活に賭けるのであれば止めはしませんが、追い切りの時計と内容を見ていると、どうもまだ調整が間に合っていないか、もしくは衰えてきたのかなと思いますので、頭で買うよりかは…という気がしています。

参考予想

地方は追い切りの情報、特に追い切り映像がないのでなんとも言えませんが、実際に私が買う買い目を記しておきたいと思います。予想はしますが、追い切り中心ではなく、あくまで地方は遊びの延長でと思っているので、その点だけはご容赦ください。

中心はベストウォーリアから

今回の追い切り時計を見ていて、仕上がりが良さそうなのはベストウォーリアでした。なので、そのベストウォーリアから組み立てる方がいいのかなと思っています。

10月6日(水)栗東 坂路
【52.6-38.5-25.0-12.7】

こちらも実は加速ラップではないんですが、1週前に【54.1-39.1-25.4-12.6】という時計を刻んでいます。

ベストウォーリアの追い切りでの好走パターンは2つ。

1つ目は、加速ラップを刻みながら、最後は12秒台で終えていること。

2つ目は、加速ラップを刻めなくても、全体を52秒台で終えていること。

このどちらかに該当した時に好走しているので、今回も十分に狙える位置にいると思います。

ただ、不安材料も。

昨年のこの優勝時には、1週前と最終といずれも52秒台前半の全体時計に、2週に渡って最後はきっちりと加速ラップで終わっています。

今回は全体は52秒台ではあったものの、最後は時計を落とす結果に。もうすぐ7歳を迎える年齢を考えると、こちらも衰えをそろそろ意識し始めてもいいのかもしれません。

その他の馬と比べて、消去して残ったのがベストウォーリア

では、衰えを意識しても良さそうな内容なのに、何故ベストウォーリアを頭で買いたいのかというと、その他の馬も休み明けで買いづらかったという点です。

消去法で選んだ形になりました。

かしわ記念と帝王賞のいずれも連勝で休養に入ったコパノリッキーですが、どうも休み明けが抜け切れないままの出走となりそうです。

ただ、時計自体は出ているので問題ないと思います。欲を言えば、もう1本追い切った方が良かった可能性はありますね。

それと、今回は乗り慣れた田辺騎手ではあるものの、実に1年10か月振りのコパノリッキーへの騎乗ですからやらかしそうで怖いです。

参考買い目

何度も書いていますが、地方馬の情報が全くない状態で予想します。地方馬の激走があったらすみません。

G1なので、JRAの馬が走ると思いますので、地方馬は除いて考えます。

◆軸1頭流し

13-12.8.10(6点)

◆1着2着固定流し

12-13-8.10(2点)

今回は3連単を8点購入して楽しみたいと思います。

尚、地方交流はあまりやりませんが、暮れの東京大賞典はまた予想を行うと思います。

11月にJBC(G1)というレースが行われるんですが、こちらは地方馬の情報があまり出てきませんので、予想が読みたいという声があれば書こうかなくらいで待っていていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク