中山金杯 2017 最終追い切り診断|5段階評価とオススメの馬

シェアする

リッキーです^^

ご覧いただきありがとうございます。

今年初開催となる中山金杯と京都金杯。

この記事では、中山金杯の最終追い切りの様子について考察していきたいと思います。

スポンサードリンク

追い切り考察

評価は【S/A/B/C/D】の5段階評価です。評価についてはコチラをご覧ください。

カムフィー【B】

1月3日(火)美浦 南W(良)
【3F41.6-1F13.8】

単走馬なり。調整程度の内容となりましたが、実際のところは3頭併せで、僚馬に追い付こうとする動きは見られず2馬身から4馬身程離れてたところでゴールでした。

評価が難しいところですが、走っている姿を見ると順調に来ているのかなと感じるものでした。

前走から上昇も下降もしていない仕上がりだと思います。

シャイニープリンス【B】

1月3日(火)美浦 南W(良)
【5F68.5-53.0-38.2-1F12.7】

2頭併せ内末強め併入。半馬身程遅れているでしょうか。それでもコース5分程を通ってはいますが、美浦南Wで最後に12.7秒出ているのでそこまで不安とは思わない内容でした。

フォームからも力強さを感じますし、デキ落ちは感じられない内容で楽しみだと思います。

3回使われて仕上がってきたと言えるかもしれませんね。遅れた点はマイナスで、【A-B】評価と迷いましたが、あとは他と比べて考えたいと思います。

シャドウパーティー【A-B】

1月3日(火)美浦 坂路(良)
【56.1-40.8-26.0-12.6】

単走馬なり。力強く踏み込めているので仕上がりはいいと思います。

美浦坂路で最後に13秒を切っているのはここ半年ないことで、全体時計もいつも通りで尚且つ末が伸びているのであれば、今回が仕上がりがいいと判断できます。

ただし、首の位置が高くその点だけはマイナス。重心が高くなっている証拠なので、その点では少々不安も。

ストロングタイタン【A】

12月31日(土)栗東 坂路(良)
【53.0-39.0-24.9-12.2】

単走。12月31日の時計で、12月25日に全体51.8秒-11.9秒の時計を刻む時計を出しています。

確実に力を付けていると言える時計の刻み方で、坂路自己ベストを更新。特に12月は坂路自己ベストを次々に塗り替える走りを披露しており、ここにきてピークに近い仕上がりになっていると思います。

ここでの賞金加算が第一目標だと思いますが、優勝を狙えるところまで仕上がっていると思います。好走に期待したいです。

ダノンメジャー【調整】

12月31日(土)栗東 坂路(良)
【キャンター調整】

単走。調整程度の内容となりました。その為評価は難しいですね。雰囲気なども判らず、ダノンメジャーの評価はパスします。

ツクバアズマオー【B】

1月3日(火)美浦 北C(良)
【4F59.5-53.5-1F14.4】

単走馬なり。前々走のオールカマーでは南Wを選択していたんですが、今回は北Cコースを選択。北Cコースはダートコースで、北Bコースのすぐ外にあります。

時計は凄く見劣りしてしまうのですが、馬なりというよりもしっかりと押さえつけられての調教となりましたが、ツクバアズマオー自体はグイグイ引っ張っていく感じで、気合乗りが非常に素晴らしかったです。

掛かるところまではいかなくて、それでもしっかりと踏み込めています。状態落ちではなく、狙ったこの時計と判断していいでしょう。

マイネグレヴィル【B】

1月3日(火)美浦 南W(良)
【4F53.7-38.5-1F13.5】

2頭併せ外強め併入。クビ差程遅れた部分はありましたが、殆ど差のないところでした。直線入って追い出してからは伸びは良かったのですが、半馬身差までに迫ったところで勢いがなくなってしまってクビ差程遅れたと言えるでしょうか。

しっかりと追えているのでその点は前向きな評価ですが、上昇気配を感じない仕上がりとなってしまったのは残念ですね。

ライズトゥフェイム【B】

1月3日(火)美浦 南W(良)
【4F54.4-39.6-1F13.4】

単走末強め。追い切り映像の配信がずっとない馬なので評価が難しい1頭ですが、時計はボチボチと言ったところですが、馬が走る気持ちになっているのは好感が持てました。

昨年のこのレースで4着に来ている時に比べても、そこまで遜色ない仕上がりかなと思います。

調教オススメ馬

映像配信のあった8頭の評価をしてきました。

穴人気しそうなクラリティスカイやロンギングダンサーの映像が配信されなかったことは残念ですが、以上の8頭で評価していきたいと思います。

まず、今回の追い切りで上昇気配を感じさせてくれたのは【A】評価のストロングタイタンと【A-B】評価のシャドウパーティーでした。

前走に比べて上昇が十分に見込める2頭だと思います。

【B】評価の中では時計は出ていませんがツクバアズマオー、さらに【A-B】評価で迷ったシャイニープリンスも、良い意味での前走キープと言えそうです。

この辺りに注目して予想を組み立てていきたいと思います。

さらに傾向なども照らし合わせ、予想は今夜にも更新しますので今暫くお待ちください。

夏競馬を絶好調の予想サイトで狙う。

7月になりました。
最も競馬で稼げる夏競馬のシーズンです。

夏競馬は「差」が出やすいので競馬予想サイトの実力差がはっきりします。

そんな中で今日は先月から絶好調を維持している競馬予想サイトを紹介たいと思います。

APLI(アプリ)という競馬予想サイトです。

まず、7/1の函館2R。

7/1 函館2R
3歳未勝利
三連単12点✕1000円
的中 1,956,400円

8-9-12(9番人気-8番人気-3番人気)での決着でした。
この荒れたレースをたったの12点で的中しています。

間違いなく普通では買えない馬券です。
この展開を読み切ったのは流石です。

そして、CBC賞も・・・

7/1 中京11R
CBC賞(G3)
三連単30点✕1000円
的中 1,660,900円

4番人気-9番人気-8番人気での決着でした。
こちらは広めに30点買いで的中です。

自信があれば絞って勝負、怪しいときは広く買って勝負。
このバランス感覚は多くの競馬予想サイトの中でもAPLIがトップでしょう。
予想の精度は間違いなく業界トップクラスですし、
APLIで勝負していけば安定してプラス収支を維持していけるでしょう。

堅いレースも荒れたレースも的中しているのはオッズに流されることなく、
本当に走れる馬をしっかりと見抜いている何よりの証拠です。

もちろん、APLIはこれ以外のレースでも的中しています。
平均して土日で10〜15本は的中しているイメージです。

固く数万円の的中を拾う時もあれば、大きく100万超の的中を叩き出す時もあります。

無理をして高配当狙いをするのではなく、的中最優先な姿勢は好印象です。

「走る馬を見抜く」

基本的なことですが、それをしっかり実践しているAPLIは利用していてとても安心できます。
オッズで予想をするのではなく、後からオッズはついてくるものです。

無料予想も充実していますし、抑えておいて損はありません。
是非、チェックしてみてください。

APLI(アプリ)に登録する方はコチラ

※メールアドレスだけで登録可能です

スポンサードリンク

シェアする

フォローする