【中山記念2016予想】最終リハの動きから2頭馬連とワイドにて!

こんばんは、リッキーです。ご覧いただきありがとうございます^^

明日はスーパーG2の中山記念が行われます。

出走馬の顔ぶれが凄い時にスーパーG2なんて呼ばれていますが、この中山記念はまさにそれに該当すると言えるでしょう。

皐月賞馬が3頭に、内1頭はダービーも制したドゥラメンテ。今回は骨折からの復帰戦となります。

どこまで動けるのかというのは気になる部分ですが、怪我明けというのと目標がまだ先である点を考慮すれば、ここは単なる通過点。

その他の馬もここは単なる通過点で、1戦使って次戦、もしくは2走後辺りが本番というローテで組んでいると思うので、ここで大勝負するにはリスキーだなと感じます。

逆に言えば、ここを全力で挑んでくる馬を選んだ方が、オッズ的な妙味は大きい

そうなれば、穴馬を狙っていきたいところ…。

ただし、最終追い切りの動きを見ると穴馬らしい穴馬も不在と言える状況だけに、その点ではやや微妙に感じるところではあります。

人気上位馬=実力上位馬を差し置いて勝負していかないといけませんが、追い切りの動きから大きな配当をもたらしてくれる馬の存在は微妙に感じてしまいます。

それでは今回は馬連とワイドの2点で組み立てていきたいと思います。

中山記念の馬連とワイドの予想

1頭目

1頭目に選びたいのはリアルスティール

最終リハの動きは休み明けにしては動けていたと判断できるものでした。

ダイナミックなのかバランスがちょっと悪いのか、微妙なところというお話をさせていただきましたが、途中で進行方向向かって右へもたれる場面もありました。

ただ、ぶれたのはそこだけで、その後は真っ直ぐに進めていたので問題ないと言えるでしょう。

何度も言いますが、有力馬の殆どは休み明け。また、追い切りも殆どが微妙となると、やはりこれまでの実力、地力がものを言ってくる。

2着が多いですが、安定した調教を行えているリアルスティールで堅いのではないか。

2頭目

もう1頭は、追い切り記事でもお薦めしていたアンビシャス

2週続けてきっちりと仕上げられてきた印象の強い1頭。

昨年のこの時期に思うような賞金加算が出来なかったのは大きな痛手でしたが、ラジオNIKKEI賞を勝って賞金を加算出来たのは大きかった。

毎日王冠・天皇賞秋と善戦止まりも、古馬とのレースにおいてもポジションが見えてきた。

賞金の減額される前にもう1つ2つほど重賞での好走が必要。

となると、ここにぶつけてきている本気度は、他の賞金を持っている馬に比べると高いと言えることも出来る。

前走ほどとは言わないまでも、8割9割ほどは仕上げられてきた点も評価できる。

最後に

今回はリアルスティールとアンビシャスの2頭の馬連とワイドで勝負したいと思います。

想定馬連オッズは13.3倍、同ワイドは3.8倍となっています。

あまり勝負度合いは高くないと思いますが、ご参考にされる方はご参考までに。

2020年だからこそ指数にチャレンジ!

”今年も好調期待”
◇コラボ指数◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
20年1月重賞
指数無料公開
ーーーーー
京都金杯
シンザン記念
日経新春杯
アメリカJCC
ーーーーー

無料公開指数上位的中レース
↓ ↓ ↓ ↓
阪神JF、有馬記念、ホープフル
ARG共和国杯、マイルCS、ジャパンC
毎日王冠、菊花賞、天皇賞
神戸新聞杯、スプリンターズ

好調は続くはずです。
指数上位6頭まで絞り込んでくれます。
各会場1~6Rも無料公開

\ 1分で登録完了! /

無料で会員登録をする

多くの方が登録しています