2020年12月11日中山競馬(5回中山3日)全レース無料予想|結果編

2020年12月12日 中山競馬全レース無料予想! 競馬予想

土曜日のレースが終わりましたので、結果を掲載しております。

いつもご覧いただきましてまことにありがとうございます。

Twitterにて宣言していましたが、今年の6月だったか7月くらいに、1日全レース予想を行いますと言っていましたが、特になにもせずにここまで来てしまいました。

(そもそも2019年下半期にどこかでまたやるって言っておきながら…)

1日全レース予想は、過去に2回ほどやっていて、そのときは嬉しいことにメールを頂戴し、またやってほしいという希望の声をいただきました。

過去の成績は以下の通り。

10月2日阪神開催予想|特別編|馬連は230.9%・ワイド100%とトータルではプラスでした!
代替競馬となった10月1日の阪神開催の予想を行っています。障害レース以外の11Rをまとめて予想更新しています。特別企画ではないですが、台風で時間があったので予想を更新しましたが、思った以上に時間を要しました。PR記事となっていますので、気楽にお読みください。
6月23日東京開催予想|特別編|なんとかプラスを作ることができました😭
6月23日の東京競馬の全レース予想を無料で提供しています。有料の価値はありませんからww夏至S・パラダイスSは、恐らく堅いだろうと思う2頭を選択。馬連とワイドでのみの勝負ですが、参考にされる方は、あくまで参考までにご覧下さいwwしっかりと当てて上半期を終えたい。

昔の記事なので、今年のではないことをご了承ください。

トータルではプラス!

今回ももちろん、有料の価値はありませんので、無料にて公開いたします。僕自身があまり有料予想に前向きじゃないというのがありますので、その点ご理解いただければ無料で出している意味もご理解いただけるかと思います。

願わくば、TwitterのフォローやブログのRSSなどを登録してくださると嬉しくおもいます。

時間の都合で、中山と阪神2つは難しいので、今回はTwitterのアンケートで中山を選択しました。皆さんの参考になれば幸いです。

あと、僕個人的には、単勝と複勝、もしくは、馬連とワイドを組み合わせて買うことが多く、今回もそれで勝負します。

単勝勝負しても1着を逃しても、複勝でカバーできる。馬連も同様で、ワイドでカバーするという買い方をしています。恐らく、この買い方をする方が多いと思います。

馬連を100円買うと、ワイドを1000円というように、1:10の割合で買うのをオススメしていますが、1Rに1000円以上出せないという方は、1:3くらいでいいので、保険馬券は差を付けて買うのがオススメです。

基本的には、2頭選んだ場合は、馬連とワイド、1頭だけの場合は単勝と複勝で買うと思ってください。

1R 2歳未勝利 ダ1200M💮

✅パルデンス 1着
✅ナンノコレシキ 2着

1Rから的中できたので良かった😊
馬連760円
ワイド430円

中山ダート1200M。16頭立て。芝スタートなので、外枠が有利に働くコース。

特に、2歳のダート戦は、まだダート適正などが見えてこない中で、芝でダメだった馬が2戦目で挑んでくるなど、馬の能力が見えてこない時期。それだけに、枠の利を活かした馬が活躍することも多い。

1頭目に推したいのはパルデンス。恐らく、1人気の馬になるでしょう。

追い切りでは元気なところを見せており、コスモセイリュウを追走して1馬身突き放す内容だった。時計も55.8-40.0-25.4-12.2と上々で、このメンバーならば勝ち上がり可能と判断。

田辺騎手はこのコースを得意としていることもプラスして、ここは堅いと判断。

相手はナンノコレシキ。相手探しの1戦となりそうな中で、ダート適正があるのかどうなのかという部分は難しく感じてしまいますが、追い切りは前走以上に動けたと判断。中間から良化している数字を残しているので、ここは勝負気配。

2R 2歳未勝利 芝1600M🆖

✅トーセンインディゴ 8着
✅ヤマニンデンファレ 7着

中山芝1600Mは、スタート直後から緩やかな下り坂ということも相まって、序盤からスピードが上がりやすいコース。その為、外枠の先行馬は位置をとりに行くと、序盤で脚を使って後半止まるという場面もある舞台。

ただ、内枠が有利かというとそういうわけではなく、データ上はフラットと、トリッキーなコースな割には、2歳未勝利クラスは特に枠の有利不利は気にしなくて良さそう。

1頭目に推したいのはトーセンインディゴ。1週前と最終追い切りと共に時計が優秀で、前走以上の仕上がりなのは間違いないはず。8月以来のレースとなることから、嫌う人も多いかもしれませんが、追い切りの動きを見る限りでは心配なさそう。

相手はヤマニンデンファレ。展開も味方してくれないと厳しいところではありますが、中間は江田照騎手が積極的に稽古をつけていて、追い切り時計もレースを追うごとに良くなっているなど、見どころがある馬。伏兵馬扱いまでならば面白い。

言い訳ではないが、追い切りで言えばフーラリも走りそう。前走以上に仕上げてきており、勝負気配が漂う。ただし、ここは3番手評価としています。

3R 2歳未勝利 芝1800M🆖

✅トーセンメラニー 4着
✅コーストライン 5着

スタンド前からスタートで、直後に急坂が待ち受ける。前々の馬がそのまま有利で、後方勢は早めに動いていかなくてはいけない。2歳未勝利となると、極端に前で決まることも多く、展開に泣かされる馬も多い。

2Rに続いてトーセン冠の馬をチョイス。1人気と考えると買いづらいのも事実ですが、追い切りでは意欲的な内容を消化。展開面でも、先行できる脚を持っているのは魅力的で、ここは買い。

相手はお隣のコーストライン。

またまた言い訳ではないですが、フクノグラーティアも追い切り好気配。ただ、脚質的には届かないと判断しています。スローの流れ濃厚。

4R 2歳未勝利 ダ1800M🆖

✅スバラシイヒビ 4着
✅テンウォークライ 1着

2歳未勝利のダート1800M。スタートは直線入ったところからと、1コーナーまでは距離があるため、内外は特に気にしなくていい。ただ、このコースは2回も急坂を駆けあがらなければならないため、どうしてもタフなレースになる。後方を走る馬は、最後に余力を残せるかがカギ。追走で脚を使う馬は浮上できない。

本当にダートレースかと思うほど、前走芝を走った馬が多く、有力馬にその傾向が集まっているのが面白い。同時に波乱含みのレースとはこういうレースのことを言うのだろうと思う。

1頭目に推したいのは、追い切りのデキは良かったスバラシイヒビとします。父ラブリーデイというところから、ダートのイメージが全くないものの、母の父キングヘイローの傾向が強いならば面白いと判断。追い切りでは頼もしい時計を披露していますので、デキ自体は申し分ないはず。有力馬の多くが前走芝を走っているところを見ると、ほとんど差はないだろうと判断。だとすると、調子の良さを感じさせる馬から入りたい。

相手はテンウォークライ。芝で惜しいレースが2つと、ここまで善戦していますが、ダートへ活躍の場を求めてきました。追い切りは動けているので、調子の良さは問題ないと判断した。

ちなみに、ダンカーク産駒はまだまだ未知数な部分が多いですが、芝よりもダートでの活躍が多いので、どちらかと言えばダートの方が良さそう。テンウォークライ陣営も、そこに期待したのでは。ただ、いずれにしても、重賞勝ち馬が出ていない点を見ると、今後は産駒の多くが地方を走ってそうなイメージが付きそう。産駒の筆頭では、メイショウテンスイがグリチャCを勝ち上がったばかり。8月にはサマーチャンピオンで2着と好走。重賞勝ちまであと少しだけに、今後は期待したい。やはりダートか。

5R 2歳新馬 芝1600M💮🔥

✅グレートサークル 1着

余計な馬を狙わず、追い切りで動けていたと判断したグレートサークルの1本釣りができた。
新馬戦の狙い方の1つとして、やはり追い切りが有効であるということは十分に証明できたと思う。
名前を挙げた残り2頭が沈んでいますが…。

単勝 3,020円
複勝  770円

2歳新馬戦の中でも、今回のこのレースは混戦模様。追い切りで動いたと判断したのは、コンテナジュニア・ルージュセリーズの2頭に、今回オススメのグレートサークルの合計3頭。

今回は映像がない馬が多く、実際に雰囲気を確かめたいと思っていたのだが、映像がなかったグレートサークルとした。

時計は、古馬とやっても申し分ないところで、内容も上々。

中間はゲートの練習に時間を割いているので、もしかするとゲートがあまりに下手なのか、それとも逃げるのか分かりませんが、後者ならばこのメンバーなら勝負になると判断。

血統面、セリでの価格など、どこをとっても走らない予感がしますが、2歳の新馬戦は意外と追い切りで走った馬がそのまま好走することもあるので、ここは楽しみにしています。

馬連とワイドで買うほど相手を絞れないので、ここは単複勝負とします。

 6R 新馬戦 ダ1200m🆖

✅ヤマイチキャプテン 3着
✅スイートフィル 4着

外枠有利なコースということもあり、外枠で固めても良さそうなところも感じましたのでそのようにしています。

1頭目はヤマイチキャプテン。しっかりと乗り込まれてのレース。騎手が頼りないので、バタバタしなければいいのだが…。

もう1頭は大外スイートフィル。好時計をマークしているのであれば、積極的に狙いたい1頭。

トモジャリア・キャルベロスの2頭が人気を集めそうだが、追い切り的にはトモジャリアはオススメ。キャルベロスは、1週前のダートでの追い切りでかなり動いたのでダート適正は高そう。ただ、最終追い切りがやや物足りない印象も。1週前が走りすぎた可能性も。

7R 3歳以上1勝クラス ダ1800M🆖

✅アポロティアモ 2着
✅ペルセウスシチー 6着

同型が多く強くは推せないものの、追い切りで動けていたアポロティアモを1頭目にお薦めしたい。1勝クラスを勝ち上がれないレースが続きますが、前走は差のない競馬。横武騎手に切り替わったことで、勝ちきれない競馬に終止符を打ちたい。

相手はペルセウスシチー。前走タイムならばここは勝ち負け。追い切りもじっくりと乗られており、休み明け即通用しそう。予想的には急坂がどう転ぶか難しいところだが、津村騎手の手綱捌きに期待。

8R 3歳以上2勝クラス ダ1200M

✅コンセッションズ 1着
✅イナズママンボ 7着

混戦模様のレースで難解なレース。中心は2勝クラスで善戦続きの大外モリトユウブとなりそう。ダート1200Mというコース設定も味方しそう。

ただし、馬券的には穴馬中心でも面白そう。

1頭目はコンセッションズにした。善戦続きの馬ではあるものの、末の能力はこのメンバーでも上位。周りに影響されるだけに、展開面での流れも欲しい。

コンセッションズを選んだのであれば、もう1頭は同型のイナズママンボとした。能力は高いと思うが、ムラがあるため読み切るのが難しい馬。ただ、追い切り時計を前走と比較しても、中間から気配が良い。人気が無いのであれば、ここは積極的に狙っても面白い。

9R 黒松賞 芝1200M💮

✅ラヴケリー 2着
✅レガトゥス 3着

ワイド250円

中間自己ベストをマークしたラヴケリーを1頭目に推奨。実績面でもこのメンバーならば最上位。鞍上には一抹の不安がよぎるものの、馬の能力だけで言えばここは通過点にしてもらいたい。

もう1頭はレガトゥスを選択。1人気と2人気の馬券を買うのはあまりお薦めしないが、さすがに追い切りの動きをとっても、前走の気配を見ても、ここはこの2頭を買うのが正しい選択になるだろう。

10R アクアラインステークス ダ1200M🆖

✅プレシャスルージュ 6着
✅アイアムハヤスギル 5着

ハンデ戦ながらも、斤量差はあまり気にしなくて良さそうなレース。

1頭目はプレシャスルージュ。久々となるわけですが、中間の時計、そして最終リハと問題なく走れています。休み明けの成績もよく、勝ちこそないものの、勝ち負けに絡むなど、鉄砲が効く面もプラスに考えていいはず。

相手にアイアムハヤスギルを選択。伏兵馬扱いかもしれませんが、追い切り的には面白いと判断。追い切り時計を比較しても、今回が明らかに上出来。前走も2桁大敗から巻き返しある。

ここでは人気を背負いそうなコパノマーキュリーですが、追い切り的には買いたくない馬。元々あまり動く馬ではないことを考慮しても、さすがに時計が遅すぎる。11月に2走した影響が色濃く出ていると判断。大敗も考えられる。

11R 師走ステークス(L)ダ1800M 🆖

✅[最強]競馬ブログランキング(ハイランドピーク)13着
✅パンサラッサ 11着

1頭目はスミマセン、ランキングアップへのご協力をお願いします。

ハイランドピークでした

2頭目はパンサラッサ。ダート転向後いきなりの2着と好走を見せた。追い切りも1週前に49.9秒をマークするなど、状態面では不安は一切ない。

2頭共に追い切りで動けていたので、綺麗にワンツーを決めたいレース。

12R 3歳以上2勝クラス 芝1800M 

✅レオンドーロ 3着
✅人気ブログランキング(サクラトゥジュール)1着

ワイド 210円

サクラトゥジュールを選択していました。ランキングへのご協力誠にありがとうございます。

ここは2頭共に堅いところを選択。動けていた馬とそうではない馬とで差があったので、ここは比較的堅い馬券になると判断。不用意に穴を狙う必要もなく、状態面が整っている2頭を選んだ。

3回連続でプラス収支継続中!

上々のデキで終えることができたので良かった😍😍

特に、新馬戦のグレートサークルは、本当に嬉しかったです。追い切り時計が優秀で、江田照騎手がずっと中間乗っているので、かなり期待していました。

結果は、

馬連回収 69.0%
ワイド回収 80.9%
単勝 3020%(5Rのみ)
複勝 770%(5Rのみ)

12日トータル回収率  226.6%👏👏
馬連が当たらなかったのが悔しく、こういうときに大きく勝ちを伸ばしたかったのですが、こればかりは仕方がありません。
しかし、トータルでプラスを作れたのは嬉しい限りです。
もう少し精度を高めたいですけど…。
まだまだ頑張ります!
以下、予想更新時のコメントです。

土曜中山の全レース予想が完了。追い切りを中心に馬券を組み立てるが、状態面で不安な有力馬も多数いた。チャンピオンズCのクリソベリルが負けたように、やはり追い切りは大事なファクターとなるので、しっかりとチェックした。

ただ、競馬には流れがあるので、その流れを掴めるかどうか。午前中のレースで不的中が続いているのであれば、参考程度以下に見るのもいいかもしれない。

直近はすこぶる不振なので、ほどほどに。
タイトルとURLをコピーしました