フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから

【マイルチャンピオンシップ2015】出走予定馬と騎乗予定騎手

2015/11/8/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

こんばんは、リッキーです^^ いつもご覧いただきありがとうございます。

この記事では22日に行われるマイルチャンピオンシップの出走予定馬と騎乗予定騎手(想定騎手)について記述しています。

有力馬の考察なども行っていますので、最後までどうぞお付き合いください。

安田記念を制したモーリスや桜花賞を制したレッツゴードンキと言った面々が出走を予定しています。

出走予定馬

左から馬名・斤量・推定騎手

優先・賞金上位

  • アルビアーノ 54.0 柴山
  • リアルインパクト 57.0 Hボウマン
  • ダノンシャーク 57.0 岩田
  • モーリス 57.0 Rムーア
  • レッツゴードンキ 54.0 戸崎
  • イスラボニータ 57.0 蛯名
  • ヴァンセンヌ 57.0 川田
  • クラリティスカイ 56.0 横山典
  • レッドアリオン 57.0 川須
  • ケイアイエレガント 55.0 吉田豊
  • ダイワマッジョーレ 57.0 武豊
  • フィエロ 57.0 Mデムーロ
  • カレンブラックヒル 57.0 秋山
  • レッドリヴェール 55.0 Aアッゼニ
  • ロゴタイプ 57.0 浜中
  • トーセンスターダム 57.0 武幸
  • サトノアラジン 57.0 Cルメール

抽選(1/2)

  • アルマワイオリ 56.0 勝浦
  • サンライズメジャー 57.0 池添

除外対象

  • ヤマカツエース 56.0 -
  • テイエムタイホー 57.0 松田
  • ミッキーオリビエ 56.0 -
  • グァンチャーレ 56.0 -

尚、トーセンスターダムとリアルインパクトは外国人騎手になるとの情報も。続報が入り次第加筆しておきます。

11月16日更新...リアルインパクトは来週から短期免許を取得するヒュー・ボウマン騎手(豪州)の予定。トーセンスターダムは武幸四郎騎手の予定。ダイワマッジョーレは武豊騎手の予定。

有力馬考察

モーリス

前走、安田記念1着。堀厩舎へ転厩してからこっち、才能が大きく開花。今年に入り負けなしの4連勝で安田記念を制しました。

その前走はリアルインパクトとケイアイエレガントが作るペース。やや流れた中で、3番手からのレースで最後は突き抜けました。

我慢して我慢して追いだしを遅らせてというレースで、最後は後方から伸びてきたヴァンセンヌをクビ差交わしてという内容でした。

ダービー卿CTと安田記念を制したことから分かるように、マイルは適正距離。

秋でも主役に躍り出れるチャンスは十分にありますが、今回は休み明け。その点は気になるポイントです。

レッツゴードンキ

前走、秋華賞17着。2000m以上の距離は二桁着順で終えている点で言えば、適正距離はやはりマイルを中心に、1800mまでは守備範囲と言えそう。

マイル重賞はここまで3戦いずれも馬券内を確保し、桜花賞では優勝した逸材。

3歳馬のこの時期はやはり斤量面で恵まれていると言え、今回は54kgでの出走。

自分でレースを組み立てられる反面、先手を奪われると厳しいレースになってしまうもの。

桜花賞は自分のペースに持ち込んでのレース運びで完勝。今回もやはり鍵を握るのはペースと展開と言えるでしょう。

アルビアーノ

前走、スワンS1着。今年のNHKマイルCで2着に入ったように、距離はこのくらいの方が向いているはず。

京成杯AHでは7着と敗れたものの、続くスワンSを勝ち切ったように、能力はここでも上位を示した格好です。

こちらも3歳牝馬ということで、54kgでの出走。ただし、前走から2kg重量が増えている点は、レッツゴードンキとは違う部分。

この2kgの斤量増がどのような影響を与えるのかがこの馬のポイントになりそうです。

ケイアイエレガント

前走、府中牝馬S9着。今年のヴィクトリアマイル2着、続く安田記念5着と善戦続く1頭。

前走の府中牝馬Sでは9着に敗れたものの、京都マイルは今年1月に京都牝馬Sで制している舞台で、変わり身に期待が持てる1戦です。

ただし、6歳も暮れに差し掛かっている点は気がかり。牝馬は6歳秋以降に極端に成績を落とす馬も多いため、この時期から引退の文字がチラつきだします。

その点で言えば、前走の負けは休み明けのデキが悪かったのか、それとも能力に衰えが出てきたのかしっかりと見極めたいポイントになりそうです。

ダノンシャーク

前走、毎日王冠4着。昨年のこのマイルCSを制しG1馬となりました。

そこから阪急杯5着、安田記念16着、スワンS5着と今一つ波に乗り切れない印象。

それでも京都でのレースでは善戦続く1頭で、こちらもコース替わりで期待が持てます。

ただ、ここ2年は富士Sから向かうローテでした。今年は毎日王冠を使ってのレースである点は多少気になります。G1馬となったことで斤量を背負わされるために毎日王冠にしたのでしょうが、1800mから距離短縮がプラスに働くのかマイナスに働くのか、その点は不安材料と言えそうです。

イスラボニータ

前走、天皇賞秋3着。毎日王冠3着から天皇賞秋でも3着と、昨年のセントライト記念を制して以降は連対実績がありません。

これまで主に1800m以上のでのれーつばかりでしたが、2歳時の新潟2歳S以来となるマイル挑戦です。

また、関西圏へは初輸送と、これまで中山・東京でのレースを選択し、新潟への輸送が過去に2度あったのみです。

勝ち星から1年以上遠ざかっているものの、善戦はしている1頭。

京都の馬場への不安と関西輸送がどうなるのかがポイントとなるでしょう。

その他

その他、前走スワンS2着のフィエロ。国内外G1馬2勝のリアルインパクト。安田記念2着の実績が光るヴァンセンヌ。今年のNHKマイルCを制したクラリティスカイなど、実績馬が顔を揃えました。

現時点でのお薦め馬

最後に、現時点でのお薦め馬を書いて終わりたいと思います。

現時点で注目しているお薦め馬はフィエロ。

京都巧者である点はやはり注目できるポイントだと思います。

ここまで京都成績7戦して( 1-4-2-0 )と、安定した成績を残しています。

昨年のマイルCSでは2着に入った実績も光りますが、今年は3戦して勝ち星こそないものの掲示板を外さない堅実な走り。

昨年の安田記念8着→スワンS2着→マイルCS2着でしたが、今年は安田記念4着→スワンS2着と順位を上げている点も前向きな評価をしたくなる1頭です。

【外厩情報を網羅した予想】貴重な情報が見れるのはここだけ!!

2月12日(月)東京11RクイーンC的中!

━━━━━━━━━
【ダイヤモンドアリーナ】
開催地:東京11R
提供レース:クイーンC
提供券種:3連単(60点)

結果:6-2-9【3連単:711.5倍】

払い戻し
※投票上限金額⇒【569,200円】獲得!!
━━━━━━━━━

■中山金杯(G3)
1着セダブリランテス
3着ストレンジクォーク(10人気)
■フェアリーS(G3)
1着プリモシーン
3着レッドベルローズ(7人気)
■シンザン記念
1着アーモンドアイ
これは、2018年お正月競馬で外厩調整され、馬券になった馬の一部です。

※中山金杯 的中実績※

-----------------------
【提供買い目】
3連単フォーメーション(6点)
1着:6
2着:1.11
3着:1.3.7.11
【レース結果】
1着:6セダブリランテス
2着:1エインブライト
3着:11ストレンジクォーク(10人気)
3連単:181.7倍的中
※【726,800円】獲得
-----------------------

穴馬の入線で目を引いたのは、 中山金杯の
3着ストレンジクォーク(10人気)
フェアリーSの
3着レッドベルローズ(7人気)
現代競馬は外厩情報なしでは予想できません。

デイリースポーツ本誌で唯一の女性記者だった「竹下かおり氏」を総監督に置くレープロでは、これまでの情報に加えて外厩情報も網羅した上で最終買い目を提供しています。

レープロの結論と最終買い目はコチラ⇒

今週も外厩で調整されている馬が多くいますが上位人気馬ですと、
ーーーーーーーーーー
■ダイヤモンドS(G2)
フェイムゲームなど
■京都牝馬S(G3)
ソルヴェイグ
ワンスインナムーン
ミスエルテなど
■フェブラリーステークス(G1)
ゴールドドリーム
レッツゴードンキなど
■小倉大賞典(G3)
ウインガナドル
クインズミラーグロ
クラリティスカイなど
ーーーーーーーーーー

この他に、穴馬の外厩調整馬もいます。
この中でも、馬券に絡むであろう勝負気配があるのはどの馬なのか?

レープロの結論と最終買い目はコチラ⇒

-出走予定馬
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。

オススメの競馬ゲームアプリランキング‼

ダービースタリオンマスターズ

『ダビマス』の愛称でお馴染み!
シリーズ累計900万本の『ダービースタリオン』のスマートフォンアプリ。

リッキーは、3DS版「ダビスタGOLD」も楽しみましたが、3DS版では廃止されていた『ブリーダーズカップ』がダビマスでは復活!

ゲームを簡単に説明すると、『プレイヤーがオーナーブリーダーとなり、競走馬を生産・育成し、レースに出走して重賞タイトルや賞金を獲得して、最強馬を作る競走馬育成シミュレーションゲーム』です。
ホント、超簡単にですけど。

実名のG1レースや名馬の登場はもちろん、臨場感あふれるレース展開も健在です。
やはり血統に詳しくなれる手がかりになるのが競馬育成ゲームです。
ダビスタから血統を勉強を始めたという方も多くいると聞きます。

スキマ時間でもサクサク遊べるテンポ感で、ちょっとした移動時間の暇つぶしでも楽しめちゃう。
だから、ゲームをする時間がない...と躊躇うことはありません。

あなたのスマホで、競馬にまつわる全てのことが理解できる!?

ダービーインパクト

「ヴァルキリーコネクト」や「ダークサマナー」などを手掛けるエイチームが作成した競馬育成シミュレーションゲーム『ダービーインパクト』
こちらは『ダビパク』の愛称でお馴染みです。
リリースから2週間で40万ダウンロードを突破と、話題性も豊富なアプリ。

現在、初コラボイベントを開催中!(2018年2月9日(金)12:59まで)
あの『島耕作』が馬主となって競馬界を躍進!ライバル会社の日本ダービー制覇を阻止するというイベントミッションが行われています。
イベント攻略でSSランク繁殖牝馬『スカーレットブーケ』やSSランク限定種牡馬『ソムサンズクライ』(根性SS・スピードS+・スタミナS+・気性S+)を手に入れることができます。

期間中(2018年2月9日(金)12:59まで)にログインいただいたオーナー様全員に、1回限定でSランク再現幼駒ダイワスカーレット、ドリームチャンス種抽選券×10をプレゼント。ぜひお受け取りください。

フル3Dグラフィックでレースシーンを再現。また、騎手・馬・競馬場・レース全て実名を使用している点も違和感なく楽しめます。

5分に1度開催されるVSレースで、全国のユーザーさんと楽しめるのが最大のウリです。
イベントの数も多いので、飽きが来ないのが良いですね。

あと、初心者にはもってこいです。他アプリのマイナスな部分は書きづらいですが、『ダビマス』に比べると難易度が低く、非課金勢にも優しく作られています。
初心者プレゼントもありますので、最初から楽しめるのが良いところです。
勿論、上を目指すのであれば、課金はある程度必要になりますけど...。どのアプリも同じですね。笑

課金をバンバンということであれば『ダビマス』、課金はしたくないのであれば『ダビパク』という始め方でもいいかもしれません。

著作権表記:©弘兼憲史/講談社