目黒記念 2017 予想|カフジプリンスの馬連とワイドの2点で勝負馬券!

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事では、目黒記念の最終見解と予想について書いています。
日本ダービーのあとに行われる重賞として定着していますが、昨年はクリプトグラムが優勝。今年1年振りに戻ってきたのが目黒記念で面白いです。
クリプトグラムが復帰後即連覇となるのか、それとも違う馬が勝つのか。
しっかりと的中させてこの日を締め括りましょう。

目黒記念の最終見解

日本ダービーが行われる2400Mの距離から100M延長した2500Mが舞台。
内枠有利の枠の傾向かと思うかもしれませんが、実は全く違う傾向が浮かび上がってきます。

以下は、過去5年の東京2500Mの全172頭のデータです。

1着2着3着以下勝率連対率複勝率
1111155.6%11.1%16.7%
22031510.0%10.0%25.0%
3120175.0%15.0%15.0%
4010190.0%5.0%5.0%
5031160.0%15.0%20.0%
62031510.0%10.0%25.0%
74112114.8%18.5%22.2%
8021240.0%7.4%11.1%

これを1つ覚えておいてください。

続いて、目黒記念の過去10年の枠別のデータです。

1着2着3着以下勝率連対率複勝率
12131310.5%15.8%31.6%
22011610.5%10.5%15.8%
3120165.3%15.8%15.8%
4101175.3%5.3%10.5%
5022160.0%10.0%20.0%
6022150.0%10.5%21.1%
73002510.7%10.7%10.7%
8131233.6%14.3%17.9%

6年前の目黒記念で8枠の馬が勝っているので、過去10年の目黒記念では8枠の勝利があるものの、近5年を見ると、8枠は未勝利。
これは2400Mにも通じる部分があります。

ただし、コース全体の傾向を見ると、7枠の勝率が高く、これは目黒記念のデータにも通用するものでした。
1枠の複勝率が高いのは、やはりコース形態を考慮すればそうなるという部分でしょう。

しかし、2枠3枠の複勝率は低めで、5枠6枠の複勝率が高いです。
5枠6枠の複勝回収値は、114円と111円でプラスの値となっています。

そして、驚くのは8枠の複勝回収値が108円とプラス。
17番人気のハギノジョイフルが3着に入った年もありました。

ただ、8枠は1人気の2頭、アルナスライン(08年)ハートビートソング(11年)は、いずれも2着という結果でした。
人気馬が苦戦しているのも事実です。

外枠軽視は、日本ダービーほどではないですが、目黒記念でも外枠は黄色信号程度には見てもいいのかもしれません。

この辺りは意識して馬券を組み立てていきたいと思います。

目黒記念の最終結論

それでは、今回も馬連とワイドの2点で勝負したいと思います。

1頭目は追い切りで動けていたカフジプリンス

追い切りの雰囲気がとても良くて、調子の良さが伝わる好内容の追い切りを消化していました。
前走はヴォルシェーブに敗れる形の4着でしたが、そのヴォルシェーブの追い切りは今一つでした。

枠は複勝率がやや心配な2枠ですが、この馬自身は先行タイプなので、内枠に入れたことは問題ないでしょう。
外枠から、外々を回るよりも、こちらの方が良かったと言えるでしょう。

近年は特にペースが緩むことが多いレースですから、先行しても問題ないと思います。

2頭目は穴を狙ってトルークマクト

追い切りでこちらも上昇気配を感じさせてくれていた1頭です。

今回は強力なライバルたちの中で、下降線を見せていたと思うのがヴォルシェーブとモンドインテロの2頭。
前走からマイナス評価です。

前走は下げ過ぎたので、もう少し前でレースを行って欲しいところはありますが、それでも最後はしっかりと伸びていました。
11人気で27倍のオッズとなっていますが、11人気にしてはオッズがついていない印象。
伏兵扱いまでになりますけど、一発まであるのではないかと思います。

ダービーの騎乗がない蛯名騎手。
ここで周りを見返してやると言わんばかりの騎乗に期待したい。

目黒記念の予想のまとめ

今回は、カフジプリンスとトルークマクトの馬連とワイドの2点勝負を行いたいと思います。
割合は、馬連1:ワイド10の割合をお薦めしています。
最低でも、1:5はないといけないと思います。

今回の追い切りを見る限りだと、ヴォルシェーブはもう次を考えている調整程度の内容でした。
恐らく、宝塚記念が目標になっていると思いますが、そちらで調子を上げてくる可能性は高いです。
もしかすると、単純な2走ボケの可能性も否定できません。

モンドインテロも同様に、ここが目標ではない可能性は高いですね。
ただ、重賞を1つも取れていないので、ここで取れないと厳しいような気もしますが…。
以上、目黒記念の予想でした。

稼ぎたいという夢を掴む

吉成周蔵氏が発起人となり、これまでバラバラだった「うまコラボ」「Hit Make」「競馬の殿堂」のサービスを統合。
競馬ファンが夢を掴む場所を作りたいという思いに賛同したサイトが堂々集結して生まれたのが「うまとみらいと」です。

タダで会員登録を行う方はココから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。
メールマガジンはいつでも解除することができます。

うまコラボは多数のWEBサイト、そしてWEB広告でも取り上げられていたのでご存知の方も多いはず。
超大手ウェブサイト(Ya○oo!Japan)の広告にも出稿していましたので、サイトの安全性は折り紙付き。審査が厳しいのが今の広告業界ですから。

競馬の殿堂は、完全無料を貫くことで会員との間に信頼関係を築くことを念頭に運営。
Hit Makeは、城戸氏が穴一筋15年で運営されてきたサイトで、これまでも多くの会員に笑顔と多くの配当を提供してきました。

話題になるほどまでに成長した「うまとみらいと」の一体何が凄いのか?

その1つは、完全無料から使うことができるという点。

例えば「うまコラボ」は、うまとみらいとに無料登録するだけで、各開催競馬場の午前中レース+その週の無料対象重賞1つの指数が見放題。

「競馬の殿堂」は、的中率90%オーバーを誇り、「Hit Make」では穴馬探しもお手の物。

会員数10万人以上の圧倒的な会員数を誇る「うまとみらいと」だからこそできる、これまで積み上げてきた実績、そして信頼。
多くの会員様に賛同していただけることは誇りでもあります。

皆さんの疑問に思っているかもしれません。どうやって稼いでいるのかということです。
何も悪いことはしていません(笑)

ちゃんと有料サービスもあります。
月額定額のものや買い切りのもの、有料の部分がないと運営はできませんから。
しかし、有料サービスへの念押しがなくても、有料会員数も右肩上がりで伸びています。

それは、無料で満足できなくなった会員が多いということ。
裏返せば、無料会員だけで得られる利益だけでは満足できなくなったという証拠ではないでしょうか。

今始めなければ、きっとあなたは後悔する。

もちろん、うまとみらいとを知らないのであれば、後悔しようもないでしょう。
しかし、今、この瞬間、知ってしまった、うまとみらいとの存在を。

あなたの知らない競馬の世界、少しだけ勇気を出して広げてみませんか?

的中・利益の全てが詰まった情報がこのうまとみらいとにはあります。
競馬に未来への可能性を感じたい方は、今すぐ無料の会員登録をするところから始めましょう。

ちなみに、今週の無料対象レースは『菊花賞』
今登録すれば、今週末の指数公開に間に合う。だから今登録するのをお薦めします。

無料会員登録はコチラから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。メールマガジンはいつでも解除することができます。
仮登録メールが送られてくるので、本登録を済ませてご利用いただけます。

スポンサードリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク