マイルチャンピオンシップ 2019 最終見解と予想|馬連とワイド勝負

どうも、リッキーです。

マイルCSの発走が近づいてきました。

今年は主だったメンバーは不在ですが、G1馬だけでもダノンプレミアムやインディチャンプやアルアインなどが顔を揃え、G1好走組も多数揃いました。

モーリス以降のマイル路線は絶対的主役がいない状況です。

それでも、今年は好メンバーが揃ったレースになりそうで、ここから次の主役候補が現れるのではないかと楽しみにしています。

追い切り考察は以下の記事をご覧ください。

11月17日のマイルCSの1週前追い切り診断を行っていきたいと思います。1週前の追い切り記事を挙げることができませんでしたので、この記事で一緒にチェックしていきます。有力馬以外は小粒揃いではありますが、デキはメンバーのレベル関係なくしっかりと見ていかなくてはなりません。しっかりと見極めて、皆さんの参考になればと思い考察しました。

それでは早速、予想を行っていきます。

今回もいつものように馬連とワイドの2点勝負を行います。

まず1頭目に選択したのは、≪B≫[最強]競馬ブログランキングへにしました。

前走は重賞で2着という結果ではあったものの、勝ち馬とは差のない2着。

安田記念でも勝ち馬インディチャンプから0.3秒差であればまだ見直せる範囲です。

今回のデキは上昇気配を示していますし、枠としては悪くはないところには入れたと思いますので、あとはこの馬の合う展開にハマるだけ。

展開面ではメンバーをみると若干の怖さがあるものの、それなりに問題ないのではないかと思っています。

地力は上位能力を有しているし、今回は上昇気配を示していますので、ここは楽しみです。

2頭目はダノンキングリーとしました。

今回は最内枠となってしまい、しかも乗り替りが発生。関東馬はあまり好成績を残していないなど、今回はマイナス要素があまりに多いものの、追い切り的には上々の内容でした。

インディチャンプを選択するのもありかなと思いましたが、今の京都の馬場を考えるとイン突きは悪くはないと判断しています。

ということで、今回は、≪B≫馬とダノンキングリーとしました。

簡素な更新となりましたが、今回の上記の2頭の馬連とワイドで勝負します。

馬連とワイドは、1:10の割合で買うのがいいと思います。皆さんの馬券の参考になれば幸いです。