マイルチャンピオンシップ 2018 出走予定|想定と推定オッズ|マイルの頂点を決まる

ども、リッキーです。

マイルチャンピオンシップの出走予定馬情報を中心にお伝えしています。
想定騎手と推定オッズも同時に掲載しています。
有力馬の考察なども行っていますので、もしよろしければ最後までご覧下さい。

秋のマイルG1。
注目はモズアスコット。春秋のマイル統一を目指します。
そして、マイル巧者が勢揃い。
VMを制したジョールポレールやNHKマイルCの覇者ケイアイノーテックなど、春のマイルG1で結果を残したメンバーも揃いました。
安田記念2着の雪辱に燃えるアエロリットや昨年のマイルCSで2着だったエアスピネルなど、この路線の主な有力馬が一堂に会するレースとなりそうです。

登録馬をチェックいたします。

マイルCSの登録馬

馬名斤量想定
アエロリット55ムーア
アルアイン57川田
ウインブライト57松岡
エアスピネル57福永
カツジ56松山
ケイアイノーテック56藤岡佑
ジャンダルム56武豊
ジュールポレール55○○
ステルヴィオ56ビュイック
ヒーズインラブ57藤岡康
ブラックムーン57浜中
ペルシアンナイト57デムーロ
ミッキーグローリー57戸崎
モズアスコット57ルメール
レッドアヴァンセ55北村友
レーヌミノル55○○
ロジクライ57Cデムーロ
ロードクエスト57横山典

除外対象

馬名斤量想定
ベステンダンク57○○
グァンチャーレ57古川

マイルCSの推定オッズ

馬名推オッズ
モズアスコット3.4
アエロリット4.0
ペルシアンナイト5.4
アルアイン7.9
ステルヴィオ9.3
エアスピネル13.1
ロジクライ18.5
ケイアイノーテック28.4
ジャンダルム37.8
ミッキーグローリー48.0
レッドアヴァンセ51.6
ジュールポレール79.6
ロードクエスト82.6
ウインブライト155.1
レーヌミノル198.6
ヒーズインラブ215.3
ブラックムーン315.6
カツジ547.0

マイルCSの有力馬考察

モズアスコット
≪牡4/栗 矢作芳人厩舎≫

【前走】スワンS 2着
【父】Frankel
【母父】ヘネシー

今年の安田記念の覇者。
安土城Sで敗れたのは気になりますが、1400Mのレースだった為、除外して考えても良さそう。

注目するべきは京都ではまだ底を見せていない点。
安土城Sで2着に敗れたとは言え、まだ2着を死守している。

相性が良いコースと言えるので、今回は安田記念以上には信頼は出来そう。

ただし、安田記念時は注目の低い人気で、マークもされていなかった。
今回はある程度マークされる立場な為簡単に走らせてはくれない。

先行勢もある程度は末脚を封じ込めるような走りをしてくると思うだけに、しっかりと仕上がっていても怪しく感じる。
まずは仕上がりがどうなのかを確認したい。

アエロリット
≪牝4/芦 菊沢隆徳厩舎≫

【前走】毎日王冠 1着
【父】クロフネ
【母父】ネオユニヴァース

安田記念では2着で春を終えましたが、秋初戦に選んだのは毎日王冠を勝利。
休養明けから動く1頭ですが、1600M~1800Mで結果を残していることになります。

天栄からの直前入厩。
近年は特に天栄から直前入厩して結果を残す馬が多いのが特徴。
前走動いたのも勿論このパターンだからと言えると思います。

しっかりと調整されてきていると思いますので、最終リハでどのような動きを見せてくれるのか楽しみです。

あとはムーア騎手とのコンビでどこまでできるのか。

ペルシアンナイト
≪牡4/黒鹿 池江泰寿厩舎≫

【前走】富士S 5着
【父】ハービンジャー
【母父】サンデーサイレンス

昨年のマイルCSの覇者。
外からグングン伸びてきて最後に捉えての優勝でした。

しかし、その後の成績は低調。
大阪杯でスワーヴリチャードの2着こそあるものの、目立った活躍はそれまでと苦戦。
特にマイルG1の安田記念では2人気に支持されるも、終わってみれば6着でした。

昨年は展開が嵌っただけと見ることもできるだけに、たまたまと言われないように今年は結果を求められる立場。

久々の京都に出走するだけに、場所替わりでの変わりに身に期待。

現時点での注目馬

その他にも、アルアインやエアスピネルなど有力馬が揃いました。
秋のマイル王を決める1戦ですが、現状では、国内マイルの頂点を決めるレースと考えて良さそうなくらいこの路線の豪華なメンバーが揃いました。

そんな中で注目しているのは【A】ステルヴィオです。

どちらかと言えば人気となりそうな1頭ですが、前走の内容は悪くなかった。
この世代はそもそもハイレベルと言われていて、この馬も侮れない。
マイルが適距離かどうかはまだ未知数ですが、ハイレベル世代の片鱗を見せつけて勝ち切って欲しい。