マイラーズカップ 2019 出走予定|想定騎手と推定オッズ|ダノンプレミアムが登場!

リッキー
どうも、リッキーです。ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、マイラーズCの出走予定馬をチェックしたいと思います。
想定騎手や推定オッズの他にも、有力馬考察や現時点での注目している馬などを記載しています。

さて、皐月賞後のレースでG1がない1週間となっています。

それでも安田記念を目指す馬が集まるマイラーズCや、オークスの前哨戦であるフローラSと見どころあるレースが行われます。
G1がなくても、楽しい1週間。

やっぱりこの春の時期が競馬が楽しいなと思いますね。
G1シーズンで言えば、僕は秋競馬より春競馬の方が好きです。

まずはマイラーズCのレースの登録馬をチェックしていきます。

2019年マイラーズCの登録馬

馬名斤量想定
インディチャンプ56福永
グァンチャーレ56池添
ケイアイノーテック58シュタルケ
コウエイタケル56○○
ストーミーシー56北村友
ダノンプレミアム57川田
トーアライジン56○○
パクスアメリカーナ56藤岡佑
メイショウオワラ54○○
モズアスコット58○○

推定オッズ

馬名推オッズ
ダノンプレミアム2.3
インディチャンプ4.3
パクスアメリカーナ6.2
モズアスコット7.5
グァンチャーレ13.1
ケイアイノーテック14.5
メイショウオワラ65.6
ストーミーシー69.7
コウエイタケル107.6
トーアライジン204.7

有力馬考察

ダノンプレミアム
≪牡4/青鹿 中内田充正厩舎≫

【前走】金鯱賞 1着
【父】ディープインパクト
【母父】Intikhab

久々のレースに選択したのは金鯱賞でした。
10ヵ月振りのレースでしたが危なげのない走りを披露し見事優勝。

ただし、やはり順調にはいかずなのか、違う理由があるのかは分かりませんが大阪杯をパス。
元々蹄の状態が悪いなど、順調にはいかない馬ですので、昨年秋を全休する事態になりました。

マイラーズC後は安田記念を目指すことになっています。
ですが、ここまで重要なレースをパスしてきたので、本当に安田記念に出てくるのかは分かりませんがww、ここはまずは順調に安田記念に出走できるだけの仕上げとなるはず。

勝負度合い的にはあまり高くないのではないかと思います。

インディチャンプ
≪牡4/鹿 音無秀孝厩舎≫

【前走】東京新聞杯 1着
【父】ステイゴールド
【母父】キングカメハメハ

前走は東京新聞杯を勝利。
2連勝で条件戦を抜けると、古馬重賞初挑戦で重賞制覇。

スローの瞬発力勝負であればこのメンバーでも上位争いは可能でしょう。

ただし、マイラーズCは比較的高速時計になり易いレース。
過去に京都マイルが1度だけ出走していますが、ハイレベルなレース時計でどうか。
スピードも求められるので、その点では適性が当てはまるかどうか。

パクスアメリカーナ
≪牡4/芦 中内田充正厩舎≫

【前走】京都金杯 1着
【父】クロフネ
【母父】サンデーサイレンス

京都1600Mは適性が高く、通算4勝の内3勝が京都マイル。
適性の高いコースでのレースですので、好走できる条件は整っています。

ハイレベルの4歳世代の1頭。
今回の有力馬はいずれも4歳馬となっていますが、上記2頭に1つ落ちる印象。
ただし、3強の1頭ですので、しっかりと結果を残してほしいと思います。

川田騎手が乗れないのだけが心配材料です。
藤岡佑介騎手に乗り替わったので、そこがどうなるのか。

本番を考えるとこのタイミングでの乗り替りはプラスだと思いますが、このレース自体ではマイナスです。

現時点での注目馬

最後にまとめついでに現時点で注目している馬について考察しておきます。

個人的に現在注目している馬は【マA】グァンチャーレ。

昨年のこのレースでは凡走。
重賞ではなかなか馬券に絡めませんが、スローの流れになると力強く走れています。
展開が大事になりますが、高齢の割には結果を残しています。

今回のレースだとスローの流れは濃厚。
そうなればこの馬にも出番が割ると思います。

有力馬がローテーション的には順調ではない中、順調に使われているところは前向きに見ていいと思います。
久々の重賞勝利へ向けて、視界良好だと思います。